肘や膝の黒ずみの原因って何なの?乾燥から守り、保湿をすれば改善される?おすすめの肘や膝のケア方法って?

肘や膝の黒ずみの原因は、座った時の摩擦や間違ったムダ毛処理、圧迫感のある服による摩擦、などがあり、これらによって生じる乾燥から守るように保湿すれば改善される可能性はあります。

もともと肘は膝は黒ずみができやすい部分です。体温調整をするための汗腺や皮脂腺が少ないので、皮膚のバリア機能が低くて刺激を受けやすいからです。
すると肌バリアが薄くなり乾燥してメラニン色素が生成されやすくなったり、角質層が厚くなってしまいます。

肘や膝の黒ずみの原因で多いのが、足組や正座、ムダ毛処理によるダメージ、圧迫感のあるパンツやトップスによる擦れです。こういう原因を取り除くことも大切です。

改善したいのであれば、まずは古い角質を除去するスクラブを行なった後で保湿をしっかりしてあげるとターンオーバーが正常化されやすくなります。

乾燥から守るのに適している保湿アイテムには、セラミド・ヒアルロン酸・尿素などがあります。美白成分ではトラネキサム酸・ビタミンC誘導体・アルブチンなどがあります。

それぞれの成分は、乾燥しやすい肘や膝に潤いを持たせて、黒ずみの原因であるメラニン色素排出に役立ってくれます。
低刺激なものを選ぶようにしましょう。

黒ずみ 原因 乾燥

文責:ひとみ

コメントは受け付けていません。