脱毛などの自己処理のダメージが原因の脇の黒ずみに効く塗り薬ってあるの?

脱毛の自己処理のし過ぎで、脇がダメージを受けた時に黒ずみになった時に効果的な塗り薬は、ハイドロキノンの塗り薬です。
皮膚科で処方してもらえる塗り薬なので、薬局やドラッグストアでは手に入りません。

市販されている塗り薬だと、白くなるまでにかなり時間がかかってしまうので、急いで黒ずみを解消したいならやはり皮膚科に通い薬を処方してもらうといいでしょう。

脇をカミソリで自己処理をすると、皮膚を削るのでかなりダメージを受けてしまいます。脇脱毛を頻繁におこなうことで、ダメージを受けた皮膚が守ろうとして角質を厚くし、脱毛を繰り返すと黒ずみがどんどんひどくなるというわけです。

黒ずみを解消する方法としては、自己処理をやめて脱毛サロンなどに通いプロにお手入れを任せることです。プロならば脱毛だけでなく美容成分が含まれたジェルでお手入れをするので、綺麗な肌になれます。

皮膚科に通わず脇の黒ずみをケアする方法は、薬局で販売されているグリセリンカリン液を使うことです。コットンに含ませて拭き取るだけで改善されます。

皮膚を柔らかくする効果があるので脇にも効果がでます。ただしアルカリ性の強い性質なので、十分気をつけて使用してください。

黒ずみ 脱毛 ダメージ

文責:ひとみ

コメントは受け付けていません。