皮膚の乾燥が原因で黒ずみが出来る事もあるの?黒ずみとメラニンと色素沈着の違いと関係って?

肌が乾燥して黒ずんでいると何となく不健康に見えたり、実年齢よりも老けて見られることが多いものです。
また、メイクをしてもきれいに乗らないので、外出するにも憂鬱な気分になってしまいます。

肌の黒ずみの原因は乱れたターンオーバーによって起こることもありますが、実はメラニンによる色素沈着が原因となっている場合も多いのです。

特に肌が乾燥していると肌のバリア機能が低下するので外部刺激を受けやすくなり、メラニンを作り出すようになるのです。
皮膚は外部刺激から守ろうとしてメラニンを活発に生成させ、それが皮膚に色素沈着して定着してしまうのです。

さらに乾燥することで痒みが現れ、それを掻くことで皮膚への刺激になるのです。
皮膚を掻くという動作は肌にも大きなダメージを与えているので、結果的に色素沈着を起こして黒ずみの原因となってしまうということです。

黒ずみを改善するためには、しっかり保湿を行うことが大切です。
特に入浴後は肌の水分が一気に奪われてしまうので、最低でも5分以内に保湿を行うことを心掛けましょう。

また、週に1度か2度のピーリングも古い角質を取り除いて新しい肌の再生を促します。
ゴシゴシと擦らずに優しく行うことが大切です。

黒ずみ 乾燥 原因

文責:ひとみ

コメントは受け付けていません。