黒ずみやくすみは肌の色素沈着が原因なの?色素沈着の仕組みと予防方法って?

比較的皮膚が柔らかく、デリケートな部位を中心に出来やすくなる皮膚の黒ずみやくすみは、外部からの刺激によって起こる色素沈着が原因だといわれています。

色素沈着が起こる仕組みとしては普段ムダ毛処理などにカミソリや電動シェーバーを頻繁に使用している場合、カミソリの刃が肌を傷つけてしまうことで皮膚を保護している角質が剥がれてしまい、皮膚を守るためにメラニン色素が蓄積して色素沈着が起こってしまう仕組みとなっています。

また肌の角質層が厚くなりやすいので肌が固くなり、黒ずみが目立つ硬い皮膚が目立ちやすくなり肌触りも悪くなってしまう恐れがあります。

顔などに出来やすいくすみは、加齢により肌のターンオーバーがきちんと働かなくなってしまうことで、皮膚の表面に古い角質が残りやすくなってしまうことでくすみの状態が起こりやすくなってしまいます。

そこで黒ずみやくすみを予防するためには、皮膚の仕組みをきちんと把握して、皮膚に負担がかからないお手入れを行うことが一番の予防策となります。

まず色素沈着の原因となる頻度の高いシェービングは、皮膚を傷める原因となりますので脱毛に切り替え、お手入れ後は必ず保湿で潤い補給を行うことが大切ですし、くすみ予防には定期的なピーリングケアで古い角質を取り除くお手入れを行うことが大切です。

黒ずみ くすみ 色素沈着

文責:ひとみ

コメントは受け付けていません。