陰部の黒ずみは、サロンのレーザー脱毛が原因になっている場合もあるの?肌へのダメージがどのように影響するの?

ムダ毛の処理を行う際に、特にお手入れが難しいとされているのがVIOラインなどの陰部のお手入れだとされています。

セルフケアではお手入れが難しいからと、エステサロンや美容皮膚科クリニックなどで受けられる医療レーザー脱毛を受けた後に、陰部付近に黒ずみが出来てしまったという経験をお持ちの方は少なくありません。

エステサロンや脱毛サロンなどの美容施設では主にフラッシュ脱毛などが採用されていますが、美容皮膚科クリニックなどの医療機関では、脱毛効果の高い医療レーザー脱毛を採用しています。

皮膚が薄くかなりデリケートな部位である陰部のお手入れは少しの刺激でも肌ダメージになってしまうことが多く、特に医療レーザーなど毛根に直接照射を行い、毛乳頭を破壊してしまうほどの高いダメージを与える施術となると、医療施術として医師の元で安全に行えるお手入れだとしても、色素沈着を起こしてしまい黒ずみの原因になってしまう恐れがあるのです。

そこで少しでも肌に黒ずみを作らないためにも、肌ダメージを特に受けやすくなる生理前の期間や肌荒れなどが起こって皮膚が普段よりもデリケートになっている時に無理に施術を受けるのは避ける必要があります。

更に施術を行った後は肌が乾燥しないように保湿ケアを行うことも効果的です。

黒ずみ 陰部 レーザー

コメントは受け付けていません。