肌の黒ずみの解消方法|クリームでのケアや皮膚科での治し方

肌 黒ずみ

肌の黒ずみが気になってしまうというのはありますよね。

肌の黒ずみの原因には、下着の摩擦や乾燥、アトピー、ムダ毛の自己処理によるものなど様々です。

ここでは、肌に黒ずみができる原因、効く薬、病院の皮膚科で肌の黒ずみを治療するやり方、クレンジングやクリームを使ったケア方法を詳しく説明します。

また、肌の黒ずみをメイクで隠すための方法も解説しています。

ここで紹介する情報が、顔、鼻、肘、膝、おしりなどの肌の黒ずみ対策をする時に役立てば嬉しいです。

肌の黒ずみに効く石鹸の詳細はこちら

>管理人おすすめの「ジャムウ・ハーバルソープ」の詳細へ

  

目次

肌の黒ずみの原因とは何?黒ずみとメラニンと色素沈着の関係って?

  
黒ずみ 肌 原因
  
年齢を重ねるにつれ、シミや黒ずみが気になることが多くなります。これらのトラブルは顔にあらわれやすいですが、脇やお尻などにもできるので注意が必要です。

体にシミや黒ずみができる原因は、肌にメラニンが色素沈着することが関係してきます。メラニン色素は紫外線を受けることで生成される成分ですが、摩擦や締め付けなどの刺激でも作り出されてしまいます。

紫外線の影響が少ない脇やお尻にも黒ずみができる原因は、摩擦や締め付けが関係してくるので気を付けましょう。

摩擦や締め付けの他に、乾燥も黒ずみの原因となります。肌は乾燥すると刺激に弱くなるため、紫外線や摩擦などの影響も強まってしまいます。

メラニンが多く作られ、色素沈着が進めば、肌は黒くなると同時にゴワゴワと固くなります。これは角質が厚くなるためです。角質が厚い肌は刺激に強いというメリットがありますが、見た目が良くないということは女性にとって大きなデメリットです。

色素沈着が関係する黒ずみは、肌の乾燥が大きく関わってくるので、保湿ケアで改善することができます。ヒアルロン酸やコラーゲンを補うことを意識して、スキンケアをしてみましょう。さらに新陳代謝を促すような食生活も効果的です。

肌の黒ずみは下着の摩擦などによる肌のストレスが原因の場合もあるの?

  
黒ずみ 肌 下着
  
黒ずみができる原因は、主に2つのパターンがあります。

1つ目は紫外線による肌ストレスです。紫外線が原因のシミは、顔にできやすいのが特徴です。

2つ目は、下着や衣服による摩擦や締め付け、圧迫です。これらのストレスはお尻にできやすいのが特徴で、脇や背中、腕などにもあらわれやすくなっています。

摩擦や締め付け、圧迫などの刺激が加わると、肌の表面には細かな傷ができやすくなります。この傷による炎症が起こったり、肌の水分が奪われやすくなります。

その状態を防ぐために、皮膚は角質を厚くしたり、メラニン色素を生成します。その結果、黒ずみができるのです。

お尻や背中、腕などの黒ずみをケアするには、ストレスを取り除くことが1番です。摩擦や締め付けが少ない、ゆったりとした下着や服を選ぶようにしてみましょう。また、肌に優しい天然素材の下着を選ぶことも効果的です。

すでにできてしまった黒ずみを薄くするなら、保湿ケアを心がけてみましょう。保湿することで、刺激に強い皮膚にすることができます。

さらに新陳代謝を向上させる効果もあります。新しい肌を作ることで、徐々に黒ずみを薄くしていくことができます。皮膚のターンオーバーは28日周期と言われているので、じっくりとケアすることが大切です。

肌の黒ずみはアトピーや肌荒れが原因で起こるの?自分で出来る治し方って?

  
黒ずみ 肌 アトピー
  
アトピーの特徴として、強いかゆみと肌の黒ずみが挙げられますが、これらの原因はひどい乾燥と、乾燥によってバリア機能が低下し、外部の刺激を侵入させてしまうことによる深刻な肌内部のダメージです。保湿ケアを徹底して行い、肌荒れを治すことが先決です。

自分でできる治し方では、バリア機能を働かせるために、セラミドを補うことが大切なので、セラミドが入ったスキンケアコスメを使いましょう。

また、アトピーや肌荒れを起こしている時は、刺激に敏感になっているため、あまりいろいろなアイテムを塗り重ねることはしない方が良いので、一つでしっかりと保湿ができるオールインワンゲルがお勧めです。

今、人気が高いオールインワンゲルに、セラミド配合の完全無添加処方のものがあり、これは皮膚科医も推奨しており、アトピーや肌荒れを起こしている時にも使用できます。

自分での毎日のケアによる治し方なら、医薬品のような副作用の危険性も少ないです。肌の黒ずみは、身だしなみとして行うカミソリ脱毛も原因の一つなので、自分で処理する場合にも、家庭用脱毛器などを使うのもお勧めです。

黒ずみの治し方は、肌への刺激を減らし、保湿をしっかりと行うことに限ります。

肌の黒ずみはムダ毛の自己処理によるダメージも原因になるの?デリケートゾーンや脇の自己処理の注意点って?

  
黒ずみ 肌 自己処理
  
デリケートゾーンや脇の黒ずみの原因は自己処理による肌ダメージの可能性もあります。

デリケートゾーンや脇の自己処理をすると、肌を傷つけたり保湿ケアを怠るため乾燥しがちになります。肌は乾燥すると刺激を受けやすくなるため、肌内部のメラノサイトが反応してメラニン色素を生成しやすくなります。そのため黒ずみができてしまうのです。

そのため、デリケートゾーンや脇の自己処理をするのであれば、肌にダメージを与えないよう注意しなければいけません。

では、どのようにすればダメージを防げるのかというと、まず重要なのは処理後の保湿ケアです。脱毛サロンでもアフターケアはしっかりするように、自己処理後もケアをしなければ皮膚は乾燥して刺激を受けやすくなってしまいます。そのため処理後は保湿クリームを塗って外部刺激から守ることが必要です。

また、シェービングをする際はなるべくダメージを受けないようにクリームやボディソープを利用することをおすすめします。

このようにデリケートゾーンや脇の黒ずみの原因は自己処理によるダメージの可能性があります。そのため、このような黒ずみを予防するなら処理後はしっかりと保湿ケアをすることをおすすめします。

肌の黒ずみに効く石鹸の詳細はこちら

>管理人おすすめの「ジャムウ・ハーバルソープ」の詳細へ

  

肘や膝の肌の黒ずみは乾燥が原因の場合もあるの?肘や膝の保湿に効果的な化粧水って?

  
黒ずみ 肌 肘
  
あたたかくなり、薄着の季節になると肘や膝の肌の黒ずみが気になるという人は多く、年々黒ずみが増してきているという人もたくさんいます。

肘や膝が黒っぽく、かさかさしていると、老けた印象やお手入れをさぼっているというだらしない印象になってしまうので、つるつるで透明感がある肌で、若々しさをアピールすることがおすすめです。

肘や膝など関節部分の肌には、汗腺が少なく、潤いが足りなくなりがちです。冬の寒い時期にお手入れをさぼっていると、乾燥して、肌のバリア機能や生まれ変わりのサイクルのターンオーバーが低下して、肌が刺激に弱くなります。

刺激に弱くなると、衣服とこすれたり、関節の曲げ伸ばしで皮膚が伸び縮みしたりすることが刺激になって、自分自身を守るためにメラニン色素を放出して黒く、くすんでしまうのです。

肘や膝の黒ずみを予防するためには、保湿をして乾燥を防ぐことがとても大切です。水分をたっぷりと与え、皮膚を保護する油分が含まれている乳液や保湿クリームを塗って、乾燥を防ぐことが黒ずみ対策になります。

化粧水は、セラミドなど保湿成分が含まれている物がおすすめです。乾燥がひどい場合には、化粧水で潤いを与えた後に、刺激が少ないオイルをなじませることもおすすめです。

妊娠中や産後に肌の黒ずみが出来やすい理由って?また、その解消法って?

  
黒ずみ 肌 妊娠中
  
妊娠中や産後にお肌の黒ずみができるのは理由がありますが解消方法もあります。

まず理由ですがホルモンの分泌が多くなるからと言うのがあります。妊娠中は黄体ホルモンと卵胞ホルモンが多くなるのですが、これがメラニンの量を増やしてしまいます。

普段よりも色素沈着を起こしやすく黒ずみがお肌にできやすくなるのです。特に脇などこすれやすい場所は黒ずみが普段よりもできやすいので気になるでしょう。

乳首も黒すみのできやすい部分です。赤ちゃんが乳首の場所を見つけやすいようにという理由で黒ずみができるという説もあります。

他にもシミやそばかすもできやすくなるので美容を気にする方にとっては妊娠中は嫌な事ばかりですが解消はできます。

まず妊娠中や産後はホルモンのバランスが崩れるものと思い一時的に我慢することです。出産後も授乳中はホルモンのバランスが変化した状態ですが次第に妊娠前の状態に戻っていき、お肌の黒ずみも元に戻っていきます。

早く解消したい場合はビタミンC誘導体を使うようにしましょう。これを気になる部分に塗りこむことで美白効果を期待できます。もっと早く効果を期待したいならピーリング剤を使えばいいでしょう。

ただ無理にケアをするのはやめてください。無理のない範囲でケアをしましょう。

肌の黒ずみのケア方法、顔や鼻の毛穴の黒ずみに効く商品ってあるの?

  
黒ずみ 肌 顔
  
顔や鼻の毛穴に黒ずみができてしまった場合、大きく分けると二つのパターンがあります。

一つはお肌の皮脂や汚れ、古い角質等が毛穴に入り込んでしまい、角栓ができて酸化してしまった状態です。もう一つは、メラニン色素が沈着してしまった場合があります。

角栓が酸化して顔や鼻に黒ずみが出来た場合ですと、拭き取り化粧水や果物由来のピーリング成分が配合された洗顔石けんを使用するだけでも効果が得られます。

もちろん、すぐに改善することは難しいですが、毛穴に皮脂や汚れなどが詰まらないようにしたり、古い角質を定期的に取り除いていくことで、お肌をキレイな状態に保つことができるので、黒ずみに悩むこともなくなっていきます。

メラニン色素が沈着してしまっている場合は改善が難しいのですが、美白成分が配合されている商品を試してみると効果が得られるでしょう。

特に化粧水や美容液は、お肌の角質層まで有効成分を届けなければ効果が出てこないので、事前にブースターなどの商品を使用し、浸透しやすい状態にしていくのも良い方法です。

鼻は皮脂が過剰に分泌しやすいですから、洗顔したあとはすぐに保湿するようにしてください。

美白化粧品ですと、プラセンタ、ビタミンC誘導体、ハイドロキノンなどの商品がおすすめです。

肌の黒ずみに効く石鹸の詳細はこちら

>管理人おすすめの「ジャムウ・ハーバルソープ」の詳細へ

  

おしりの肌の黒ずみ対策ってあるの?口コミや評判の良いおすすめの黒ずみ対策って?

  
黒ずみ 肌 おしり
  
いつもお肌のお手入れはきちんとしているつもりなのに、気がついたらおしりが黒ずんでいてショックを受けたという人も多いのではないでしょうか。

おしりが黒ずんでいると友達同士で温泉に行くことやプールへ行くことも躊躇してしまいますし、彼氏に指摘されると恥ずかしくて立ち直れないものです。

おしりの黒ずみは肌の摩擦や刺激によるものですが、刺激に対して肌が細胞を守ろうとすることでメラニンが生成されて黒ずみとして現れるのです。

おしりの黒ずみ対策で口コミや評判の良いおすすめの方法は、締め付けるような下着を選ばずに柔らかい素材の下着を身につけることです。これによって衣類との摩擦を防ぐことができますし、締め付けも緩和することができるので肌の代謝も良くなります。

その他、口コミや評判の良いおすすめの対策は、保湿を行うことです。肌のターンオーバーには時間がかかるので根気よく続けなければいけませんが、硬くなって黒ずんだ皮膚には保湿が効果的です。

また、定期的にピーリングを行うことも口コミや評判の良いおすすめの対策法です。ピーリングやスクラブでマッサージするように行うと古い角質が剥がれてターンオーバーを正常に戻すことができます。

肌の黒ずみは病院の皮膚科で治療出来るの?その料金はいくらくらいかかるの?

  
黒ずみ 肌 病院
  
皮膚科病院で肌の黒ずみを治療する方法の料金についてちょっと調べてみました。

頑固な黒ずみを自力で解消するのは難しいですよね。化粧品や市販薬もたくさんあるけれど、結局どうしていいかわからなくなったり、そんな時は皮膚の専門家に頼るのも有効な手段ですね。

病院によって違いますが、皮膚科で行う方法には、主に、レーザー治療、ケミカルピーリング、塗り薬の処方の3つがあります。

レーザー治療は、レーザーで直接メラニンを壊して、肌のターンオーバーを助けます。料金はレーザーの種類によって1回1万円から10万円を超える高額になる事もあります。安価なレーザー治療でも、回数を重ねれば高額になってしまうので注意が必要です。

ケミカルピーリングは、角質除去で肌のターンオーバーを促して美肌効果も高いです。料金は1回2万円~4万円程度ですが、10回目ぐらいから黒ずみへの効果が出始めるので、10万近い費用が必要になります。

塗り薬は、メラニン色素を破壊、生成もストップするというハイドロキノン配合の塗り薬を処方してもらって、自宅で自分でケアしていく方法です。漂白効果も高いですが、保険適用外なので費用も高く1ヵ月でおよそ3万円は必要です。

料金は高いけれど効果も高い皮膚科の病院での黒ずみ治療法、医師のアドバイスが貰える事も安心ですね。

肌の黒ずみに効く、市販の薬は薬局やドラッグストアで買えるの?

  
黒ずみ 肌 薬
  
黒ずみを改善したいと思ったとき、美容皮膚科に通うのは時間もお金もかかってしまうことから、なかなか行動に移しにくいものです。

しかし、薬局やドラッグストアで購入できる市販の薬で黒ずみケアができるのであれば、費用も手間も抑えられるため、試してみたいと思うのではないでしょうか。

ここでは、黒ずみの改善に役立つ、薬局やドラッグストアで購入できる市販の薬について紹介します。

1、パイナップル&豆乳ローション
黒ずみの原因となるメラニンの生成を抑え、豊富な保湿成分と美白成分によって美肌へと導きます。ムダ毛を処理した後のお肌のケアとしても使用できます。

2、白ワキ姫
古い角質を落とし、美肌へと導きます。ヒアルロン酸やアロエベラエキスなどの美容成分も含まれており、肌のダメージ軽減にも効果的です。

3、アンティームオーガニックホワイトクリーム
乳液のようなテクスチャで、ワキの黒ずみ改善に役立ちます。口コミでも評判の商品です。

以上、いかがでしたでしょうか。
これらは、いずれも市販の薬で、薬局やドラッグストアで購入することができます。料金も比較的お手頃で購入しやすいものばかりのため、気になる人はぜひ参考にしてみてください。

肌の黒ずみに効く石鹸の詳細はこちら

>管理人おすすめの「ジャムウ・ハーバルソープ」の詳細へ

  

肌の黒ずみを隠すメイク方法って?黒ずみを隠すのに効果的な化粧品やファンデーションにはどんなものがあるの?

  
黒ずみ 肌 隠す
  
肌の黒ずみを隠すメイクをしたい時には、ウォータープルーフのファンデーションなど、水や汗に強い化粧品をチョイスすることをおすすめします。

ワキや二の腕、デリケートゾーンなどの黒ずみを隠す場合は、トミーリッチのアンダーアームファンデーション、三善のフェイス&ボディファンデーションが特に使いやすいです。肌の黒ずみを隠す効果が高いのはもちろん、水や汗にも強いので、夏場でも落ちてしまう心配がいりません。

三善の化粧品は、舞台向けに作られているものですので、カバー力もかなり高いですし、色素沈着がひどい場所に使っても、しっかりと隠すことができます。

メイクで隠しても、洋服や下着に化粧品の色が移ったりするのではないかと不安を感じる方もいるかもしれませんが、これらのファンデーションは色が移ることもありません。

また、水や汗に強いということで、肌に刺激を与えるような成分が多く含まれているといった印象を抱く方もいるでしょう。確かにカバー力も高く、使い勝手の良い化粧品ですが、お肌に負担をかけない成分が使われているので、安心して使ってみてください。

これらの化粧品で黒ずみを隠したら、ティッシュで軽く押させるメイク方法を行うと肌馴染みが良くなるので、試してみてください。

肌の黒ずみは洗顔やクレンジングによっても改善出来るの?黒ずみにおすすめの石鹸って?

  
黒ずみ 肌 クレンジング
  
お肌の黒ずみというのは、毛穴に皮脂や汚れ、古い角質などが詰まってしまった結果、時間とともに酸化したものが原因ですので、改善するには洗顔やクレンジングが重要になってきます。

とはいえ、洗浄力が強い洗顔料、クレンジング剤を使用すると、さらに黒ずみが悪化してしまう可能性も否定できません。お肌にも負担をかけてしまうので、できるだけ洗顔の際には石鹸を使用するようにしましょう。石鹸は、余計な成分が含まれていませんので、お肌に負担をかける心配もいりません。

また、黒ずみを解消するためには、ターンオーバーを促進させることも欠かせないことです。ターンオーバーが正常でないと、再び毛穴に古い角質が詰まってしまうので、正常化させたほうがいいのです。

おすすめしたいのは、敏感肌の人でも安心して使用できる牛乳石鹸です。昔からある商品なので、知っている方も多いでしょう。

同じブランドが販売している無添加石鹸も非常に使いやすいです。

お肌に優しいファンデーションなどを使用すれば、クレンジング剤を使用しなくても石鹸で洗い落とすことができますし、刺激を与える心配もないので、おすすめです。

洗顔の際には、しっかり泡立てて、その泡で優しく撫でるように洗っていきましょう。これだけで改善できてしまうので、おすすめの方法です。

肌の黒ずみに効果的なクリームやオイルはあるの?そのクリームやオイルを使ったケア方法って?

  
黒ずみ 肌 クリーム
  
これからの季節、紫外線などによる肌のダメージが気になりますね。

若い頃は少々無茶をしていても気にならなかったのが、歳を重ねることでシミやソバカスなど肌の黒ずみとして気になりだしたという人も多いでしょう。

肌の黒ずみはメラニン色素が沈着することで起こります。紫外線や乾燥などのダメージが、メラノサイトを刺激することでメラニンが分泌されます。

その黒ずみをケアする方法として、美白クリームやオイルを使う方法があります。

ケアの方法として、一つはメラニンの生成を抑制し黒ずみの原因を取り除くこと、もう一方は現在蓄積しているメラニン色素を排出することです。

メラニンの生成を抑制するためには、肌へのダメージを軽減し保湿を心がけるようにすることです。そのためには、保湿クリームを使用することで肌の調子を整え、美容オイルなどで栄養を補給しターンオーバーを促すことで皮膚のメラニン色素を体外に排出するようにします。

そのクリームやオイルでお勧めなのが、富士フィルムの「アスタリフト」です。

化粧水からクリーム、オイルと同シリーズでトータルでケアできるのが人気の秘訣で、美白に効果的な成分や保湿成分が配合されているため、黒ずみ対策には効果的です。

肌の黒ずみに効く石鹸の詳細はこちら

>管理人おすすめの「ジャムウ・ハーバルソープ」の詳細へ

  

文責:ひとみ

コメントは受け付けていません。