お尻の黒ずみに効く市販の薬は薬局やドラッグストアで買えるの?

長時間デスクワークをしている方などは、椅子に座っている時間がとても長いので肌に負担がかかり摩擦が起こってしまい、皮膚が刺激を受けて角質層が厚くなり、メラニン色素を生成させてしまうことでお尻の黒ずみにつながってしまいます。

お尻に出来た黒ずみは健康上特に問題はありませんが、やはり見た目が気になるという女性も少なくないので、きれいなお尻を目指す方法として黒ずみケアが行える市販薬やケアクリームなどを利用する方が増えてきています。

そもそもお尻に出来た黒ずみは、肌のターンオーバーがきちんと働かないことで、古い角質が蓄積してしまっている状態のため、薬局やドラッグストアで販売されている市販の塗り薬である「オロナイン」や「ケラチナミン」、「ケシミン」、「アットノン」が効果的だと言われています。

特にケラチナミンは尿素が配合されているので、黒ずみが気になる部位に塗ることで古い角質を取り除き、保湿も保ってくれる塗り薬ですし、アットノンは有効成分ヘパリン類似物質には水分を保持する作用があるので肌のコンディションも整えることが出来ます。

紹介した商品は地域の薬局やドラッグストアで市販薬として手に入れることができる手軽さがありますので、まずは薬局やドラッグストアで購入してみることをおすすめします。
黒ずみ お尻 薬

コメントは受け付けていません。