脱毛などの自己処理による肌のダメージは黒ずみや色素沈着の原因になるの?肌のダメージによる黒ずみや色素沈着の改善方法って?

毎日お肌のお手入れをしているつもりでも、ふと気が付くと黒ずんでいたり、色素沈着をしていたという経験をしたことのある人も多いのではないでしょうか。

肌が黒ずんでいると露出の多い季節でも長ズボンや長袖を着ていたくなるものです。
黒ずみや色素沈着の原因は生活習慣による肌のターンオーバーの乱れが挙げられますが、脱毛などのカミソリを使っての自己処理も大きく関係しているのです。

確かに自己処理での脱毛は自宅で手軽に行えるので良いのはわかりますが、カミソリで剃ると肌の表面の角質までそぎ落としてしまうのでかなりのダメージを与えていることになります。

角質がそぎ落とされるとダメージから守ろうと自己防衛機能が働くので、守ろうとしてメラニンをどんどん生成させて色素沈着として現れます。

また、角質を剥がすことによってバリア機能も低下してしまうので黒ずみ以外にも乾燥しやすい状態になるのです。

黒ずみを治すためには自己処理を控えてサロンで脱毛をすることをお勧めします。

また、週に1度のピーリングを行うことも有効ですが、肌を摩擦するとダメージに繋がるので優しく行うことです。

ターンオーバーを正常に戻すことが必要なので、これまでの生活習慣を見直して改善していくことも必要です。

黒ずみ 色素沈着 脱毛

文責:ひとみ

コメントは受け付けていません。