肌の黒ずみはムダ毛の自己処理によるダメージも原因になるの?デリケートゾーンや脇の自己処理の注意点って?

デリケートゾーンや脇の黒ずみの原因は自己処理による肌ダメージの可能性もあります。

デリケートゾーンや脇の自己処理をすると、肌を傷つけたり保湿ケアを怠るため乾燥しがちになります。
肌は乾燥すると刺激を受けやすくなるため、肌内部のメラノサイトが反応してメラニン色素を生成しやすくなります。
そのため黒ずみができてしまうのです。

そのため、デリケートゾーンや脇の自己処理をするのであれば、肌にダメージを与えないよう注意しなければいけません。

では、どのようにすればダメージを防げるのかというと、まず重要なのは処理後の保湿ケアです。脱毛サロンでもアフターケアはしっかりするように、自己処理後もケアをしなければ皮膚は乾燥して刺激を受けやすくなってしまいます。
そのため処理後は保湿クリームを塗って外部刺激から守ることが必要です。

また、シェービングをする際はなるべくダメージを受けないようにクリームやボディソープを利用することをおすすめします。

このようにデリケートゾーンや脇の黒ずみの原因は自己処理によるダメージの可能性があります。そのため、このような黒ずみを予防するなら処理後はしっかりと保湿ケアをすることをおすすめします。

黒ずみ 肌 自己処理

文責:ひとみ

コメントは受け付けていません。