毛穴の黒ずみに効く市販の薬は薬局やドラッグストアに売ってるの?

黒ずみの原因は、毛穴が開いていたり、詰まったり、たるみ、毛穴の産毛やシミが、汚れの原因となって黒ずみに見えることがあります。

毛穴の汚れは、毛穴から出る皮脂と、古い角質(タンパク質)が混ざって出来た角栓と呼ばれます。
角栓の30%が皮脂、70%が古い角質で作られていると言われています。

こまめな洗顔をしていても、化粧汚れで使うクレンジングが少なすぎたり、すすぎが悪かったりしても黒ずみになります。

薬局やドラッグストアには多くの薬がありますが、角栓に効果があるのは、酵素洗顔です。
ただし、酵素洗顔はやりすぎると必要な角質まで取れてしまい、肌に負担をかけてしまうので注意します。

市販の薬では、株式会社シェルゥームの「アルファピニ28 コーラルクリアパウダーウオッシュ」は酵素洗顔パウダーで、クマタケランやシルクなどの保湿成分を配合しています。

他にはピーリングがありますが、肌に負担がかかりやすいので、注意して使いましょう。

洗い流すタイプの市販の薬は、ツーウェイジェルがあります。入浴の時に使用でき、2分から3分おいて洗い流します。

これらの二つは、普通の薬局やドラッグストアでは購入しにくいかもしれません。市販の薬では、オロナインやニベアがあります。これは、近くの薬局やドラッグストアで購入しやすいです。

黒ずみ 毛穴 薬

コメントは受け付けていません。