黒ずみのケアに効果的なクリーム|毛穴や膝などの黒ずみケア方法

黒ずみ ケア
黒ずみをケアするにはどうしたらいいのでしょうか?

黒ずみは乾燥や肌のターンオーバーの乱れ、脱毛などの自己処理などが原因で起こるのですが、ケアをしていくことで改善が期待できます。

ここでは、顔や鼻、ちくびや肘、膝、デリケートゾーンなどの体の黒ずみをケアするのに効果的なクリームや化粧品、塗り薬などを紹介します。

これらの情報があなたに役立てば嬉しいです。

肌の黒ずみのケア方法で、効果の高い黒ずみ除去方法って?

肘や膝、くるぶしなどの関節部分や顔などに黒ずみができると、実際の年齢よりも老けて見られたり、お手入れが足りないイメージになってしまったりするので、気になっている場合は、きちんとケアをするのが大切です。

黒ずみは、肌にメラニン色素が過剰に放出されることで黒っぽく見えるようになるのが原因です。肌は、刺激を受けると、日焼けをした時と同じように、自分自身を守ろうとしてメラニン色素を放出する性質があるため、バリア機能を高めて、刺激に強くなることが大切です。

乾燥した肌は、バリア機能が低下する傾向があります。保湿ケアをしっかりとすることで、メラニン色素の放出を防ぐ効果が期待でき、黒ずみ除去に効果的です。

黒ずみ除去の方法で効果が高いのは、セラミドなどの保湿成分を含んだ化粧水でたっぷりと潤いを与える方法です。保湿ケアを続けることで、バリア機能が回復し、肌の生まれ変わりを促進する効果が期待できます。

保湿をした後には、水分が蒸発するのを防ぐために、油分を補う乳液やクリーム、オイルなどを優しくつけましょう。力を入れると刺激になってしまうので優しく塗るのがポイントです。

黒ずみを除去するためには、保湿効果を高めるために、余分な角質をスクラブなどで取り除くのもおすすめの方法です。

黒ずみ ケア 効果

脱毛などの自己処理によるダメージで黒ずみが出来てしまった場合のケア方法って?

肌の黒ずみが目立ってしまうと水着を着るのはもちろん、タンクトップを着るのも躊躇してしまうものです。常に他人の視線が気になりますし、好きな男性や彼氏に指摘されるとショックで立ち直れないという人も少なくはないでしょう。

肌の黒ずみの原因は肌のターンオーバーの乱れや乾燥によるものもありますが、一番大きな原因として脱毛などによる自己処理が考えられます。

確かにムダ毛の自己処理は手軽にできるので便利なのですが、カミソリはムダ毛だけではなく皮膚まで削ってしまうので、大きなダメージを与えることになるのです。

ダメージを受けた肌はダメージから守るためにメラニンの生成を活発にするので、それが肌の黒ずみとして現れるのです。

黒ずみを改善するためのケア方法としては、脱毛などの自己処理は行わずにエステなどの脱毛サロンで処理をしてもらうことです。

また、週に一度のピーリングで古い角質を取り除くケアも行った方が良いでしょう。ゴシゴシと擦ることで黒ずみが消えるとイメージする人もいますが、肌を擦ると逆効果になるので、優しくマッサージをするように行うことがケアのポイントです。

肌のターンオーバーは最低でも2週間は必要なので、根気よくケアするのをお勧めします。

黒ずみ ケア 脱毛

顔の黒ずみのケア方法、洗顔やクレンジングを正しく行えば顔の黒ずみは改善するの?顔の黒ずみに効果がある石鹸って?

顔の黒ずみやくすみに悩む女性も多いですが、メイクで隠そうとすると厚塗り感が出てしまうので、あまりお勧めできません。

それよりも洗顔やクレンジングなど、スキンケアを見直すことで、顔全体の肌を美しく整えることが出来るので、肌の調子が良くないと感じているなら、ぜひ、取り組んでみましょう。

肌の黒ずみやくすみは、ターンオーバーが正常に機能していないことが原因なので、しっかりと保湿をして肌に潤いを与えるのが大切です。

スキンケアコスメの成分をしっかりと肌内部に浸透させるためにも、毎日の洗顔およびクレンジングでは、汚れをきちんと落としつつも、肌が必要としている潤いまでは奪わないようにすることが重要です。

洗顔はピーリング石鹸がおすすめで、たっぷりの泡でパックをすれば、肌トーンが一気に上がります。クレンジングは、オイルは乾燥を引き起こすので避け、クリームやジェルタイプを選びましょう。

ピーリング石鹸は顔だけではなく、ザラツキが気になるひじやひざ、かかとのケアに使えば、角質を柔軟にしてくれます。

ピーリング石鹸でしっかりと汚れを落としたあとは、美白成分入りのオールインワンゲルなどでケアすれば、肌摩擦をぐっと減らせ、黒ずみ改善に効果的です。

黒ずみ ケア 顔

鼻のポツポツとした毛穴の黒ずみのケア方法って?イチゴ鼻と呼ばれる毛穴の黒ずみの原因って何?

鼻の毛穴に汚れや古い角質などが詰まっていくと、角栓が酸化して黒ずみになることがあります。鼻の毛穴に角栓が詰まり、黒ずみになることで見た目がポツポツしてくるので、イチゴ鼻と呼ばれる状態になってしまいます。

このようなポツポツしたイチゴ鼻を改善するためには、きちんとスキンケアをしていくことが欠かせません。

まず、最も重要なケアは、洗顔です。メイクなどを落とす時にクレンジング剤を使用する方がいますが、お肌に負担をかけてしまい、毛穴が余計に開いてポツポツが悪化することもあるため、洗顔石けんを使うようにしましょう。

最近は石けんで洗い落とすことが可能な化粧品も多いので、是非試してみてください。

洗顔石けんは、定番の牛乳石鹸や最近流行しているココナッツオイル配合の商品などが有効です。汚れをきちんと落としつつ、過剰に皮脂を取り除くようなことがないので、お肌が突っ張ることもありません。

イチゴ鼻のケアをするには、しっかり泡立てて、その泡で洗うようにすることが肝心です。鼻は毛穴が詰まりやすいため、化粧水を塗るだけでは保湿が不十分なこともあるので、ブースターや拭き取り化粧水で浸透しやすい状態にして化粧水を使うと、黒ずみも改善しやすいです。

黒ずみ ケア 鼻

ちくびやバストの黒ずみのケアはどのように行えば良いの?ちくびやバストの黒ずみの治し方として人気のある商品って?

ちくびやバストの黒ずみに悩む女性やケアの仕方が分からないという人は多くいますが、人気の治し方をご紹介します。

まず、毎日できるケア方法として有効なのはクリームによる保湿ケアです。

ちくびやバストの黒ずみの原因は下着による摩擦やムレ、乾燥による刺激です。肌は刺激を受けると防御反応としてメラニン色素を生成してしまいます。さらに刺激に弱い肌はターンオーバーも低下しているため古い角質が剥がれにくく、黒ずみができてしまうのです。

このようなちくびやバストの黒ずみに効果的なのが「ピューレパール」という美白クリームです。ピューレパールは脇専用の美白クリームですが、低刺激処方のためバストやデリケートゾーンにも使うことができます。

そのため様々な部位の黒ずみの治し方として人気が高いのです。

さらにこのクリームには美白成分の他に潤い成分や肌のターンオーバーを整える効果がある美容成分が配合されています。そのため黒ずんだ角質のターンオーバーを促し、綺麗なピンク色にすることができるのです。

このようにちくびやバストの美白ケアとして人気の治し方は「ピューレパール」という美白クリームです。ベタつきも抑えられているため、デリケートな部分にも使いやすく続けやすくなっています。

黒ずみ ケア ちくび

膝や肘、くるぶしなどの関節の黒ずみのケア方法って?関節を乾燥から守れる、黒ずみケア方法を紹介!

膝や肘、くるぶしなどの関節は、曲げ伸ばしの他にも毎日の何気ない動作によって外部からの刺激を受けています。

例えば頬杖をついたり、お仕事中に膝をつく、サイズの合っていない靴など、こうした「擦れ」が黒ずみとなって現れてしまいます。一番はそうした動作を意識して行わないようにすることですがなかなか難しいですよね。

黒ずみの原因となる肌のメラニン生成は、保湿によってケアすることができます。肌のトラブルケアには一に保湿、二に保湿、三、四も保湿で五も保湿。膝、肘、くるぶし、毎日私たちのために頑張ってくれている関節をしっかりケアして、黒ずみによる悩みから解放されましょう。

保湿を謳う化粧品や薬用クリームはたくさん販売されていますが、毎日肌に使うもの、できるだけ優しい成分で、しかも手軽に手ごろに購入できるアイテムを使用したいですよね。

一番のおすすめは「ワセリン」です。ドラッグストアで三百円ほどで購入することができます。

ワセリンは「肌を保護する」というシンプルなアイテムです。敏感になっている肌にでも安心して使うことができます。膝、肘、くるぶしなどの関節にワセリンを薄く覆うように塗ることで、肌をしっかり保護することができます。

ワセリンを味方につけて刺激から肌を守りましょう。

黒ずみ ケア 膝

デリケートゾーンなどの陰部の黒ずみのケアは自宅で簡単にできるの?自宅でできる陰部の黒ずみケア方法って?

普段からお肌やムダ毛の手入れをしている女性は非常に多いですよね。身だしなみの一部として、普段から気にしている人は多いのではないでしょうか。

皆さんの中に陰部やデリケートゾーンの黒ずみについて悩んでいる方はいませんか?普段人に見られることのない部分ですが、黒ずみがあると気になりますよね。

自宅で簡単に陰部やデリケートゾーンの黒ずみのケアについて紹介しますので、ぜひケアを行ってみてくださいね。

①デリケートゾーン専用の石鹸を使用する
市販されている石鹸の中には、陰部やデリケートゾーンに対しては刺激の強いものが多いです。
陰部専用の石鹸だと、肌のターンオーバーを活性化する成分が含まれているものもあるので、黒ずみケアに効果的です。自宅で簡単に実施することができます。

②刺激を避ける
肌に刺激が加わるとメラニンが産生され、黒ずみの原因となってしまいます。普段身に着ける下着を刺激の少ないものに変更しましょう。コットンやシルクなどの材質のものがおススメです。

③食事に工夫
体の内面から肌のターンオーバーを促しやすい生活を心がけることも大切です。たんぱく質や亜鉛、ビタミンCなどの栄養素を積極的に摂取するようにしましょう。

自宅で簡単にできるケアについて紹介しました。今後の参考にしてくださいね。

黒ずみ ケア デリケートゾーン

産後や妊婦さんのお腹などの黒ずみはどのようにケアすれば良いの?おすすめの黒ずみケア商品って?

産後の妊婦さんは、お腹に黒ずみが起こることがありますが、ホワイトニングケアができる商品で改善できるケースがあります。

産後の妊婦さんの肌はとってもデリケート。妊娠中や出産中には肌がダメージを受けやすく、また、お腹が大きい時は細部にまで目が行き届かないためケアを怠りがちです。

産後の妊婦さんのお腹の黒ずみには、ホワイトニング化粧品を使うのが効果的です。

化粧水やクリームなど、ホワイトニングできる商品にはいろいろなタイプがありますが、お腹専用のものでなくても構いませんので、ビタミンC誘導体が配合された商品を使って毎日入浴後にケアするのがおすすめです。

黒ずみの原因にはいろいろなものが考えられますが、摩擦や外的刺激によって黒ずむことがありますし、妊婦さんの場合はホルモンバランスも急激に変わりますので、内側にも外側にも黒ずみの原因になり得る要素があります。

黒ずんでいるのが気になったら、毎日ビタミンC誘導体が入った化粧品を使ってマッサージするのが良いでしょう。

化粧水やジェル、クリームなど様々なテクスチャのものがありますが、使いやすいタイプを選ぶのがおすすめです。

肌が弱い方は敏感肌用の化粧品を使ってケアすると肌に優しく効果的です。

黒ずみ ケア 産後

黒ずみのケアに効果的なクリームは市販で薬局やドラッグストアにも売ってるの?

黒ずみのケアに効果がある市販のクリームは、薬局やドラッグストアにも売られているのですが、種類はそれほど多くありません。

ワキの黒ずみに悩まされているのでしたら、メンソレータムのワキレ ホワイトがおすすめです。薬局やドラッグストアでも見つけやすい市販のクリームですし、黒ずみケアの効果も高いと口コミサイトでも評判が良いです。

ただ、ワキ以外のパーツにはあまり使うことができません。お尻や二の腕ならメンソレータムのワキレ ホワイトを使っても大丈夫かと思われますが、デリケートゾーンには使用しないほうがいいでしょう。

エステニーの薬用ボディホワイトナーであれば、Vラインなどの黒ずみもケアすることができますし、ボディパーツ全般に使用することができるクリームですので、色素沈着を起こしているパーツが多いという方は、薬局やドラッグストアでエステニーの薬用ボディホワイトナーを購入することをおすすめします。

市販のクリームを使っても色素沈着が改善できなかったという場合は、イビサクリームのような公式通販サイトを利用して購入できる商品を試していただきたいです。薬局やドラッグストアには売っていなくても効果の高い商品は色々あるので、おすすめです。

黒ずみ ケア クリーム

黒ずみのケアに良く効く化粧品って?実際に体験した人の口コミや評判で人気のある化粧品は?

黒ずみのケアに効果がある化粧品にはさまざまな種類があり、商品によって体験者の口コミ評判の内容も変わってきます。

例えば、顔の黒ずみケアに効果がある化粧品ですと、ビーグレンの毛穴ケアプログラム、ディセンシアのアヤナスシリーズが特に口コミ評判が良いです。

どちらの化粧品も、ただ毛穴をキレイにするだけではなく、アンチエイジングの効果も期待できます。

お肌のたるみや乾燥などを放置しておくと、毛穴がどんどん開いてしまい、せっかくクレンジング等でキレイにしてもすぐにまた詰まってしまいます。そして、結果的に黒ずみが悪化していくような仕組みですので、やはりアンチエイジングを行いながらケアしていくことがベストです。

実際に体験した人の感想には、お肌にハリや弾力が出てきて毛穴が小さくなった、黒ずみが気にならなくなったといった書き込みが多いです。

デリケートゾーンやワキ、二の腕など、メラニン色素による黒ずみに悩まされている方には、イビサクリームのような美白効果の高い化粧品をおすすめします。

ボディ専用の美白クリームは、口コミ評判も良く、色素沈着を改善することができたり、お肌をしっかりと保湿できるようになった、くすみも消えたといった体験談が多いです。

黒ずみ ケア 化粧品

文責:ひとみ

コメントは受け付けていません。