脇の黒ずみを美容皮膚科でピーリング治療してもらう場合のメリットとデメリットって?

脇の黒ずみを美容皮膚科でピーリング治療してもらう場合、メリットは比較的手頃な値段で受けられること、デメリットは薬剤による刺激やかゆみが生じる可能性があることです。

美容皮膚科のピーリングは、毛穴の汚れが原因の脇の黒ずみを治療するのには特に有効です。医師が肌に合わせて配合した薬剤を塗布して、古い角質を除去して、肌のターンオーバーを促進させて治療していきます。

治療中には特に痛みもなく、1回あたり30分くらいで終わります。効果は5~6回ほどで実感できるようになります。
費用が1回5,000円~8,000円と、美容皮膚科の治療の中では安いのもメリットです。

ピーリングに加えると美白効果が高くなるイオン導入などがセットになっている美容皮膚科もあります。
費用をあまり気にせず気軽に脇の黒ずみを除去できるのがメリットです。

デメリットは、人によってはピーリング剤を塗った直後にピリピリとした痛みやかゆみが生じることがある点です。また、施術後に赤みが続いたり皮が剥げることもあります。

治療後は日焼けと肌の刺激には十分注意して暮らす必要があるので、しばらくは日差しの強い場所や肌が擦れるような運動はできないのもデメリットです。

黒ずみ 美容皮膚科 脇

文責:ひとみ

コメントは受け付けていません。