サロンなどのレーザー脱毛の皮膚への刺激も黒ずみの原因になるの?

黒ずみの原因として医療レーザーやサロン脱毛の刺激が皮膚のメラニン色素産生を促進することがあります。
医療レーザーやサロンのフラッシュなどは、家庭用脱毛器よりも刺激が強くなっています。

ただし、2~3ヶ月に1回程度という少ない頻度になりますから、これだけが原因で皮膚に黒ずみが生じるとは言いにくいです。

それよりもヒゲ剃り、ワキ毛処理など、自宅で行われるムダ毛処理のほうが高刺激なのです。
1回あたりのダメージはそれほど強くなくても、頻繁に処理するとなると相当なダメージとなります。

黒ずみの原因を取り除いていくためには、むしろ医療レーザーやサロン脱毛を利用したほうがいいのです。
皮膚がツルツルになってしまえば、自己処理から解放されるでしょう。
その状態になると肌へのダメージを大幅に軽減できますから、黒ずみのリスクも小さくなります。

そもそも黒ずみはメラニン色素が過剰に分泌されることで生じるものであり、その要因として乾燥や肌刺激があるのです。
これらのダメージを抑えていくことで、肌を弾力性のあるモチモチの状態に変えることができます。

正常肌の状態から急に肌が黒くなることは少ないので、まずは肌状態を安定させることから始めてください。

黒ずみ 原因 レーザー

コメントは受け付けていません。