脇の黒ずみやシミは脱毛によるダメージが原因なの?また、自己処理をする時の注意点と改善方法って?

脇の黒ずみやシミは間違ったセルフ脱毛による自己処理のダメージが原因です。

シミが出来る原因は紫外線など肌に対するダメージから肌を守るためにメラニンの活動が活発化するためでが、これは脱毛によっても起こります。

しかしエステサロンの施術だと脇の下の黒ずみは出来にくいのに、自宅で毛抜きによる脱毛やカミソリを使用した自己処理だと黒ずみやシミが目立ちますが、なぜ違いが出るのでしょうか。

その答えは肌に対する刺激の強さにあります。
カミソリは肌に直接使用するため肌を傷付けやすいですし、毛抜きは毛穴から無理矢理毛を抜くのですからどちらも肌への刺激が強いと言えます。

カミソリであればシェービングフォームを利用したり、毛抜きであれば毛穴を開いた状態にすることで肌への負担は減らせますが、それでも肌へのダメージはあります。

そこでダメージの少ない方法として自己処理には電気シェーバーがおススメです。

電気シェーバーは刃が直接肌に触れないため肌へのダメージが大きく軽減されるため脇の黒ずみやシミを防ぐことが可能になります。

またムダ毛とはいえ、毛が無くなることで肌は乾燥しやすくなるので、自己処理後には必ず肌の保湿を忘れないで下さい。

肌が乾燥するとターンオーバーの間隔が長くなり、黒ずみやシミが残りやすい脇になります。

黒ずみ シミ 脇

文責:ひとみ

コメントは受け付けていません。