妊娠中や産後に肌の黒ずみが出来やすい理由って?また、その解消法って?

妊娠中や産後にお肌の黒ずみができるのは理由がありますが解消方法もあります。

まず理由ですがホルモンの分泌が多くなるからと言うのがあります。妊娠中は黄体ホルモンと卵胞ホルモンが多くなるのですが、これがメラニンの量を増やしてしまいます。

普段よりも色素沈着を起こしやすく黒ずみがお肌にできやすくなるのです。特に脇などこすれやすい場所は黒ずみが普段よりもできやすいので気になるでしょう。

乳首も黒すみのできやすい部分です。赤ちゃんが乳首の場所を見つけやすいようにという理由で黒ずみができるという説もあります。

他にもシミやそばかすもできやすくなるので美容を気にする方にとっては妊娠中は嫌な事ばかりですが解消はできます。

まず妊娠中や産後はホルモンのバランスが崩れるものと思い一時的に我慢することです。出産後も授乳中はホルモンのバランスが変化下状態ですが次第に妊娠前の状態に戻っていき、お肌の黒ずみも元に戻っていきます。

早く解消したい場合はビタミンC誘導体を使うようにしましょう。これを期になる部分に塗りこむことで美白効果を期待できます。もっと早く効果を期待したいならピーリング剤を使えばいいでしょう。

ただ無理にケアをするのはやめてください。無理のない範囲でケアをしましょう。

黒ずみ 肌 妊娠中

文責:ひとみ

コメントは受け付けていません。