膝の黒ずみをクリームでケア|足やくるぶしの黒ずみの治し方は?

膝 黒ずみ
気になる膝の黒ずみをなんとかできたら嬉しいですよね。

膝の黒ずみの原因には乾燥やメラニンなどがあり、原因によって対処法が異なります。

今回は、膝の黒ずみの原因、膝の黒ずみを隠す方法、クリームでケアする方法や取る方法、病院での黒ずみ治療法、効く市販薬を解説します。

また、保育士さんに膝の黒ずみが多い理由や、足や足の付け根に黒ずみができる原因、くるぶしの黒ずみの治し方などを説明していますので、参考にしてみてくださいね。

膝の黒ずみ対策ができるクリームランキングへ

>管理人おすすめの「ロコシャイン」の詳細はコチラ

  

膝の黒ずみの原因って何?メラニンと黒ずみの関係と、その改善方法って?

  
黒ずみ 膝 原因
  
普段から気を付けてケアをしているつもりでも、気がついたら膝が黒ずんでいたという経験をしたことのある人もいるのではないでしょうか。

膝が黒ずんでいるとスカートをはくことができないし、水着になることにも躊躇してしまうものなので、見えない部分だからとお手入れを怠らずに普段からしっかりとケアをしておく必要があります。

膝の黒ずみの原因は実はメラニンと大きく関係しています。一見、メラニンとどう関係しているの?と疑問に思う人も多いのですが、床に膝をついたりすることで角質が厚くなってメラニンを生成させるのです。

肌はダメージを与えると防衛機能が働いて、角質を厚くして守ろうとするのです。これによってメラニンの生成も活発化させる働きがあるので、結果的に黒ずみの原因として関係してくるのです。

膝の黒ずみを改善するためにはこれらの原因を取り除くことが大切です。摩擦や刺激を与えないようにすることはもちろんですが、乾燥しすぎるのも黒ずみの原因になるのでしっかり保湿を行うことが大切です。

また、週に1度か2度のピーリングでも改善することが可能です。あまり強くこすると逆効果になるので、改善するためにも優しく行うことを心がけましょう。

膝の黒ずみは乾燥が原因の場合もあるの?カサカサの膝を保湿出来るクリームって?

  
黒ずみ 膝 乾燥
  
乾燥してカサカサの膝は、保湿クリームでケアして黒ずみを防ぎましょう。

お肌が乾燥していると、外部刺激に対するバリアが弱くなり、ちょっとした刺激でも大きなダメージを受けてしまいます。

水分がなくカサカサした状態のお肌が、外部刺激に対して、自ら刺激に対抗しようとメラニンを活発に生成するので、新陳代謝が追い付かずに積み重なって黒ずみとなってしまいます。しっかり保湿して黒ずみ対策をしていきましょう。

膝にクリームが浸透しやすいように、まずは古い角質を落としてあげましょう。毎日の入浴でボディソープで優しく洗うだけでも落ちていきますが、週に1回程度、スクラブでマッサージしてあげると効果的です。

お風呂上りは、ボディローションやクリームで保湿します。膝の関節を曲げてシワを伸ばして、しっかり塗り込んであげてください。

乾燥してカサカサの膝には、特別高機能だったりするクリームやボディ用美容液を使わなくても、しっかり水分を保ってくれれば十分です。乾燥が酷い場合は、逆に高機能であれこれ成分が配合されたものだと、しみてヒリヒリしたり、炎症を起こしてしまう事もあるので注意が必要なんです。

シンプルに、ワセリンや、添加物なしのオリーブオイル、ホホバオイルなどもおすすめです。

膝の黒ずみの悩みは保育士さんに多いの?その理由って何?保育士さんの膝の黒ずみの解消法と予防方法はあるの?

  
黒ずみ 膝 保育士
  
保育士は、毎日子供のお世話などをする大切なお仕事です。しかし、子供と目を合わせるために膝をついたり、正座をする機会が他の職業より多くなるために、黒ずみになりやすいです。

そもそも、黒ずみというのは、摩擦などの刺激からお肌を守ろうとするために、皮膚の内部にメラニン色素が分泌されることが理由で起こります。膝をつくという習慣がある保育士は、他の職業の人よりもメラニン色素が分泌されやすい状態にあります。

一度できてしまった黒ずみをすぐに解消することは出来ませんが、ケアすることで薄くすることは可能です。気になる部分に美白クリームや保湿クリームを塗り、お肌のケアを行いましょう。

ケアする理由は、毎日の刺激からお肌を守るということです。また、美白クリームには、メラニン色素を薄くする効果があるという理由もあります。

1度塗っただけでは解消することはできませんが、毎日続けることで少しずつ薄くなっていきます。

また、保育士の膝の黒ずみを予防するために、サポーターを使うことも可能です。できる前に予防すると考えて、黒ずみにならないようにして、悩みを解消します。

乾燥はメラニン色素の分泌を悪化させてしまうので、保湿ケアも予防になります。

膝の黒ずみ対策ができるクリームランキングへ

>管理人おすすめの「ロコシャイン」の詳細はコチラ

  

膝の黒ずみを隠す方法ってあるの?ファンデーションやコンシーラーを使った、上手な隠し方って?

  
黒ずみ 膝 隠す
  
膝の黒ずみを応急処置的に隠すために、ファンデーションとコンシーラーを使った隠し方を紹介します。

できれば脚には脚用が良いんですが、脚用ファンデはちょっとお高いし、エアーストッキングってスプレーがうまく吹けなくてムラになったりしちゃうんですよね。

どっちにしろ、すぐに必要な時に手軽に入手できるようなアイテムではないですよね。応急処置なら、いつものメイクポーチの中に、ちゃんと道具は揃ってるんです。

まずコンシーラーを使った隠し方です。カバー力の強いものほど持続力もあります。黒ずみを隠すにはイエロータイプのコンシーラーを選びましょう。直接、膝に塗ってポンポンと馴染ませるだけです。こんな簡単なステップで見事に誤魔化せちゃいます。

次に、ファンデーションを使った隠し方です。ファンデはリキッドタイプを選びましょう。堅めのテクスチャーでベタつきの少ないファンデなら、洋服へ色移りする心配も防げます。リキッドファンデに、ボディ用の日焼け止めやローションを少し混ぜて、膝にポンポンと馴染ませていきます。

コンシーラーにもファンデーションにも共通する事は、ウォータープルーフタイプで、ワンランク顔よりも暗めの色を選ぶと、見事に黒ずみを隠す事ができます。仕上げに透明パウダーをほんの少しだけはたいても持ちが良くなります。

膝の黒ずみを取る方法でおすすめのお手入れ方法には何があるの?膝の黒ずみを取れるパックって?

  
黒ずみ 膝 取る方法
  
日常的にお肌のお手入れをしているつもりでも、気がついたら膝が黒ずんでいてショックを受けたという人も多いのではないでしょうか。

膝が黒ずんでいるとスカートをはくことはもちろん、肌を露出する季節になっても長ズボンは手放せなくなります。

この原因は肌のターンオーバーが乱れていることも挙げられますが、日常的に床に膝をつく動作でも黒ずみの原因になるのです。床に膝をつくことで皮膚が圧迫されるので、肌は刺激に耐えるためにメラニンを生成させ、それが黒ずみとして定着してしまうのです。

黒ずみを取る方法でおすすめのお手入れ方法はパックです。角質が硬くなると乾燥しやすくなり、さらに悪化してしまうのでパックでのお手入れは欠かせません。

入浴後の肌が柔らかくなった時に保湿クリームを塗り、そのまま10分ほど放置することでつるつるの肌になるのでおすすめです。

また、黒ずみを取る方法としてヨーグルトパックもおすすめです。ヨーグルトにはビタミンやミネラル、たんぱく質などの栄養も豊富ですし、肌を構成している細胞に非常に近い成分なので肌にも優しいのです。

乾燥した膝の保湿力を高め、黒ずみを取る方法としても有効ですが、根気よく続けることが大切です。

膝の黒ずみは病院の皮膚科で治療できるの?黒ずみ治療の料金はいくらくらいかかるの?

  
黒ずみ 膝 病院
  
ズボンやストッキングが長期間膝とこすれる事で起きる皮膚の黒ずみを無くすには、自宅でセルフケアをするよりも病院の皮膚科で治療をしてもらった方が効果的で短期間で綺麗になります。

では、病院でどのような黒ずみ治療を行なうのか簡単に紹介します。

一般的な病院だと皮膚科を受診することになります。治療法は、ハイドロキノンやトラネキサム酸といった美白成分が含まれるお薬を膝に塗るか服用をすることになります。

料金は30日分のお薬で健康保険適応で1600円~4000円です。一般皮膚科のデメリットは、料金は安いけど、効果が現れるまでに長期間かかること。

同じ医療機関の美容皮膚科だと塗り薬・内服薬に加えてレーザー施術やケミカルピーリングということなどを行なっています。これらは膝の黒ずみ治療に対して即効性が高いものです。

デメリットは、黒ずみというのは疾病ではないため料金は健康保険適応外になり全て自己負担で支払わないといけません。

先ほど述べたレーザー施術は1回につき約15000円~30000円、ケミカルピーリングは1回約6500円です。結論は、黒ずみを治すことは可能です。

どのような治療を行なうかはご自身の経済力と相談してください。

膝の黒ずみ対策ができるクリームランキングへ

>管理人おすすめの「ロコシャイン」の詳細はコチラ

  

膝の黒ずみに効く市販の薬は薬局やドラッグストアで売っているの?

  
黒ずみ 膝 薬
  
黒ずみが気になる膝につける薬は市販で薬局やドラッグストアでも購入できます。

黒ずみができる原因は、乾燥など外部から受ける刺激に対して、肌がメラニン生成を活発にして自ら防御しようとするためです。刺激を受け続ける限り、肌はこの防御法を続けるので、ターンオーバーが間に合わなくなって、肌の色が黒ずんでしまうという悲しい事態になります。

膝は特に、関節の曲げ伸ばしでズボンとこすれたり、乾燥しやすいので、黒ずみ対策には保湿効果の高いものが効果的です。皮膚科に行く時間が取れない人は、ドラッグストアや薬局で購入できる市販薬があれば助かりますよね。

「白色ワセリン」は(50g 400円程度)保湿剤の代名詞のような薬です。皮膚科で処方される事も多い保湿剤で、アカギレやひび割れを起こしている程ひどい乾燥にも効果を発揮します。粘度が高くベタっとしているので、ワセリンを塗った上からガーゼなど薄い布でカバーしてあげる必要があります。

肌のターンオーバーを促進させる効果を求めるならば、「アットノンクリーム」(15g 1200円程度)が、火傷あとや傷あとにつける薬として有名です。血行促進作用で代謝を促して、もちろん保湿効果もあります。

ドラッグストアや薬局で手に入る市販薬でも、ちゃんと膝の黒ずみケアはできます。

足の黒ずみはムダ毛の自己処理などの肌のダメージが原因の場合もあるの?足の毛穴の黒ずみの除去方法って?

  
黒ずみ 足 自己処理
  
足の黒ずみはムダ毛の自己処理による、肌のダメージが原因の場合がほとんどなので、毛穴に優しい方法に切り替えるようにしてください。

赤いブツブツがたくさん出来たり、毛穴の開きや黒ずみが目立つと、恥ずかしくて素足を見せられなくなるので、カミソリや毛抜きを使って自己処理するのはやめるようにしましょう。

カミソリで足のムダ毛を剃ると、肌が傷ついたり、摩擦によるダメージを受けるため、メラニンが過剰に生成されて、肌が黒ずみやすくなりますし、傷から細菌が入ると炎症を起こすので、赤いブツブツも出来やすくなります。

毛抜きを使うと、毛穴の奥で出血や炎症が起こりやすいので、さらに肌へのダメージが大きくなります。

赤いブツブツが出来ることもあれば、肌を保護しようとしてメラニンが過剰に生成されるので、それが色素沈着を起こして、黒くなってしまうこともあります。

自己処理の後にローションなどでしっかり保湿すれば、ある程度は防げますが、綺麗に仕上げたいなら、脱毛サロンや美容クリニックに行った方が良いでしょう。

足の毛穴の黒ずみの除去方法は、美容クリニックで治療を受けるのも良いですが、市販の美白クリームやジェルを使えば、自宅で手軽にケアすることが出来ます。

足の付け根の黒ずみは下着の摩擦のストレスが原因なの?おすすめの改善方法って?

  
黒ずみ 足 付け根
  
下着の摩擦によるストレスが原因の、足の付け根の黒ずみは毎日のケアで改善させましょう。

足の付け根は常に下着に触れている上に、デニムやスキニーパンツなどの密着度の高い衣類からのストレスも受けているので、黒ずみやすくなります。

これらの摩擦ストレスに対して、肌が自ら防御策として慢性的に肌のメラニン生成を活発にさせるので、肌のターンオーバーが追い付かなくなって黒ずみができてしまします。

予防対策としては、自分のサイズにぴったり合った締め付け過ぎない下着を着用する事や、家にいる時はゆったりしたルームウェアを選んだり、ゆったりした下着をつける事も効果的です。

既にできてしまった黒ずみを悪化させないためにも、日頃のケアが重要です。お風呂で体を洗う時には、ゴシゴシ洗ってしまうと摩擦をわざわざ与える事になってしまうので、ボディソープをたっぷり泡立てて泡で優しく洗うようにしまよう。

週に1回程度、スクラブで軽く優しくマッサージしてあげると、古い角質が取り除かれて、肌のターンオーバーを助けます。

入浴後の保湿は一番と言っていいほど重要なので、手抜きがちな足の付け根もボディ用のローションやクリームでしっかりと保湿してあげましょう。

足の付け根の黒ずみには、根気よく毎日の小さなケアの積み重ねが大切です。

膝の黒ずみ対策ができるクリームランキングへ

>管理人おすすめの「ロコシャイン」の詳細はコチラ

  

くるぶしの黒ずみは正座のし過ぎなどで、角質が厚くなるのが原因?くるぶしの黒ずみの治し方って?

  
黒ずみ くるぶし 治し方
  
普段からきちんと肌のお手入れをしているつもりなのに、気がついたらくるぶしが黒ずんでいたという経験をした人も多いのではないでしょうか。

くるぶしが黒ずんでいるとスカートをはくことはもちろん、水着も着ることが憂鬱になってしまうので、見えないからといってその時だけお手入れをするのではなく普段からこまめにケアをしておくことが大切です。

くるぶしの黒ずみの原因は肌のターンオーバーが乱れていることや、正座のしすぎで角質が厚くなっていることが挙げられます。正座をすると床や畳に当たるので、肌はそれに耐えるために角質をどんどん厚くしていくのです。

また、くるぶしに圧力を与え続けることによってメラニンの生成も活発になり、それによって黒ずみとして現れてしまうのです。

治し方としてはできるだけ正座を避けること、くるぶしに圧力や摩擦を与えないことが大切です。また、入浴時にピーリングでケアをすることも有効な治し方です。

しかし、あまり肌を擦りすぎると角質が厚くなってしまうので、優しくマッサージをするように行うことが重要なポイントです。

生活習慣の乱れも肌のターンオーバーを乱してしまうので、規則正しい生活習慣を心がけるのも黒ずみの効果的な治し方だといえます。

くるぶしの黒ずみはエステでピーリング治療などをすると治るの?黒ずみの除去のメリットとデメリットって?

  
黒ずみ くるぶし エステ
  
くるぶしの気になる黒ずみは、エステティックサロンでピーリングを受けることで解消しますが、メリットとデメリットがあります。

くるぶしは角質がたまりやすく、その部分が黒ずみをおこして気になるという方が多いという特徴があります。余分な角質を除去するピーリングはエステティックサロンで受けることが出来ますので、自分で処理するよりもサロンに任せることでツルツルのくるぶしをキープすることができるメリットがあります。

ピーリングはメリットだけのように思われがちですが、多少のデメリットも生じますので注意が必要です。

エステでピーリングを受けるデメリットとは、人によっては使う化粧品が肌に合わず、肌が刺激を感じることがある点です。強めの化粧品をつかって施術がおこなわれるため、特に敏感肌やアトピー肌の人は注意が必要です。その場合は、刺激の少ないタイプに変えてもらうなどの対処法があります。

くるぶしは靴や靴下などでこすれやすく、黒ずみが生じやすい部分です。自分でお手入れしても綺麗な状態をキープできない方は、エステの施術に頼るのがおすすめです。

料金はサロンによって異なりますので、まずはキャンペーンなどを利用してリーズナブルなサロンでトライしてみてはいかがでしょうか。

膝の黒ずみ対策ができるクリームランキングへ

>管理人おすすめの「ロコシャイン」の詳細はコチラ

  

文責:ひとみ

コメントは受け付けていません。