二の腕のブツブツは、脱毛などの自己処理による肌のダメージが原因?自己処理の正しい方法や改善方法って?

二の腕のブツブツの原因のひとつにムダ毛の自己処理が考えられます。
比較的ムダ毛が薄く自分でも簡単に処理することができる部位ですが、実は自己処理での肌トラブルが起きやすい部位でもあるのです。

二の腕は露出する機会が多く、ケアを怠ると知らず知らずのうちに日焼けしていることがあり、日焼けしている状態でカミソリでムダ毛の自己処理をすると炎症や肌を乾燥させダメージを与えます。

二の腕のブツブツは毛穴に角質が詰まって角栓になった状態で、毛孔性角化症とも呼ばれ、健康には影響はないものの見た目が気になります。

自分でワックスやカミソリなどの使ってムダ毛の処理をすると角質を剥がしたり削ることになりダメージは強くなるため、ブツブツしている場合は脱毛をする前にピーリング剤を使ってスキンケアをすることが大切です。

腕の脱毛を自分で行なう場合、自己処理で良い方法は家庭用脱毛器を使うことです。ダメージや肌への負担も少ないです。また角質を傷つけない電気シェーバーも良い選択です。

ダメージのリスクは高くなりますが、カミソリを使う場合は、肌が濡れた状態ではなく乾いた状態で使い、剃る前にはワセリンなどで保護して毛の流れに沿って剃り同じ所を何度も剃らず、ムダ毛の処理は2週間に1回程度を心がけることが大切です。

二の腕 ブツブツ 脱毛

文責:ひとみ

コメントは受け付けていません。