治らない黒ずみや色素沈着の原因って何?また、黒ずみや色素沈着の症状やメカニズムって?

なかなか治らない黒ずみや色素沈着の原因として考えられることは、主に3つあります。

1つ目は、メラニン色素です。
何らかの刺激を受けることによって、肌を守ろうとする体の機能がはたらいて、メラニン色素が出されます。メラニン色素は、シミの原因として有名ですが、実は黒ずみや色素沈着の原因にもなっているのです。

2つ目は、ホルモンバランスです。
不規則な生活や、睡眠不足などといった生活習慣によって、ホルモンバランスが崩れてしまうと、新しい肌を作り出す働きが弱くなってしまって、黒ずみが起こりやすいです。

3つ目は、肌のターンオーバーの乱れです。
これは、新陳代謝のことで、細胞を生まれ変わらせる役割を果たしています。人の体は、古い角質などがはがれて、きれいな肌が出てきますが、ターンオーバーが乱れてしまうと古い肌がはがれにくくなってしまうので、治らない色素沈着の原因となってしまいます。

症状を治していくにはメカニズムを知っておくことも大切です。
黒ずみや色素沈着のメカニズムとしては、肌に何らかの刺激があったり、古い肌がなかなかはがれないなどといったことで起こると言えるでしょう。

なかなか症状が治らないという時には、症状のメカニズムをしっかり理解して、肌に刺激の少ない化粧品を使ってみたり、生活習慣を整えてみましょう。

黒ずみ 原因 色素沈着

文責:ひとみ

コメントは受け付けていません。