Iラインの黒ずみの解消法|ビキニラインやVラインの黒ずみ対策

iライン 黒ずみ
Iラインの黒ずみで悩むことってありますよね。ビキニラインやVラインの黒ずみも気になるものです。

ビキニラインの黒ずみの原因には下着の摩擦やレーザー脱毛などがあり、Vラインの黒ずみの原因には自己処理や産後のホルモンバランスの乱れなどがあります。

ここでは、ビキニラインの黒ずみの原因、ビキニラインの黒ずみに効く市販の薬について解説しています。

また、Vラインの黒ずみを自力で治す方法、消すクリームなどについても紹介します。

さらに、Iラインの黒ずみ対策や皮膚科での治療の内容を詳しく説明していますので、参考にしていただけると嬉しいです。

ビキニラインの黒ずみに効く商品ランキングへ

>当サイトおすすめの「ナチュラルゲルクリーム」の詳細はコチラ

  

ビキニラインの黒ずみの原因にはどのようなものがあるの?メラニン色素のどのような働きが原因?ビキニラインの黒ずみの改善方法って?

  
黒ずみ ビキニライン 原因
  
ビキニラインの黒ずみに悩まされている人は大勢います。
主な原因は下着との摩擦など、外的刺激を受けることで肌中のメラニンの量が増えすぎてしまうことです。

一定量までは黒ずみにはなりませんが、排出量を超えて肌に蓄積され始めた時に黒ずみとなりますので、増えすぎないようにしなければなりません。

また、ビキニラインの場合にはムダ毛処理による肌への負担も原因の一つです。ムダ毛処理を剃毛で済ませている場合には肌表面の角質を一緒に削り取ってしまうことがありますし、抜く場合でも刺激を与えます。

メラニン色素は肌を守る働きを持ち、その働き自体は正常なものですので問題ありません。
しかし、外的刺激に過敏に反応するような状態の時にはメラニン色素の生成量が増えてしまいますので、過剰な働きによってビキニラインの黒ずみは引き起こされると考えられます。

改善したい時には、原因となっている刺激を取り除くことが大切です。下着などとの摩擦を軽減することでも改善できますし、ムダ毛の処理方法を変えることも改善へとつながります。

ムダ毛処理は繰り返し行うことが問題ですので、肌に負担をかけないように永久効果のある方法で処理を行ってしまうのが一番です。

ビキニラインの黒ずみは下着の摩擦が原因の場合もあるの?肌のストレスを減らす方法って?

  
黒ずみ ビキニライン 下着
  
身体に黒ずみが出来ることがありますが、中でもビキニラインの黒ずみに悩んでいる方は多くいます。

黒ずみが出来るメカニズムとしては、外部刺激によるものが大きいのです。
肌は摩擦やこすれなどのストレスを受けると肌の防衛本能としてメラニン色素を多く分泌して守ろうとする特徴があります。そして、そのメラニンが残ってしまうことで色素沈着となるのです。

ビキニラインは、下着とのこすれやカミソリなどで行うムダ毛の自己処理などで肌の外部からのストレスが多い部分なのでどうしても黒ずみやすい部分なのです。

そして、肌が乾燥することでターンオーバーが乱れてしまうこともメラニンが排出されないことの原因になります。

こういったことを改善、予防するには日々のケアをしっかりと行うことが大切です。

入浴後にはたっぷり保湿を心がけます。
特に下着と摩擦が起こる部分には多めに塗るなどの配慮が必要です。

また、ビキニライン専用のクリームなども発売されています。こういったクリームにはメラニンの排出を促す成分が配合されているため効果が大きいです。

そして、下着を肌なじみのよいもの、素材の優しい物をセレクトすることも良いです。

摩擦を少なくし、ストレスを軽減することが黒ずみを作らない近道です。

ビキニラインの黒ずみはサロンのレーザー脱毛での皮膚の乾燥が原因になることもあるの?

  
黒ずみ ビキニライン レーザー
  
ビキニラインのレーザー脱毛を受けて、皮膚がひどく乾燥してしまうと黒ずみの原因になってしまう事もあります。

サロン帰りにピリピリ痒くなったりした経験はありませんか?フラッシュもレーザーも、高熱の脱毛処理をするので、施術した部分の皮膚は一時的に水分がカラカラになってしまいます。

ビキニラインは特に皮膚が薄いデリケートなパーツなので要注意です。乾燥した皮膚は刺激に弱く黒ずみになりやすいのでケアが必要です。

当たり前ですが、乾燥してしまったお肌には、なによりも保湿が大切です。

脱毛ダメージを受けているので、敏感肌用や刺激の少ない化粧水をたっぷり使って、コットンでパックしてあげましょう。
化粧水が十分に浸透したら、乳液やクリームで油分を補って水分を閉じ込めます。

ここで使う化粧品は、高機能のものよりも、本当に保湿目的で必要最低限の成分しか入っていないようなシンプルなものの方がおすすめです。

機能性の高いものは、それだけ多くの成分が含まれているので、刺激も強くなるので、この段階ではちょっと不向きです。こんなシンプルケアを2週間ぐらい続けると、皮膚が枯渇状態から抜け出せます。

ビキニラインの黒ずみの原因はサロンでのレーザー脱毛に限らず、乾燥や摩擦によって悪化してしまうので、日頃から丁寧ににケアしていきたいですね。

ビキニラインの黒ずみに効く商品ランキングへ

>当サイトおすすめの「ナチュラルゲルクリーム」の詳細はコチラ

  

ビキニラインの黒ずみに効く市販の薬は薬局やドラッグストアに売っているの?

  
黒ずみ ビキニライン 薬
  
ビキニラインの黒ずみは、原因を取り除かない限り解消させることは難しいため、生活習慣の見直しや毎日の黒ずみケアを取り入れることをおすすめします。

下着による締め付けや摩擦を解消するために、毎日同じ形の下着を身に着けないようにすることや、下着のサイズそのものが合っているか見直したり、夜は下着をつけずに眠るといった方法も効果があります。

ビキニラインは日頃お手入れをしていないという方は、今日から洗顔後の顔と同じように保湿ケアを行いましょう。

薬局やドラッグストアで購入できる安い化粧水やボディクリームでも、顔と同じようにお手入れを続けると黒ずみだけでなく肌の質感も向上します。

黒ずみに即効性のある市販薬はハイドロキノンがありますが、強い薬であるため肌の弱い方やこれまで使用したことのない方には使用そのものに不安があるでしょう。

薬局でしか取り扱っていない特別な薬などは使用せず、効果を感じたい方にはワキララがおすすめです。
商品名の通り、わきの色素沈着に使用するローションですが、薬局やドラッグストアなどで市販しているため手に入れやすくおすすめです。

ドラッグストアなどで市販されている価格も1000円以下と購入しやすく、コットンにとってビキニラインをふき取るだけの簡単ケアです。

vラインの黒ずみはムダ毛の自己処理による、カミソリなどのダメージが原因なの?肌へのダメージ対策って?

  
黒ずみ vライン 自己処理
  
vラインの黒ずみの原因はカミソリなどによるムダ毛の自己処理によるダメージが大きな原因の一つですので、対策はもちろんあります。

ムダ毛をカミソリなどで自己処理することによって、肌はとても大きなダメージを受けます。カミソリによる刃で肌を傷つけてしまっているからです。

肌は刺激から守ろうという本能の働きから、肌を厚くすることでカミソリの刺激から守ろうとします。肌が厚くなると、ターンオーバーは正常に行うことができなくなるため、古い角質がどんどん溜まっていき、さらに肌が厚く、固くなってしまいます。
これが黒ずみとなるのです。

対策としては、vラインへの刺激を極力なくすことです。ムダ毛の自己処理を辞めてエステやクリニックなどで脱毛を行うのも一つの方法です。

最近ではvラインなどのデリケートな部分への脱毛は、剃り残しを気にすることが無くなるため非常に人気が高いです。

また、顔だけで無くボディにもしっかり保湿などをするなど、乾燥から守ることも肌を刺激から避けることに繋がります。

黒ずみは外部からの刺激など肌へのダメージが原因となります。ですから、それらの刺激をできるだけ取り除くことが黒ずみを解消する一番の対策です。

vラインの黒ずみを自力で自宅で治すためのおすすめの化粧水と、治す方法って?

  
黒ずみ vライン 自力
  
vラインにできやすい黒ずみを自宅で自力で治すには、化粧水や保湿クリームなどのスキンケアアイテムを上手に活用するのがおすすめです。

vラインやお尻にできる黒ずみは、人目につくと恥ずかしい部位なので、できたらクリニックに通うことなく自宅で自力で治す方法が知りたい人が多いようです。

そもそも、肌が黒ずんでしまうのは、肌の中で多くのメラニン色素が生成されることが原因です。
メラニン色素が増える原因として紫外線が有名ですが、そのほかに、摩擦や締め付けなどの刺激でもメラニン色素は生成されます。

vラインやお尻にできる黒ずみは、下着や衣服による摩擦と締め付けが主な原因なので、治すためには肌に優しい衣服を身に着けるようにしましょう。

自宅で普段使用している美白化粧水を、vラインの黒ずみケアするのもおすすめです。

美白化粧水には多くの種類がありますが、その中でもビタミンC誘導体配合のものを選ぶようにしてみましょう。
ビタミンC誘導体にはメラニン色素が増えるのを防ぐ働きと、色素沈着をケアする働きがあるためです。

自力で効果的に治すためには、こまめに化粧水をつけるのがポイントです。
特に、入浴後の綺麗な素肌に使用することで、美白成分の浸透を促すことが期待できます。

ビキニラインの黒ずみに効く商品ランキングへ

>当サイトおすすめの「ナチュラルゲルクリーム」の詳細はコチラ

  

vラインの黒ずみを消すクリームにはどのようなものがあるの?そのクリームを使ったケア方法って?

  
黒ずみ vライン 消す
  
vラインの黒ずみを消すにはクリームを使ったケア方法が効果的です。

下着や衣類で常に擦れているvラインは、肌が自らの防御作用でメラニンを活発に作り出してしまうので、蓄積して黒ずみになってしまいます。

そんな黒ずみには、肌を丈夫に保つための保湿効果ときれいな肌色を取り戻すための美白効果のあるクリームでケアする方法が黒ずみを消すためにの近道です。

美白効果のある保湿クリームはたくさんありますが、デリケートゾーンのお肌は、文字通りとてもデリケートなので、専用のケアアイテムを使いましょう。

デリケートゾーン専用のクリームなら、無添加で天然由来の成分の優しい商品も多く、ヒリヒリしたり刺激が強くかぶれてしまうような心配がぐっと減ります。

テレビでも紹介された人気の商品では、保湿成分にヒアルロン酸、プラセンタ、コラーゲン、ビタミンEなどの保湿効果や美肌効果の高い成分がお肌に浸透しやすいナノサイズで配合されているので、深層までしっかり届きやすくなっています。

vラインの黒ずみを消すようなデリケートな商品は、購入方法が通販のみの場合もあるので、口コミやメーカーの公式サイトでしっかり情報をチェックして、信頼できるものを選ぶ事も重要です。

vラインの黒ずみの悩みは産後に多いの?産後の黒ずみを解消できる美白商品って?

  
黒ずみ vライン 産後
  
vラインの黒ずみに悩みがあるという人は多いでしょう。vラインの黒ずみは、産後にホルモンバランスが乱れる事が原因の事があります。なので産後のケアはとても大事です。

黒ずみの原因は産後だけではありません。サロンやクリニックでのvラインのレーザー脱毛の後は、軽い火傷の様な状態になる事が原因になります。
あとは、毛をカミソリで剃ったりボディソープでゴシゴシ擦る事で起きる摩擦が原因の事もあります。

その様な場合に効果がある美白商品は、イビサクリームです。このクリームは数々の女性誌や新聞などでも取り上げられている人気のある商品です。
vラインの黒ずみで悩みがある人は、黒ずみ解消にとても効果があります。メラニンの生成を抑えて保湿する事で解消出来ます。

このクリームには、美白成分のトラネキサム酸や肌荒れを解消してくれるグリチルリチン酸を配合しています。また、カモミラエキスやダイズエキスなどの植物成分を配合していて美白ケアしてくれます。保湿力の高いヒアルロン酸や肌を柔らかくしてくれるグリセリンなども配合しています。

パラベンや着色料を使っていませんので敏感肌の人でも安心して使えます。毎日塗り続ける事で美白効果が高まり、悩みが解消します。

iラインの黒ずみ対策商品は通販の楽天やamazonで買えるの?

黒ずみ iライン 対策
  
iラインの黒ずみが目立っているという場合、原因はムダ毛の自己処理の可能性が高いです。

ムダ毛の自己処理を繰り返していると、皮膚がダメージを受けて、色素沈着を起こすことがあるのです。
なので、iラインの黒ずみに悩むようになった時は、デリケートゾーン専用の黒ずみクリームを使用し、対策していくことが欠かせません。

もちろん、色素沈着を起こさないように対策する効果だけではなく、すでに黒ずんでしまっている部分を改善する効果も得られるので、ご安心ください。

大手通販サイトの楽天、amazonで購入できる商品の中でおすすめしたいのは、アンティームオーガニックの「ルボア アンティーム ホワイト クリーム」という商品です。

これはデリケートゾーン向けのクリームなので、iラインの黒ずみ対策と改善にも効果があります。

大手通販サイトの楽天やamazonでも購入することができますし、オーガニック系のクリームなので、お肌にも優しいです。

vラインであれば通常の黒ずみクリームを使用することも可能なのですが、iラインは際どい部分ですので、やはりデリケートゾーン専用のクリームを使ったほうがいいでしょう。

大手通販サイトの楽天やamazonで購入すればポイントもつくので、おすすめです。

iラインの黒ずみは皮膚科やクリニックで治療できるの?その場合の料金相場って?

  
黒ずみ iライン 皮膚科
  
iラインの黒ずみは皮膚科や美容クリニックで治療することが出来ますが、その際は施術によって料金が変わってきます。

例えば治療方法にはレーザーの使用がありますが、自費診療となるため1回あたりの料金は1万5千円前後と高価な傾向にありますが、即効性や確実性では高い評価を得ています。

また他の治療法としてトレチノインやハイドロキノンが配合されているクリームの使用がありますが、医師の指示に従い正しく使用することで高い効果の期待が出来ます。

こちらの料金は10gあたり5千円前後が相場で、1ヶ月では3万円前後が目安となります。また他にもピーリングジェルによるiラインの黒ずみ解消であれば1回あたり1万円前後が相場となります。

皮膚科や美容クリニックで黒ずみ解消を目的とする場合は基本的に自費診療となるため、いずれの施術方法も1回当たりの料金は高額な傾向にあり、また1回だけでなく複数回の施術が必要になるため、最終的には5~10万円程度が必要になる可能性もあるので注意して下さい。

しかしiラインのようなデリケートな部分な黒ずみ治療なのですから皮膚科や美容クリニックの様な医師の下で行えれば、仮に肌トラブルを起こした時でも安心が出来ます。

高額かもしれませんが、それ以上に安心が付いてくるともいえるのです。

ビキニラインの黒ずみに効く商品ランキングへ

>当サイトおすすめの「ナチュラルゲルクリーム」の詳細はコチラ

  

文責:ひとみ

コメントは受け付けていません。