サロンなどのレーザー脱毛は黒ずみの原因になるの?皮膚への刺激による黒ずみの予防方法って?

黒ずみは脱毛を医療レーザーやサロンで受けて刺激を皮膚に与えることで発生しやすいですが、それらは一時的な症状なので心配はいりません。

これらの方法は処理後に保湿・アフターケアをしてくれるので、肌へのダメージは思いのほか少ないのです。

脱毛後の肌ダメージというのは、翌日の肌状態を見るとわかることが多いです。
プルプルと保湿された状態がベストであり、乾燥・鳥肌・炎症などの症状があればダメージを受けています。

医療レーザーやサロンによる光マシンなどによる処理は、家庭用の脱毛マシンと比べると高刺激ですが、処理を重ねるほどムダ毛は薄くなっていきます。

そのため数年後という長期スパンで考えると、皮膚への刺激は弱くなると考えていいでしょう。

皮膚に最も刺激を与えやすい脱毛方法は、医療レーザーやサロンの光ではなく、自己処理による方法なのです。
シェービング、除毛クリームなどは肌の皮脂を除去することで、乾燥から黒ずみを招いてしまうことがあります。

黒ずみを放置しておくと色素沈着してしまい、元に戻すのが大変になります。
自己処理をしている方は処理後に保湿ケアを徹底し、早期のうちに医療機関やサロン脱毛に切り替えるようにしてください。

黒ずみ 脱毛 レーザー

文責:ひとみ

コメントは受け付けていません。