肘や膝、くるぶしなどの関節の黒ずみを皮膚科で治療するにはどうすれば良いの?

肘や膝、くるぶしなどの関節にあらわれやすい黒ずみをケアするには、美容クリニックや皮膚科を活用するのがおすすめです。

これらの施設では、肌の黒ずみに詳しい医師が診断を行ってくれる上に、美白効果の高い施術や薬の処方をすることができるからです。

肘や膝、くるぶしなどの関節は、皮膚が厚いという特徴があります。そのため、古い角質が長く残りやすくなるので、肌が黒く見えることが多くなります。

これらをケアするには肌の新陳代謝を高めると同時に、肌に沈着してしまったメラニン色素を取り除くのが有効です。

美容クリニックや皮膚科では、肘や膝、くるぶしなど黒ずみが気になる部分にレーザーを照射してシミなどを取り除きます。
このレーザーには沈着しているメラニン色素だけに作用する性質があるので、肌を痛めにくいのが特徴です。

さらに美容クリニックや皮膚科では、医師の処方箋のもとで内服薬や塗り薬を使用して、自宅治療していく方法もあります。

自宅治療外用薬の中でも、時にハイドロキノンは美白効果が高く、肌の漂白剤とも呼ばれています。これを肌のくすみが気になる関節に塗るだけなので、自宅で手軽にケアできるのが魅力です。

内服薬は服用することで全身の黒ずみケアができるうえに、予防にも繋がるというメリットがあります。

黒ずみ 皮膚科 肘

コメントは受け付けていません。