まぶたや目の下などの目の周りの黒ずみって、美容皮膚科に行けば治るの?

年齢を重ねていくにつれて、まぶたや目の下などにシミやくすみ、そばかすなどが目立ちやすくなってきます。

これらの黒ずみは、紫外線や摩擦などの影響でメラニン色素が沈着することが原因ですが、目の周りの皮膚は非常に薄く、ほかの部位よりも黒ずみあらわれやすくなるので注意が必要です。

一度あらわれた黒ずみは治るのが難しいという特徴があります。それをカバーするには、美容皮膚科でケアするのがおすすめです。特に、まぶたや目の下などの目の周りは、間違ったスキンケアをしてしまうと肌トラブルが重症化しやすいので、美容皮膚科でプロのケアが適切と言えます。

美容皮膚科で目の周りのシミケアは、カウンセリングからスタートします。黒ずみはもちろん、まぶたや目の下などの肌質をチェックすることで、綺麗に治ることが期待できます。

施術方法は、レーザーを照射するのが一般的です。このレーザーにはメラニン色素にダメージを与えるという作用があるので、シミやそばかすが治るだけではなく、シミ予防にも効果があると言われています。

さらに嬉しいことに、美容皮膚科のシミケアは即効性があることもメリットです。施術後、数日で黒ずみがかさぶたとなって剥がれていくので、短期間でシミケアしたい人におすすめです。

黒ずみ 美容皮膚科 まぶた

文責:ひとみ

コメントは受け付けていません。