黒ずみはメラニンによる色素沈着が原因?黒ずみを効率的に美白するために知っておきたい、黒ずみとメラニンの関係って?

黒ずみはメラニンによる色素沈着が関係して原因で起こることもあり、美白するためにはこのメラニン色素を排出して肌のターンオーバーを促すことが大切です。

目だ人は紫外線を浴びると、表皮の奥の基底層という部分のメラノサイトから作り出されます。メラノサイトは紫外線などから皮膚細胞を守るために作られる日傘のような存在です。生体のバリア機能の一つと言ってもいいです。

正常にターンオーバーが起きていれば、メラニンは剥がれ落ちてしまうので色素沈着は起こりません。しかし、ターンオーバーが遅れてしまうと色素沈着が起きて黒ずみができてしまいます。これがメラニンと黒ずみの関係です。

この原因と関係を知れば、正しい美白対策もわかってきます。まず大切なのは新たにメラニンを作り出さないように紫外線対策を徹底することです。さらに生成を抑えて排出を促すスキンケア用品を使ってみるという方法もあります。

また、ターンオーバーの遅れが原因であれば、それを促すことも必要です。余分な角質などがターンオーバーの邪魔になっている場合は、ピーリングやスクラブでいったん取り除いてあげないとターンオーバーが整いません。

美白のためには紫外線対策とターンオーバー促進がポイントです。

黒ずみ 美白 原因

文責:ひとみ

コメントは受け付けていません。