目のまわりの黒ずみは何かの病気の心配もあるの?症状や違い、見分け方って?

目のまわりが黒ずんでいるとどこか不健康に見えてしまったり、アイメイクをしても綺麗に映えないのでせっかくの外出も憂鬱な気分になってしまいます。

子供の頃は黒ずみなんてなかったのに、最近になって目のまわりの黒ずみが出てきたという人はやはり病気ではないかと心配になってしまうものです。

病気の症状の見分け方はいつも顔色が悪かったり、歯ぐきが黒ずんでいたり、舌の裏側が青紫色になっているという症状がある人は病気の可能性があります。

また、生理痛が酷くてレバーのような血が出る、からだのどこかに鋭い痛みなどの症状も黄色信号です。

いずれも簡単な見分け方なので、心配だという人は一度専門の医療機関へ受診することをお勧めします。

目のまわりの皮膚は他に比べて非常に薄いのですが、体の不調は皮膚が薄い場所へ出やすくなっています。
目のまわりの黒ずみは病気や体調不良のサインです。原因のひとつに血行不良によるクマがありますが、これは目のまわりだけではなく、からだ全体が血行不良になっているのです。

軽度の場合はからだの血行を良くすることで黒ずみも改善することができますが、もし心配なら見分け方を参考にして受診してみると良いでしょう。

黒ずみ 目のまわり 病気

文責:ひとみ

コメントは受け付けていません。