黒ずみの原因|脇や鼻の毛穴など、肌の黒ずみの理由と対策

黒ずみ 原因
肌の黒ずみができる原因にはどのようなものがあるのでしょうか?

黒ずみの原因には乾燥や色素沈着、レーザー脱毛の刺激などがあります。また、解消方法を知っていると対策がしやすくなります。

今回は、顔や鼻の毛穴、脇、ちくび、デリケートゾーンなどの肌に黒ずみができる理由と黒ずみに効く薬やクリームなどを解説していきます。

ここで紹介する黒ずみの原因と対策が参考になれば嬉しいです。

黒ずみに効く商品ランキングはこちら

>管理人イチ押しの「薬用アットベリー」の詳細はコチラ

  

肌の黒ずみが出来る原因と効くクリームって?薬局やドラッグストアで売っているの?

  
黒ずみ 原因 効く
  
肌に黒ずみが出来る原因には、古い角質が溜まって黒ずんでいる場合や、皮膚が刺激を受けてメラニン色素を作り、その排出が上手く出来ないことにより色素沈着が起こっている場合がありますが、そのような肌トラブルに効くクリームは薬局やドラッグストアでも売っています。

薬局やドラッグストアで買える黒ずみに効くクリームの一つには「メンソレータム ワキレ ホワイト」があります。

メンソレータム ワキレ ホワイトは、1日に1~2回、黒ずんでいる部分に塗り、よく馴染ませてから軽く拭き取るという使用方法になり、黒ずみの原因となる古い角質をやわらかくして除去しやすくしたり、肌を保湿してメラニン色素が沈着しにくい状態に保つことで脇などの黒ずみをケアするクリームとなっています。

メンソレータム ワキレ ホワイトには角質柔軟成分が配合されており、この成分が肌を黒ずませる原因となっている古い角質をやわらかくするのに効くのが特徴です。

更に、肌にうるおいを与える高浸透ビタミンC誘導体や、肌のケアに役立つグリチルリチン酸2Kなどの成分が含まれているのも肌の健康を保ち、黒ずみを改善して透明感のある肌を作るのに役立ちます。

黒ずんだ肌のケアを行うクリームは、薬局やドラッグストアで他にも見つかるため、自分に合うものを探してみるのがおすすめです。

治らない黒ずみや色素沈着の原因って何?また、黒ずみや色素沈着の症状やメカニズムって?

  
黒ずみ 原因 色素沈着
  
なかなか治らない黒ずみや色素沈着の原因として考えられるのは、主に3つあります。

1つ目は、メラニン色素です。
何らかの刺激を受けることによって、肌を守ろうとする体の機能がはたらいて、メラニン色素が出されます。メラニン色素は、シミの原因として有名ですが、実は黒ずみや色素沈着の原因にもなっているのです。

2つ目は、ホルモンバランスです。
不規則な生活や、睡眠不足などといった生活習慣によって、ホルモンバランスが崩れてしまうと、新しい肌を作り出す働きが弱くなってしまって、黒ずみが起こりやすいです。

3つ目は、肌のターンオーバーの乱れです。
これは、新陳代謝のことで、細胞を生まれ変わらせる役割を果たしています。人の体は、古い角質などがはがれて、きれいな肌が出てきますが、ターンオーバーが乱れてしまうと古い肌がはがれにくくなってしまうので、治らない色素沈着の原因となってしまいます。

症状を治していくにはメカニズムを知っておくのも大切です。黒ずみや色素沈着のメカニズムとしては、肌に何らかの刺激があったり、古い肌がなかなかはがれないなどで起こると言えるでしょう。

なかなか症状が治らないという時には、症状のメカニズムをしっかり理解して、肌に刺激の少ない化粧品を使ってみたり、生活習慣を整えてみましょう。

サロンなどのレーザー脱毛の皮膚への刺激も黒ずみの原因になるの?

  
黒ずみ 原因 レーザー
  
黒ずみの原因として医療レーザーやサロン脱毛の刺激が皮膚のメラニン色素産生を促進する場合があります。医療レーザーやサロンのフラッシュなどは、家庭用脱毛器よりも刺激が強くなっています。

ただし、2~3ヶ月に1回程度という少ない頻度になりますから、これだけが原因で皮膚に黒ずみが生じるとは言いにくいです。

それよりもヒゲ剃り、ワキ毛処理など、自宅で行われるムダ毛処理のほうが高刺激なのです。1回あたりのダメージはそれほど強くなくても、頻繁に処理するとなると相当なダメージとなります。

黒ずみの原因を取り除いていくためには、むしろ医療レーザーやサロン脱毛を利用したほうがいいのです。皮膚がツルツルになってしまえば、自己処理から解放されるでしょう。その状態になると肌へのダメージを大幅に軽減できますから、黒ずみのリスクも小さくなります。

そもそも黒ずみはメラニン色素が過剰に分泌されることで生じるものであり、その要因として乾燥や肌刺激があるのです。これらのダメージを抑えていくことで、肌を弾力性のあるモチモチの状態に変えることができます。

正常肌の状態から急に肌が黒くなる場合は少ないので、まずは肌状態を安定させることから始めてください。

黒ずみに効く商品ランキングはこちら

>管理人イチ押しの「薬用アットベリー」の詳細はコチラ

  

妊娠中や産後にお腹が黒ずみやすい理由って何?また、その黒ずみの手入れ方法って?

  
黒ずみ 理由 妊娠中
  
妊娠中や産後にお腹周りの黒ずみが目立つ場合があります。この黒ずみの理由にはお腹が大きくなってきて皮膚が伸びることで薄くなり、刺激に弱い状態になるのが関係しています。

皮膚が薄くなるのが理由ですので、妊娠中にはお腹が大きくなるにつれて症状が酷く出る場合もありますが、産後には戻ってきます。

他にも理由があり、妊娠中には女性ホルモンの分泌量が増えますので、それが黒ずみに関係しているようです。

どちらの理由であっても、産後には落ち着いてくるはずです。出産をした後は伸びた皮膚は元に戻りますし、女性ホルモンの分泌量も次第に落ち着いていきます。

自然に落ち着いてくればお手入れは必要ありませんが、なかなか戻らないという場合には状況に応じたお手入れが必要になります。

伸びた皮膚がなかなか元に戻らずに薄いままだという場合には、潤い成分の含まれる化粧水をたっぷりと塗るのが大切です。潤い成分が十分な状態になれば、肌細胞の働きが活性化されて新たな細胞の生成スピードがアップします。

黒ずみは肌中で生成されるメラニン色素の量が多ければなかなか治まりませんので、美白作用を持つ化粧品でのお手入れも有効です。生成されたメラニンを排出させることで黒ずみは解消されます。

顔の黒ずみが出来る理由って何?顔の黒ずみに効く化粧品や化粧水はあるの?顔の黒ずみ改善のためのスキンケア方法って?

  
黒ずみ 理由 顔
  
顔の黒ずみができる理由は、簡単に言ってしまうと毛穴に詰まった角栓が酸化することなので、角栓ができないように日ごろからスキンケアをしていくのがとても大切になってきます。

黒ずみの理由は酸化ですが、そもそも角栓ができなければ黒ずんでしまうこともありません。なので、洗顔と保湿のスキンケアを丁寧にしていくと改善できます。

また、化粧品は毛穴に詰まりやすいので、クレンジング剤を使用せず、石けんでも洗い落とせるようなタイプの化粧品をチョイスするといいでしょう。クレンジング剤はお肌に負担をかけてしまう上、余分な成分が配合されていて、あまり良いものではありません。

女性は化粧品が毛穴に詰まって酸化する場合もあるので、注意しましょう。石けんでも洗い落とせるようなオーガニック系の化粧品を使用すれば、黒ずみの理由にもなりませんので、おすすめです。

洗顔には、無添加の石けんやココナッツオイルなどから作られた石けんがベストです。適度な洗浄力ですし、乾燥させないので、皮脂の量のバランスも良くなります。

洗顔が終わったら、保湿力の高い化粧水を使ってお肌の奥まで保湿しましょう。ブースター化粧水を使ってから普通の化粧水でスキンケアをすれば、より浸透しやすくなるので黒ずみもできにくくなります。

鼻や小鼻の毛穴の黒ずみが出来る理由って何?鼻の黒ずみや角栓の除去方法って?

  
黒ずみ 理由 鼻
  
鼻や小鼻の毛穴の黒ずみというのは、結構目立ちやすいものですので、気になっている方も少なくありません。

鼻や小鼻の毛穴に黒ずみができてしまう理由は、簡単に言ってしまうと角栓が酸化して、目立つようになってきてしまいます。なので、まずは角栓ができないようにお肌のお手入れをしていくのが重要です。

角栓ができる理由としては、毛穴に汚れや古い角質、皮脂やホコリなどが詰まることでできてしまうのですが、お肌に負担の少ない洗顔石けんを使い、しっかり泡立ててから優しく洗うようにするだけでも、角栓ができてしまうのを防ぐことができるようになります。

すでに出来てしまっている場合は、毛穴パックなどを使用するのではなく、蒸しタオルなどで毛穴を開いてから、密度の濃い泡で洗っていくのをおすすめします。

マッサージクリームなども有効ですが、油分が多いため、ニキビ肌の方にはあまり向きません。

また、乾燥すると皮脂の量が増えて角栓ができやすくなるため、洗顔後はすぐに保湿するようにしましょう。

黒ずみは酸化が理由ですので、鼻や小鼻を正しい方法でケアしていけば、ほとんど目立たなくなっていきます。洗顔と保湿が非常に重要ですから、試してみてください。

黒ずみに効く商品ランキングはこちら

>管理人イチ押しの「薬用アットベリー」の詳細はコチラ

  

脇などの黒ずみの原因って何?脱毛などの自己処理によるダメージのも原因になるの?

  
黒ずみ 原因 脱毛
  
脇の黒ずみが気になっているという方は決して少なくありません。おまけにすぐに改善できないため、コンピレックスのように感じてしまう方もいらっしゃるでしょう。

脇の黒ずみの原因は色々ありますが、やはりカミソリによるムダ毛の自己処理、ブラジリアンワックスといった脱毛が原因になっている場合が多いです。

脇の皮膚は想像以上に薄いもので、脱毛や自己処理を続けてしまうと、摩擦を起こしてダメージを受け、メラニン色素が沈着するようになります。

このようなことが原因で黒ずみに悩まされるようになるので、普段からダメージを与えないように、しっかりとケアしていくのが大切です。

ムダ毛の自己処理や脱毛をする場合は、お肌への負担が少ない電気シェーバーなどを使って、優しく処理していくのが良いでしょう。

また、このような処理が終わったあとは、多少なりともダメージを受けている状態になりますので、すぐに保湿するようにしましょう。

すでに黒ずみが目立つような状態でしたら、美白成分が配合されたクリームを使ってケアしていくのも良い方法です。脇の黒ずみ専用のクリームなども色々販売されているので、試してみてはいかがでしょうか。

ちくびの黒ずみの原因とその対策方法は?黒ずみとメラニンの関係って?

  
黒ずみ 原因 ちくび
  
普段からお肌のお手入れをきちんとしているつもりでも、気がついたらちくびが黒ずんでいたという経験がある人も多いのではないでしょうか。

ちくびが黒ずんでいると遊んでいるように見られたり、好きな男性や彼氏に指摘されたらショックで落ち込んでしまうものです。

ちくびの黒ずみの原因は刺激や摩擦、紫外線と大きく関係しているのです。ちくびの黒ずみはメラニンの蓄積なのですが、一気に黒ずむわけではなく緩やかに黒ずむので初期段階ではなかなか気が付かないものです。

刺激を与えることで肌は刺激から守ろうとしてメラニン色素を作り出し、それが蓄積されて黒ずみとして現れるので、刺激や摩擦、紫外線とメラニンの関係性を知ることで対策法は見えてきます。

刺激や摩擦を与えないのが最も有効な対策なので、性行為のときもあまり触らないようにした方が良いでしょう。また、老化に伴って肌のターンオーバーが乱れているのが原因となっている場合もあります。

代謝が悪くなることとちくびの黒ずみも関係しているのです。代謝が悪くなったのが原因で肌の生まれ変わりが遅くなり、黒ずみが定着している可能性もあるので、規則正しい生活習慣を意識するのも対策としては有効です。

肘や膝の黒ずみの原因って何なの?乾燥から守り、保湿をすれば改善される?おすすめの肘や膝のケア方法って?

  
黒ずみ 原因 乾燥
  
肘や膝の黒ずみの原因は、座った時の摩擦や間違ったムダ毛処理、圧迫感のある服による摩擦、などがあり、これらによって生じる乾燥から守るように保湿すれば改善される可能性はあります。

もともと肘や膝は黒ずみができやすい部分です。体温調整をするための汗腺や皮脂腺が少ないので、皮膚のバリア機能が低くて刺激を受けやすいからです。すると肌バリアが薄くなり乾燥してメラニン色素が生成されやすくなったり、角質層が厚くなってしまいます。

肘や膝の黒ずみの原因で多いのが、足組や正座、ムダ毛処理によるダメージ、圧迫感のあるパンツやトップスによる擦れです。こういう原因を取り除くのも大切です。

改善したいのであれば、まずは古い角質を除去するスクラブを行なった後で保湿をしっかりしてあげるとターンオーバーが正常化されやすくなります。

乾燥から守るのに適している保湿アイテムには、セラミド・ヒアルロン酸・尿素などがあります。美白成分ではトラネキサム酸・ビタミンC誘導体・アルブチンなどがあります。

それぞれの成分は、乾燥しやすい肘や膝に潤いを持たせて、黒ずみの原因であるメラニン色素排出に役立ってくれます。低刺激なものを選ぶようにしましょう。

黒ずみに効く商品ランキングはこちら

>管理人イチ押しの「薬用アットベリー」の詳細はコチラ

  

お尻の黒ずみが出来る原因って何?お尻の黒ずみに効く市販の薬にはどのような種類のものがあるの?

  
黒ずみ 原因 薬
  
お尻の黒ずみに悩む方は少なくありません。お尻は黒ずみやすい部分と言えるのです。その原因は常に下着に覆われて摩擦があること、そして座るなどの行為でこすれることなどから外部刺激が多い部分だからです。

肌の特徴として外部刺激が加わると防御反応からメラニン色素を多く分泌する場合があります。そのメラニンが皮膚に残ることで色素沈着を起こしてしまうのです。

また、お尻はケアが行き届かないなどで古い角質が残りがちです。すると肌のターンオーバーが乱れて新しい肌の生まれ変わりが滞りメラニンが排出されにくくなるのです。こうしたことが原因となり黒ずみができやすいのです。

これらの原因をしっかりと理解したうえで自分でできる対応法はあります。

まずは、しっかりと泡立てた石鹸で優しく汚れを落とすこと、そしてその後の保湿を心がけることです。

市販されているボディークリームには様々な種類がありますが、その中でも黒ずみに対応した薬もあります。その薬にはメラニンの排出を促す、メラニンの生成を抑制する成分が配合されています。そういった種類の市販の薬を使用することで肌のターンオーバーに合わせて改善されていきます。

黒ずみを改善予防していくためには日々のケアと市販されているメラニンに対応する種類の薬の使用が良い方法です。

デリケートゾーンの黒ずみが出来る理由とその解消法って?自宅で簡単にできる解消法はあるの?

  
黒ずみ 理由 解消
  
デリケートゾーンの黒ずみに悩まされている女性は意外にも多いです。なぜデリケートゾーンに黒ずみが出来てしまうのか、理由が気になっている人もたくさんいるでしょう。

理由としては、やはり下着などの布による摩擦、Vラインのムダ毛の自己処理が最も大きな理由と言えます。

皮膚はとてもデリケートなものなので、ダメージを受け続けていくと、メラニン色素が沈着してしまう場合があります。ですから、デリケートゾーンの黒ずみを解消するには、ダメージを減らすことと保湿ケアが非常に大切になってきます。

自宅でも簡単にできる方法というと、お肌のターンオーバーを促進させ、同時に美白効果が得られるような化粧水、美容液、クリームを使用するのがベストです。

最近はデリケートゾーンの黒ずみを改善するための美白クリームなども色々と販売されているので、自宅で簡単に解消できます。

もちろん、ターンオーバーを促進させるような効果の高いボディソープ、石けんなどを使って黒ずみの部分を優しく洗うのも有効です。

清潔な状態にしたあとは、保湿力の高い美白クリーム等を使用し、毎日しっかりとケアをし続けていきますと、自宅にいながら簡単に悩みを解消できますので、試してみてください。

黒ずみに効く商品ランキングはこちら

>管理人イチ押しの「薬用アットベリー」の詳細はコチラ

  

文責:ひとみ

コメントは受け付けていません。