肘の黒ずみが生まれつきある子供や幼児の対処法にはどのようなものがあるの?自宅でできる方法って?

肘の黒ずみが生まれつきある場合、それが子供や幼児の場合は大人と同じ黒ずみ対処を行うのは危険です。
特にお肌の弱い子供・幼児や赤ちゃんに対して無理な対処行えば、肌荒れや感染症を引きお押す場合もあるので注意が必要です。

生まれつき肘に黒ずみがあるという時は、まずはかかりつけの医師に対処方法を仰ぐのが一番です。
黒ずみが特に問題のないものであれば、基本的な肘のケアは、古い角質を除去して新しい皮膚の再生を促すという事になります。

ですが、無理やり角質を除去するのは皮膚トラブルを招く可能性がとても高くなるので、子供や幼児に対しては行ってはいけません。
お肌の持っている健康な肌に生まれ変わろうとする力を高めてターンオーバー(新陳代謝)を活発にさせる事が大切なのです。

ターンオーバーを高めるのに大切なのは大人も一緒ですが、睡眠・食事・運動です。良い睡眠がとれているか、食事のバランスや肌作りに大切なビタミンの摂取、特に間食については見直す事は大切です。
そして、適度な運動です。

また、保湿はお肌自体のバリア機能を高め健康な肌作りには重要なので、ベビーワセリンなどをつかって肘だけではなく全身の保湿を行う事は毎日続けましょう。

続ける事で、生まれつきの黒ずみも改善がみられる可能性があるでしょう。

黒ずみ 肘 生まれつき

文責:ひとみ

コメントは受け付けていません。