頬の黒ずみの悩みは肥満の人に多いの?肥満の人に頬の黒ずみが出やすい原因と、その色素沈着の除去方法って?

「肥満の人に頬の黒ずみが多いように見える」というのは3つの説があって、黒色表皮腫という病気で肌が角化して色素沈着してしまっていることが悩みの原因で、除去するには痩せるのが有効です。あと、血行やリンパの流れが悪くなることが原因で起こるという説もあります。

では、1つずつ原因と除去方法を詳しく見ていきます。

(1)黒色表皮腫(悪性・良性・仮性)
肥満の人が特に黒色表皮種で頬が黒くなってしまうのは「仮性黒色色素表皮種」が原因と考えられています。血糖値に比べてインスリンの濃度が高い状態が続くと、皮膚細胞が異常に増殖して黒色化してしまうのです。
悪性だと内臓悪性腫瘍のせいで色素沈着している疑いがあるので、皮膚科を受診した方がいいです。
仮性であれば肥満解消が悩み解決の一番の解決方法ですが、また太ってしまうと黒ずみが戻ってしまいます。

(2)血行不良
頬の下には毛細血管が集まっていて、肥満のせいでうっ血することで黒ずみに見えてしまうのです。色素沈着が原因ではないので血行を改善すれば悩みは解決します。

(3)リンパ液の滞り
太っているとリンパの流れが悪くなるやすく、老廃物が溜まってしまいます。これは老廃物を流してあげれば解決するでしょう。

いかがでしたか?つまり肥満を解消すれば、頬の黒ずみの除去は可能ということです。

黒ずみ 頬 肥満

文責:ひとみ

コメントは受け付けていません。