目の周りに黒ずみができる原因と解消法|目元の黒ずみをケア

目の周り 黒ずみ
目元などの目の周りの黒ずみは目立つということもあり、気になりますよね。

目の周りの黒ずみの原因には乾燥やアトピー、病気などが考えられます。また、改善方法も様々です。

今回は、目の回りに黒ずみができる原因、目のまわりの黒ずみをクリニックや病院で治療する方法、自宅でできる効果的な黒ずみケア方法、効く市販薬を詳しく説明していきます。

また、目もとの黒ずみを隠す方法についても解説しています。これらの情報が役立てば嬉しいです。

目の周りや毛穴の黒ずみに効く商品ランキングへ

>管理人イチ押しの「ソワン」の詳細はコチラ

  

目の周りの黒ずみの原因って?メラニンや色素沈着との関係とは?

  
黒ずみ 目の周り 原因
  
年齢を重ねていくと目の周りや頬などでシミのような黒ずみができやすくなりますが、これらの肌トラブルの原因はメラニン色素や色素沈着が深く関係してくるので理解しておきましょう。

肌が黒ずんでしまうのは、肌の中で過剰にメラニン色素が作られるのが原因です。メラニン色素には肌のバリア機能を高めるという働きがありますが、多く作られすぎると肌のターンオーバーが間に合わなくなり、色素沈着を起こします。

メラニン色素は基本的に黒い色をしているので、沈着をしてしまうとシミやそばかすなどの黒ずみとして残るのです。

シミやそばかすが目の周りや頬などにできやすいのは、皮膚の厚さが関係してきます。これらの部位は非常に皮膚が薄いため、沈着した色素が目立ちやすくなります。

黒ずみができる原因といえば紫外線が有名ですが、スキンケアによる肌の摩擦やムダ毛の処理、エアコンなどの風や乾燥などの刺激も増える要因となるので注意が必要です。

特に目の周りの皮膚はデリケートなので、スキンケアの力加減が原因として大きく関係してきます。力が加わらないよう優しくケアすると同時に、美白成分配合の化粧水やクリームの使用もおすすめです。

美白成分にはメラニンの生成を防ぐタイプと、色素沈着をケアするタイプがあるので、上手に使用するのがポイントです。

目の周りの黒ずみはアトピーが原因でも起こるの?アトピーによる黒ずみを治すクリームって?使い方は?

  
黒ずみ 目の周り アトピー
  
目の周りの黒ずみはアトピー性皮膚炎が原因で起こる場合がありますが、市販のクリームをつかうと治すことができるケースがありますので、正しい使い方をマスターするのが良いでしょう。

アトピー性皮膚炎の症状は全身に発症しますが、目の周りは特に好発部位として知られています。

目の周りは皮膚が薄いため、肌のダメージを受けやすく炎症後の黒ずみが起こりやすい部分です。気になる症状を治すためには、ピーリングや保湿が効果的です。

アトピー性皮膚炎の肌は刺激に弱いので、あまり強い刺激が加わる化粧品は適しませんが、穏やかに作用するピーリングクリームやホワイトニングクリームなどを使ったケアをすることで、徐々に症状を改善させることが可能です。

黒ずみは急激に治るものではなく、ターンオーバーとともに徐々に治すことが出来るものですので、焦らず根気良くスキンケアをするのがポイントです。

黒ずみを改善させるクリームの使い方は簡単で、症状が出ている部分に優しく塗りこみます。あまり頻繁に使うよりは、朝晩のお手入れの時にとりいれるといった使い方がおすすめです。

成分としては、ホワイトニングクリームの場合ビタミンC誘導体が配合されたものが効果的です。

目のまわりの黒ずみは何かの病気の心配もあるの?症状や違い、見分け方って?

  
黒ずみ 目のまわり 病気
  
目のまわりが黒ずんでいるとどこか不健康に見えてしまったり、アイメイクをしても綺麗に映えないのでせっかくの外出も憂鬱な気分になってしまいます。

子供の頃は黒ずみなんてなかったのに、最近になって目のまわりの黒ずみが出てきたという人はやはり病気ではないかと心配になってしまうものです。

病気の症状の見分け方はいつも顔色が悪かったり、歯ぐきが黒ずんでいたり、舌の裏側が青紫色になっているという症状がある人は病気の可能性があります。

また、生理痛が酷くてレバーのような血が出る、からだのどこかに鋭い痛みなどの症状も黄色信号です。

いずれも簡単な見分け方なので、心配だという人は一度専門の医療機関へ受診するのをお勧めします。

目のまわりの皮膚は他に比べて非常に薄いのですが、体の不調は皮膚が薄い場所へ出やすくなっています。目のまわりの黒ずみは病気や体調不良のサインです。原因のひとつに血行不良によるクマがありますが、これは目のまわりだけではなく、からだ全体が血行不良になっているのです。

軽度の場合はからだの血行を良くすることで黒ずみも改善することができますが、もし心配なら見分け方を参考にして受診してみると良いでしょう。

目の周りや毛穴の黒ずみに効く商品ランキングへ

>管理人イチ押しの「ソワン」の詳細はコチラ

  

目元の黒ずみを隠すメイク方法って?そのメイクにおすすめのファンデーションやコンシーラーとは?

  
黒ずみ 目元 隠す
  
目元の黒ずみをメイクでうまく隠すにはファンデーションの前にコンシーラーを使うと効果的です。

まずはメイク前に蒸しタオルを使って温め、目元の血行をよくすることです。そして乾燥が原因で黒ずんでしまう場合が多いので、しっかり化粧下地やクリームなどで保湿するのも大切です。

保湿をしっかりしていないと、コンシーラーにファンデーションを重ねてメイクするので時間経った時にメイク崩れを起こしやすくしてしまうので、しっかり保湿してから行うことでより黒ずみをきれいにカバーすることができます。

またコンシーラーにはいくつかの種類がありますがパール感があり、スティックタイプのものが崩れにくく黒ずみをしっかりカバーしてくれます。

また目元の黒ずみの範囲が広い人にはのびの良いクリームタイプもお勧めです。

クリームタイプは筆を使って肌につけていくので自分の肌にあったコンシーラーが見つからないという人にはいくつかの色のコンシーラーを使って色を混ぜながら使うことでより効果的に目元の黒ずみを隠すことができますし、次に塗るファンデーションに合った色に合わせることもできます。

またファンデーションを塗る前にはティッシュなどで軽く肌を押さえて余分な油分を取り除いてから塗るのが大切です。

隠すだけでなく、きれいにカバーするのが大切です。

目もとの黒ずみは病院の皮膚科で治療できるの?その治療の料金相場っていくらぐらいなの?

  
黒ずみ 目もと 病院
  
目もとの黒ずみは皮膚科で治療することができるので、病院でどのくらいの料金がかかってしまうかについて見ていきます。

目もとに黒ずみがあると、ちょっと異常な見た目になってしまうので、放置してしまうのはナンセンスです。市販のクリーム等で対処する選択肢もありますが、良い成果が得られないケースが少なくないので、皮膚科で治療をした方がいいと言うことができます。

それでは病院でどのくらいの料金がかかるかを説明していきます。

まず、メジャーな方法であるヒアルロン酸注入を挙げることができます。1本5万円~10万円かかりますが、1回だけで効果が出ない場合もあるので、数十万円は覚悟しておく必要があります。

また、高濃度ビタミンC点滴があります。これは1回5000円程度の料金になっています。ただ、継続するのがベストなので、月に2回と考えて月に1万円ほどは許容してください。

安く抑えたいと考えている方がいるかと思われますが、1番重視するべきポイントは目もとの黒ずみを改善することになります。

皮膚科の病院選びを安さだけで選んでしまうと、安全性に問題が生じたり、効果が出ないという場合があるので、何のために治療を受けるのかをよく考えて選ぶべきです。

目の回りの黒ずみをクリニックなどでピーリング治療することは出来るの?ピーリング治療のメリットとデメリットって?

  
黒ずみ 目の回り クリニック
  
目の回りの黒ずみが気になる方は、クリニックなどでピーリング治療を受けると良いでしょう。ただしメリットとデメリットがあるので、よく考えてから足を運ぶようにしてください。

目の回りの黒ずみは病気ではないので、クリニックに行くときは通常の皮膚科ではなく、美容皮膚科や美容外科で治療を受けるようにしましょう。

目の回りの黒ずみを治療する方法は複数ありますが、肌に残っている古い角質が原因の方には、ケミカルピーリングがおすすめです。

通常、お肌はターンオーバーにより、28日周期で生まれ変わりますが、年齢が高くなったり、ホルモンバランスが乱れると、サイクルが乱れ、古い角質が排出されずに、肌に残りやすくなります。

ケミカルピーリングで、特殊な薬剤を肌に塗れば除去できるため、綺麗な肌になりますし、肌のターンオーバーの乱れも整うというメリットがあります。

茶クマのような、色素沈着による目の下のクマには効果が高く、メリットがある治療法なので試してみるようにしましょう。

クリニックでケミカルピーリングを受ける際のデメリットは、保険がきかないため、1回1万円前後の治療費がかかることです。しかも一度で良くなるわけではなく、何回か継続して受けなければならないので、通うのが面倒なのもデメリットになります。

目の周りや毛穴の黒ずみに効く商品ランキングへ

>管理人イチ押しの「ソワン」の詳細はコチラ

  

目の回りの黒ずみに効果的な解消法ってあるの?自宅で簡単にできる解消法って?

  
黒ずみ 目の回り 効果的
  
スキンケアにはいつも気を配っているはずなのに、気がついたら目の回りが黒ずんでいたという経験をしたことのある人もいるのではないでしょうか。

目の回りが黒ずんでいるとなんとなく暗い印象を与えますし、メイクも綺麗に乗らないのでせっかくの外出も憂鬱な気分になってしまいます。

目の回りの黒ずみは血行不良によるもの、またメラニンの蓄積、肌のターンオーバーが乱れていることが挙げられます。

自宅で簡単にできる解消法として効果的なのは、ホットタオルを当てて血の巡りを良くする方法です。冷たいタオルと温かいタオルと交互に当てることでさらに血流が良くなるので目の回りの黒ずみには効果的です。

ただし、これは一時的な改善方法なので、根本から治すためにはからだ全体の血流を良くする必要があります。

からだ全体の血のめぐりを良くする自宅で簡単にできる解消法は半身浴です。入浴はシャワーだけで済まさずにしっかりと湯船に浸かるようにしましょう。

38度から40度のぬるめのお湯にゆっくりと浸かることによって、からだ全体の血行が良くなり、黒ずみを改善できます。

加えて湯船の中でのマッサージも自宅で簡単にできる解消法です。リンパの流れにそってマッサージを行うと効果的です。

化粧品や化粧水を使った目のまわりの黒ずみのケア方法とは?おすすめの化粧品や化粧水って?

  
黒ずみ 目のまわり ケア
  
女性を中心に、目のまわりに黒ずみができて悩んでいる人はとても多いです。黒ずみが目立つと、肌が汚く、人前ですっぴんになれずに困ってしまいます。

そもそも目のまわりと言うのは、体の中でも最も皮膚が薄い場所です。しかも、皮脂腺もないので乾燥しやすいために、外部からの刺激に対してかなりデリケートな箇所でもあります。

つまり、毎日のアイメイク方法、クレンジング方法が間違っていると大きな刺激になってしまいます。すると、防御のためにメラニンを生成するので、それが色素沈着して黒ずみになってしまうというわけです。

目のまわりの黒ずみを解消する方法は、毎日、保湿性の高い化粧水、化粧品でスキンケアをする事です。

というのも、目のまわりの肌をしっかり保湿することで、乾燥などで乱れているターンオーバーを整えることができるからです。すると、沈着してしまったメラニンがスムーズに排出され、皮膚がきれいに生まれ変わるというわけです。

保湿効果の高い化粧品でおすすめなのは、ヒアルロン酸、コラーゲンなど保湿成分がたくさん配合された化粧水です。

さらに、化粧水でケアした後は、目元専用のアイクリームという化粧品でケアするとさらに効果的です。時間をかけて根気良くケアする事で、改善されます。

目元の黒ずみに効く市販の薬は薬局やドラッグストアに売っているの?

  
黒ずみ 目元 薬
  
目元は皮膚が薄くデリケートな部分なので、黒ずみ解消の為の薬選びには注意を要しますが、薬局・ドラッグストアで買える市販品の中にも対処可能なものがあります。

幾つか市販薬の例を挙げると、まずケシミンクリームが該当します。色素沈着による黒ずみの解消には特に強く、もともとピンポイントでケアをする事を意識した商品です。デリケートな目元でもしっかり効果を発揮してくれるので、多くの薬局・ドラッグストアに置かれています。

次に、イハダプリスクリードAAを挙げる事が出来ます。黒ずみのみならず、ニキビ跡・シミの改善にも効果を発揮し易いのが特徴で、顔全体のケアにも用い易い商品です。

そして最後に挙げるのが、豆乳ローション系の市販薬です。このタイプは種類が多く、薬局・ドラッグストアでも多数販売されているので選択はし易いです。

一方でアルコールを含むタイプのものがあり、目元のケアには使えないタイプの商品も混ざっているカテゴリです。その為、成分や注意書きを良く見定めた上で購入する必要があります。

この他にも幾つかの市販薬の使用が考えられますが、デリケートな部分だけに目元の使用に問題が無い事がハッキリしているものを購入し、用法や用量をきっちりと守る事が重要です。

目もとの黒ずみの改善方法って?実際に体験した人の口コミや評判は?

  
黒ずみ 目もと 改善
  
普段からお肌のケアはきちんとしているのに、気がついたら目もとが黒ずんでいたという体験をしたことのある人も多いのではないでしょうか。

目もとが黒ずんでいるとやつれたように見えたり、暗い印象を与えてしまうので女性にとっては深刻な悩みでもあります。

目もとの黒ずみを改善するために実際に体験した人の口コミや評判を参考にして試してみても、なかなか改善することができなかったという人も実際には多いのです。

目もとの黒ずみの原因は血行不良によるものや肌のターンオーバーの乱れ、また肌への刺激による色素沈着が挙げられます。

実際に体験した人の口コミや評判の中で最も効果が高い方法は、生活習慣を改善することです。生活習慣が乱れていると血の巡りが悪くなるので、どれだけ肌に良いとされる栄養を摂ったとしてもお肌まで栄養を届けることができないのです。

生活習慣の乱れは血行不良を招くので、夜更かしをせずに早寝早起きを心がけ、適度な運動を習慣にして、バランスのとれた食生活に改善していくことで黒ずみを除去できます。

その他、実際に体験した人の口コミや評判の中にピーリングで改善できたという声もあります。ただし目もとはデリケートな部分なので、優しく行うようにすることをお勧めします。

目の周りや毛穴の黒ずみに効く商品ランキングへ

>管理人イチ押しの「ソワン」の詳細はコチラ

  

文責:ひとみ

コメントは受け付けていません。