黒ずみに効くクリームにはどのような成分が含まれているの?その成分に副作用の心配はないの?肌の黒ずみをクリームで治療する場合のメリットとデメリットって?

黒ずみに効くクリームの成分にはハイドロキノンがありますが、使用による副作用も考えられるのでメリットとデメリットを確認したうえで正しく使用することが大切です。

ハイドロキノンが配合されているクリームは市販品としても購入出来ますが、最も効果を期待できる濃度で使用したいのであれば医療機関での処方がおススメです。

ハイドロキノンはシミの原因であるメラニン色素の生成を抑えるだけでなく、メラニン色素そのものを減少させる働きがあるため効率良く肌を白くするメリットがあり、効果的に黒ずみを解決できる可能性があります。

しかしその反面、赤みや炎症を起こす副作用だけでなく、長期使用や高濃度の使用による白斑のデメリットが存在します。そのため医療機関で処方されたクリームを使用する場合は医師の指示に従うことは絶対的です。

他にも黒ずみに効く成分としてトレチノインがありますが、これは肌のターンオーバーを促し新しい肌を強制的に作ることが出来、黒ずみを解消できるメリットがあります。

しかし副作用として炎症や肌の乾燥があり、その影響で肌の赤みや肌機能の衰えがデメリットとして出てきます。

どちらの成分も使用方法を間違えると肌トラブルを引き起こしやすいので、医師の指示のもとで使用すると安心できるかもしれません。

黒ずみ クリーム 成分

文責:ひとみ

コメントは受け付けていません。