二の腕のブツブツはサロンのレーザー脱毛の皮膚への刺激も関係してる?レーザー脱毛の皮膚への刺激は、二の腕のブツブツにどれくらい影響しているの?

二の腕のブツブツはレーザー脱毛の刺激とは関係なく、古い角質が毛穴周辺に溜まった状態で毛孔性角化症という皮膚病の一種で健康に影響はありません。

レーザー脱毛の刺激で二の腕のブツブツができたと考えることもありますが、実は毛孔性角化症はレーザー脱毛の刺激でできるのではなく、逆に改善することが期待できる方法のひとつなのです。

脱毛はエステサロンではなくクリニックなど医療機関ですることができます。エステサロンでも脱毛は可能ですが、エステサロンで使っている機器は光やフラッシュの機器を採用しているため、この毛孔性角化症を改善することは難しいため、改善するのであればクリニックを選ぶ必要がります。

クリニックでは皮膚に照射することで毛包を破壊して毛が生えないようにするだけではなく、毛穴を引き締めることができ小さくします。
そのため毛穴は目立たなくなり、角質も溜まりにくくなるため二の腕のブツブツは目立たなくなるのです。

レーザー脱毛は毛孔性角化症を専門に治療する方法ではなく完治は難しいため、毛孔性角化症を治療するなら皮膚を入れ替えるレーザー治療が可能なクリニックを選びます。

照射によって新しい肌に入れ替わり厚くなった角質を押し出し、本来の柔らかい肌に改善することができます。

二の腕 ブツブツ レーザー

文責:ひとみ

コメントは受け付けていません。