脇の黒ずみはサロンなどのレーザー脱毛の刺激でも起こるの?レーザー脱毛による皮膚への刺激って?

脇の下の黒ずみは、医療レーザーやエステティックサロンの脱毛の皮膚への刺激で起こるかどうかについては、あまり心配はないと考えられています。

根拠としては、どちらの施術方法も黒い色に反応する機械を使って行われる施術ですので、皮膚を黒ずませる効果はないと考えられます。

しかし、クリニックやサロンの施術で肌に刺激を感じることはありますので、施術をきっかけに黒ずみはじめることが全くないとは言い切ることが出来ません。

脇の下は、もともと黒ずみやすい部分ですので、レーザーやフラッシュ脱毛をすることでむしろ肌の色が明るくなるということはあります。

そのため、レーザー脱毛やサロンのフラッシュ脱毛をする際に、脇の下が黒ずんだらどうしようといった危惧は特に持つ必要がないといえるでしょう。

しかし、皮膚に刺激を感じることは事実ですので、痛みを感じやすい人はその旨をサロンのスタッフに伝え、出力を下げてもらったり冷やしてもらうなどの工夫をすることが必要です。

特に、医療レーザー脱毛は肌の刺激になりやすい脱毛方法ですので、痛みを感じやすい人は麻酔をしてもらうなどの工夫をすることで、肌の刺激を滴下させることが出来ます。

脇の下の脱毛をすることで、自己処理の必要が無くなるメリットもあります。

黒ずみ 脇 レーザー

文責:ひとみ

コメントは受け付けていません。