二の腕に鳥肌のようなブツブツが出来てしまう理由とは?二の腕のブツブツを治す方法とおすすめの塗り薬って?

二の腕に鳥肌のようなブツブツがあり悩んでいる方は多くいますが、実はその理由は皮膚疾患の一つであり、治す方法として塗り薬が有効です。

まず、鳥肌のような二の腕のブツブツの正体は「毛孔性苔癬」という皮膚疾患です。
これは毛穴に角質が詰まって盛り上がり鳥肌状になった状態のことで、そのできてしまう理由はハッキリとは解明されていません。

子供の頃から生じる方もいますし、大人になってから生じる方もいます。
しかし、子供の場合は徐々に減ってくることが多く、大人になってから悩む方が多く、特に男性よりも女性に生じやすいという特徴があります。

しかし、このようなブツブツは毛穴詰まりの一種なので古い角質を剥がれやすくすることで、症状を改善することができます。

治す方法として有効なのは尿素配合の塗り薬です。尿素には古い角質を柔らかくする効果があります。そのため、この成分を配合した塗り薬を毎日塗ることで硬くなった角質を剥がれやすくし、肌のターンオーバーを促すことができるのです。

このように二の腕にブツブツができてしまう理由は角質の毛穴詰まりです。そしてこのような肌状態の治す方法として有効なのが尿素配合の保湿クリームです。
しかし、即効性はないので根気強く毎日ケアすることが重要です。

二の腕 ブツブツ 鳥肌

コメントは受け付けていません。