目の周りの黒ずみの原因って?メラニンや色素沈着との関係とは?

年齢を重ねていくと目の周りや頬などでシミのような黒ずみができやすくなりますが、これらの肌トラブルの原因はメラニン色素や色素沈着が深く関係してくるので理解しておきましょう。

肌が黒ずんでしまうのは、肌の中で過剰にメラニン色素が作られることが原因です。
メラニン色素には肌のバリア機能を高めるという働きがありますが、多く作られすぎると肌のターンオーバーが間に合わなくなり、色素沈着を起こします。

メラニン色素は基本的に黒い色をしているので、沈着をしてしまうとシミやそばかすなどの黒ずみとして残るのです。

シミやそばかすが目の周りや頬などにできやすいのは、皮膚の厚さが関係してきます。
これらの部位は非常に皮膚が薄いため、沈着した色素が目立ちやすくなります。

黒ずみができる原因といえば紫外線が有名ですが、スキンケアによる肌の摩擦やムダ毛の処理、エアコンなどの風や乾燥などの刺激も増える要因となるので注意が必要です。

特に目の周りの皮膚はデリケートなので、スキンケアの力加減が原因として大きく関係してきます。
力が加わらないよう優しくケアすると同時に、美白成分配合の化粧水やクリームの使用もおすすめです。

美白成分にはメラニンの生成を防ぐタイプと、色素沈着をケアするタイプがあるので、上手に使用するのがポイントです。
黒ずみ 目の周り 原因

文責:ひとみ

コメントは受け付けていません。