ちくびの黒ずみの原因|乳首の黒ずみをクリームでケアする方法

ちくび 黒ずみ
ちくびの黒ずみで悩んでいる人は少なくないです。

気がついたら、ちくびが黒ずんでいたという人もいますし、ちくびの黒ずみが生まれつきある人もいます。

ここでは、ちくびの黒ずみの原因、クリニックや皮膚科での治療方法、自分で黒ずみをケアする方法、効果的なクリームや効く薬、ちくびの黒ずみに良いと口コミで評判のものを紹介しています。

妊娠中に乳首が黒ずみやすい理由についても解説しています。

これらの情報があなたの悩みを解決する手助けになれば嬉しいです。

ちくびの黒ずみに効くクリームランキングへ

>管理人イチ押しの「ホワイトラグジュアリープレミアム」の詳細へ

  

目次

ちくびの黒ずみの原因って?メラニン色素との関係は?ちくびの黒ずみの改善方法って?

  
黒ずみ ちくび 原因
  
いつもスキンケアは入念に行っているつもりなのに、気がついたらちくびが黒ずんでいたという悩みを持つ人も少なくはないでしょう。

ちくびが黒いと好きな人や彼氏に指摘されると恥ずかしくて立ち直れないものです。

ちくびの黒ずみの原因は摩擦や刺激によるメラニンの生成に大きく関係しています。一見、関係性が見えないものですが、肌に刺激を与えることで肌は細胞を守ろうとしてメラニンを生成し、これが原因となって黒ずみとして現れるのです。

黒ずみを改善するためには刺激や摩擦を与えないことが大切なので、性行為の時にもあまり触らないようにすること、下着は自分のバストにぴったりのサイズのものを選ぶことで摩擦を緩和することができます。

また、乱れた生活習慣も大きく関係しています。不規則な生活習慣によってメラニンの生成を活発化させ、黒ずみの原因をつくるので、バランスの良い食事を心がけること、適度な運動を行うこと、十分な睡眠をとることも効果的な改善方法です。

肌に良いレバーやうなぎはターンオーバーを正常に戻す役割があるので、積極的に摂取すること、適度な運動で代謝を上げることで肌の再生を促すことができるので有効な改善方法だといえます。

妊娠中や産後はちくびの黒ずみに悩む人も多いの?妊娠中や産後にちくびが黒ずみやすい理由って?

  
黒ずみ ちくび 妊娠中
  
妊娠中や産後にちくびの黒ずみに悩む人も多いのですが、これにはちゃんとした理由があるので心配いりません。

他にも妊娠すると色々な体の変化が起きますが、ほとんどがホルモンによるもので、出産後徐々に元に戻っていくので心配しなくても大丈夫。

妊娠中のちくびの黒ずみに悩む妊婦さんはとても多く、同時に乳房や乳輪も大きくなり妊娠することで最も大きな変化がある部分とも言えます。

赤ちゃんにとってしばらくは母乳が唯一の栄養源であることを考えると、その理由にも納得できるはずです。生まれたての赤ちゃんはまだ目がぼんやりとしか見えず、ママに抱かれていてもちくびを探すことは難しいのです。

しかし、黒くて大きい丸いちくびになることで、赤ちゃんが見つけやすく吸い付きやすくなります。

妊娠中から少しずつ準備を始めて赤ちゃんの誕生に備えているわけです。

また、産後ちくびは驚くほど酷使されます。出血したり、切れたりということがしばらく続くことも覚悟しなければいけません。

黒ずみは、皮膚を強くし防御する役目もあると考えられています。妊娠中は体の変化一つ一つに悩むことも多くなりますが、それぞれに理由があり命を授かるということは並大抵のことではありません。

まずはゆったりと構えて、新しい命の誕生を心待ちにしましょう。

生まれつき、ちくびの黒ずみがある人がいるのはなぜ?また、生まれつきのちくびの黒ずみをピンクに近づける効果のある塗り薬って?

  
黒ずみ ちくび 生まれつき
  
ちくびの黒ずみで悩んでいる方は少なくありません。

皮膚は下着とのこすれや摩擦などの外部刺激が加わると肌を守るためにメラニン色素を多く分泌することがあります。

そのメラニンが排出されないことで黒ずみができてしまうのですが、生まれつき黒めのちくびの方もいます。なぜなのかというとこれは体質にあるのです。

肌の色が白い方と黒い方がいますが、それは生まれつきメラニン色素の多い少ないにあるのです。遺伝や体質によってメラニン色素を多く持つ方は肌の色が黒く、ちくびも黒っぽいのです。

生まれつき黒い乳首の方がピンクのちくびに近づける方法はあります。それには日々のケアと市販されている黒ずみ改善の専用の塗り薬を使用することです。

なぜピンクにできるのかというと、その塗り薬にはメラニンの発生を抑える成分とメラニンの排出を促す成分が配合されているからです。

これを塗ることを継続することで多く分泌されているメラニンを調節することができます。

また、日々のケアとして保湿をすることです。なぜ保湿が必要かというと肌の乾燥が改善し、肌バリアが出来ることでターンオーバーが正常に機能し新しい肌への生まれ変わりが促進されるからです。

塗り薬と日々のケアによってちくびの黒ずみが取れてピンクになるという仕組みです。

ちくびの黒ずみに効くクリームランキングへ

>管理人イチ押しの「ホワイトラグジュアリープレミアム」の詳細へ

  

ちくびの黒ずみをクリニックで治療する場合、どのような種類の治療法があるの?クリニックでの治療のメリットとデメリットって?

  
黒ずみ ちくび クリニック
  
ちくびの黒ずみをクリニックで治療する場合、一般的に治療法の種類がいくつかあります。

ひとつは、レーザーによる治療法があります。メラニンに反応するレーザーを照射することで、ちくびに残っている黒い色素を破壊することで、新しいきれいな皮膚を作るというものです。

クリームなどの治療法に比べて、黒ずみが取れてピンク色に近づく効果が早いというメリットがありますが、費用が高く、ダウンタイムがだいたい一週間ほど必要になるというデメリットがあります。

そしてもうひとつには、乳首の黒ずみに効果的なクリームをクリニックで処方してもらって治療する方法があります。クリームの種類にはハイドロキノンやトレチノインがあり、それぞれにメリットとデメリットがあります。

ハイドロキノンは、メラノサイトの活動を弱め、メラニン色素を作る命令を下すチロシナーゼという酵素の働きを抑制する作用があります。その美白効果は非常に高いのですが、肌に浸透する力が弱いというデメリットがあります。

一方のトレチノインは、浸透力があり、肌のターンオーバーを早める力があります。そのためクリニックでは、この2種類の成分を合わせてひとつのクリームとして、処方することが多いのです。

ちくびの黒ずみは皮膚科や美容整形で治療できるの?治療費の相場はいくらぐらい?

  
黒ずみ ちくび 皮膚科
  
ちくびの黒ずみは皮膚科でも美容整形のどちらでも治療が可能です。

また治療費は皮膚科も美容整形も、1回のレーザー治療におよそ30,000円前後かかり、これを数回行うので、治療費の総額はけっこうなものとなります。

そもそもちくびの黒ずみになる原因をあげてみると、まずは生まれつきがあります。最初から黒いというわけではありませんが、他よりも黒くなりやすい体質だというくらいで、次はブラジャーなどの摩擦にあります。

皮膚に傷をつけてしまうと、治った頃に完璧な色に戻りにくいのと同じで、摩擦も細胞に傷をつけてしまっているのです。

その次は紫外線が原因と言われています。日焼けによりメラニン色素が沈着するのと同じで、乳首が黒ずみになってしまいます。

このような悩みを治療で解決できるのなら女性なら誰もが望むことです。

市販のクリームで治るなら自宅でケアをしたいものですが、速効性のある皮膚科や美容整形での治療法だと、レーザー治療を使う方法があります。

しかし肌の弱いタイプはリスクを伴う場合があります。治療費は高額になるので医師との相談が必要です。

その他、皮膚科と美容整形でよく使われているのが「ハイドロキノンクリーム」と「トレチノインクリーム」を使用しており、併用して使うことが多いようで、一番処方されている治療です。
治療費はレーザーより安いです。

ちくびの黒ずみを自分で簡単に治す方法って?即効性のある自分で出来る方法とは?

  
黒ずみ ちくび 自分
  
ちくびの黒ずみを自分で簡単に治す、即効性のものを紹介します。

即効性と言っても一カ月くらいの長さを要しますが、「ジャムウ石鹸」が効果があります。ジャムウ石鹸は色々なサイトで販売されていますが、口コミがよくてサイトのスタッフも親切なジャムウ石鹸が売っているネットショップはLCラブコスメティックと言うサイトです。

セクシャルなものの通販ですが、対応がいいので安心です。そこのジャムウ石鹸を使うと、黒ずみのちくびがピンクに近い色になってきます。

ジャムウ石鹸の使い方は簡単で、ちくびの黒ずみに泡立てたジャムウ石鹸を乗せてパックすると黒ずみがピンクに近い色になってきます。

一回では効果が得られないかもしれませんが、バスタイムの習慣にすると、いつのまにか黒ずみが改善されていきます。他のネットの商品より確実で即効性があります。

自分で簡単に治すのは、ジャムウ石鹸のパックが一番いいかもしれません。ジャムウ石鹸の値段はあまり高くないので、効果が出た後もリピートをしやすい商品です。自分で簡単に治すのであれば、ジャムウ石鹸をおすすめします。

自分で治したほうが、クリニックで治すより恥ずかしくないし、もしもジャムウ石鹸が効かなければクリニックに行くことをおすすめします。

ちくびの黒ずみに効くクリームランキングへ

>管理人イチ押しの「ホワイトラグジュアリープレミアム」の詳細へ

  

ちくびの黒ずみをケア出来る美白化粧水や乳液にはどのようなものがあるの?値段はいくらくらいで買えるの?

  
黒ずみ ちくび ケア
  
ちくびの黒ずみをケアすることができる美白化粧品や乳液にはどんな種類のものがあるのか、値段はどれくらいなのか疑問に思っている方もたくさんいるでしょう。

ちくびの黒ずみは色素沈着が原因ですので、美白化粧水や乳液を使用することによって改善することは可能なのですが、顔用の美白化粧水、乳液を使用してケアしても、有効な成分がちくびの奥まで浸透せず、改善することができない可能性もあります。

ですから、悩むようになった時は、乳首の黒ずみ専用の美白化粧水や乳液を使用してケアしていくことが大切です。

口コミで話題になっている商品と言えば、ホワイトラグジュアリープレミアムです。メラニンの生成や増加を抑える効果が高く、メラノサイトが発生してしまう部分まで有効成分が浸透して行きますので、黒ずんでしまった状態でも少しずつキレイにしていくことができます。

通常の値段は9,980円なのですが、公式サイトから注文することで、ずっと5,980円で購入し続けることが可能なので、とてもおすすめです。

少し値段が高いと感じるかもしれませんが、効果の高い商品ですし、乳首の黒ずみ専用の化粧品の中では値段も安いほうなので、試していただきたいところです。

ちくびの黒ずみに効果のあるクリームやピーリングジェルはあるの?どれくらいの頻度でどのようなタイミングで使うのが良いの?使い方について

  
黒ずみ ちくび クリーム
  
ちくびの黒ずみに効果のあるクリームやピーリングジェルはありますが、効果的に結果を得るには正しい使い方をすることが大切です。

ちくびの黒ずみは他の部分の黒ずみと同じようにメラニンが大きく関係してきますが、だからといって顔に使用する美白クリームをちくびに使用することはお勧めできず、専用の物を使用することが大切です。これはピーリングジェルでも同様のことが言えます。

クリームを使用する場合は使い方に書かれている回数をちくびに塗りますが、1日2回が一般的です。中には1日に何回も塗った方が効果的にピンク色になるようなイメージを持つ人がいるかもしれませんが、決められた回数以上を塗っても得られる効果は変わりません。

ピーリングジェルの場合は身体を洗った後、乳首に塗り角質がポロポロと取れて来たらシャワーで洗い流すか優しくふき取ります。ゴシゴシと力強く角質を取ろうとすると肌を傷つけたり、その行為が刺激になり更なる黒ずみの原因になるので注意しましょう。

また短い期間に何回もピーリングジェルを使用すると肌トラブルを引き起こす可能性もあるので、使用方法に書かれている使用の頻度や使い方は守って使用しましょう。

クリームもピーリングジェルも書かれている使い方をしっかりと確認し、その商品に合った正しい使い方を守りましょう。

ちくびの黒ずみに効く薬に市販薬はあるの?薬局やドラッグストアでも買える、ちくびの黒ずみ用の薬って?

  
黒ずみ ちくび 薬
  
ちくびに黒ずみがあると、温泉に入る時や、大勢で着替える時など気になる場合がありますよね。ちくびに黒ずみがあるせいで、異性に積極的になれないという人もいるでしょう。

そのような時、薬で治せたらいいのですが、病院に行くのは抵抗があるという人もいるでしょう。市販薬で、薬局やドラッグストアで購入出来ればすぐに手に入ります。市販薬なら、普段の買い物のついでに購入することも出来るので楽です。

ちくびの黒ずみに効く市販薬は、濃厚本舗の「ハイドロキノンクリーム」という商品です。これは、薬局やドラッグストアで買う事が出来ます。

ハイドロキノンは、以前は皮膚科で診察を受けて薬を処方してもらわないと手に入りませんでした。しかし最近では薬局やドラッグストアでも購入出来る様になってきました。

ちくびの黒ずみはハイドロキノンを使わないと中々色が薄くなりませんが、市販で購入出来るハイドロキノンは2パーセント以内と決められていますので、病院で処方される物よりは効果が落ちてしまいます。

即効性はありませんので、毎日続けて塗る事が必要です。継続する事で効果が出てきます。即効性を求めるならば皮膚科に行くのが良いでしょう。

ちくびの黒ずみに効くクリームランキングへ

>管理人イチ押しの「ホワイトラグジュアリープレミアム」の詳細へ

  

ちくびの黒ずみは、ヨーグルトやヨーグルトのホエーなどでも解消できるの?

  
黒ずみ ちくび ヨーグルト
  
ちくびの黒ずみはヨーグルトやホエーで解消することが可能です。ただし、いくつかの押さえるべきポイントがありますので、正しい知識に基づいて使うことが求められます。

そもそもちくびなどに起こる黒ずみというものは、肌にメラニン色素が定着してしまっていることが一因です。

とくに肌のターンオーバー効果が弱まっていると、こうした状態に陥りやすくなってしまいます。だからこそ、美肌を促す成分が大切となるのです。

そこでヨーグルト、中でも上澄みであるホエーに注目が集まるようになりました。ここには、水溶性のタンパク質やビタミン、乳糖やミネラルといった有用物質が多数含まれています。これにより皮膚細胞を活性化させ、新陳代謝を促し、黒ずみの解消へ繋がることが期待されているのです。

また、ヨーグルトのホエーは、吸水性や浸透力にも優れていることも、保湿という面から有用といえます。

実際にちくびに試す際には、自分にアレルギーがないかどうか、他の部位でパッチテストしてから試すことが大切です。

また、市販製品と比べて、解消の度合いは比較的穏やかとなります。万が一肌に合わなかったり、即効性を求めるときには、別の方法を採用するようにしましょう。

ちくびの黒ずみに良いと評判の商品はあるの?実際に体験した人の口コミで人気のある商品って?

  
黒ずみ ちくび 口コミ
  
ちくびの黒ずみは、意外と治るケースが多く体験した人も多くいます。

生まれつき色が黒い人もいますが、原因が分かれば口コミや評判の良い商品を使用することもでき、色も変わっていきます。乳首の黒ずみで悩む人は、諦めず人気商品を体験してみましょう。効果がある商品なら、1週間程度でちくびの黒ずみがピンクになります。

体験した人の口コミでは、ヴィエルホワイトが人気、評判が良く話題の商品です。ヴィエルホワイトは、女性の雑誌などで紹介されてから芸能人、モデル、一般人に注目をされています。

含まれている成分は、トラネキサム酸があり美白の促進する効能があります。また、他の成分として、ヒアルロン酸やエクトイニンが配合されていて肌の保湿効果もあるようです。ヴィエルホワイトの使用法は、中身の液をちくびに塗り込むだけのシンプルさが魅力になります。

中身の液は、素肌に心地よく溶け込むような使用感を体感できます。やさしい肌触りのヴィエルホワイトは、他の商品より評判が良いです。また、続けて使用するリピーター率が90%を超えていて、体験した人から好評になります。

黒ずみ解消商品は、クリーム系が多い中、液体系なのはヴィエルホワイトだけです。ちくびが生まれつき黒い人も、人気のヴィエルホワイトで改善した口コミもあり使用する価値はあります。

ちくびの黒ずみに効くクリームランキングへ

>管理人イチ押しの「ホワイトラグジュアリープレミアム」の詳細へ

  

文責:ひとみ

コメントは受け付けていません。