肘や膝の肌の黒ずみは乾燥が原因の場合もあるの?肘や膝の保湿に効果的な化粧水って?

あたたかくなり、薄着の季節になると肘や膝の肌の黒ずみが気になるという人は多く、年々黒ずみが増してきているという人もたくさんいます。

肘や膝が黒っぽく、かさかさしていると、老けた印象やお手入れをさぼっているというだらしない印象になってしまうので、つるつるで透明感がある肌で、若々しさをアピールすることがおすすめです。

肘や膝など関節部分の肌には、汗腺が少なく、潤いが足りなくなりがちです。冬の寒い時期にお手入れをさぼっていると、乾燥して、肌のバリア機能や生まれ変わりのサイクルのターンオーバーが低下して、肌が刺激に弱くなります。

刺激に弱くなると、衣服とこすれたり、関節の曲げ伸ばしで皮膚が伸び縮みしたりすることが刺激になって、自分自身を守るためにメラニン色素を放出して黒く、くすんでしまうのです。

肘や膝の黒ずみを予防するためには、保湿をして乾燥を防ぐことがとても大切です。
水分をたっぷりと与え、皮膚を保護する油分が含まれている乳液や保湿クリームを塗って、乾燥を防ぐことが黒ずみ対策になります。

化粧水は、セラミドなど保湿成分が含まれている物がおすすめです。乾燥がひどい場合には、化粧水で潤いを与えた後に、刺激が少ないオイルをなじませることもおすすめです。

黒ずみ 肌 肘

文責:ひとみ

コメントは受け付けていません。