毛穴の黒ずみの原因とは?黒ずみとメラニンの関係とその黒ずみの改善方法って?

毛穴の黒ずみの原因としては、紫外線にあたることでメラニンが蓄積されることと関係があり、正しいケアをすることで改善することができます。

メラニンは紫外線を浴びることでお肌を守ろうとして発生するものですが、過剰に生成されることでお肌にシミとなって残り黒ずみの原因となってしまいます。

メラニンの生成は、皮膚が紫外線を浴びることで癌など皮膚に悪い影響を与えることを防ぐことと関係があり、生体のバリア機能ですが、過剰に生成されることで皮膚に蓄積されてお肌の表面にシミとなって表れて毛穴の黒ずみとなります。

できてしまったメラニンによる毛穴の黒ずみを改善するためには、お肌のターンオーバーを整えることが大切です。

お肌のターンオーバーを整えるためには、しっかりと保湿してビタミンC誘導体などの美白ケアを行ったりお肌の代謝を高めるためのビタミンEを摂取すると体内ケアもすることができます。

また、シミの原因となる紫外線を日常生活の中で防ぐことが必要です。日中は、日焼け止めや帽子などの紫外線対策をすることで過剰なメラニンの生成を防ぐことができます。

このように紫外線を防いで美白ケアを行いお肌の代謝を整えることは、毛穴の黒ずみを改善することと関係しています。

黒ずみ 毛穴 原因

文責:ひとみ

コメントは受け付けていません。