黒ずみや角質、色素沈着ができる仕組みとはどのようなものなの?肌の黒ずみなどの予防方法って?

黒ずみや角質、色素沈着ができる仕組みがわかっていれば、肌が黒くなるのを予防することが出来ます。

表皮の奥にある、角質層や真皮層に色素が付着して黒ずむことを色素沈着といいますが、これは皮膚の防衛本能によるものです。

外出先で紫外線を浴びたり、衣類が擦れるなどの刺激を受けると、角質層や真皮層においてメラニンが発生し、肌を保護しようとします。
メラニンが過剰に発生すると、黒ずみが濃くなる仕組みなので、予防したいときは紫外線対策を行ってから外出したり、衣類などの刺激を受けないように気を付けて生活しなければなりません。

角質層とは違い、真皮層はターンオーバーがないので、一度色素沈着が起こると、シミのように残って消えにくくなります。
美容外科や皮膚科などでレーザーや投薬治療を受けないと、綺麗な肌には戻れないので、そうならないように予防することが大切です。

外界からの刺激を受けると、黒ずみが発生する仕組みなので、外出するときは紫外線を浴びないように、帽子や日傘を用意したり、日焼け止めクリームを塗るようにしましょう。

わきやデリケートゾーンは特に黒ずみやすいので、保湿効果の高いクリームを塗るなどして、衣類からの刺激を抑えるようにしてください。
黒ずみ 角質 色素沈着

文責:ひとみ

コメントは受け付けていません。