黒ずみを取る方法|鼻や毛穴の取れない黒ずみの取り方も解説!

黒ずみ 取る
黒ずみを取る方法ってどんなものがあるのでしょうか?

黒ずみって気がつくとできていたりして、なかなか取れないこともあって困るんですよね。

今回は、顔や鼻、脇、肘などの肌にできた黒ずみの取り方や、皮膚科での黒ずみの治療法、黒ずみを取るのに効果的なクリームや市販薬、口コミで評判が良い化粧品などを紹介します。

ここで説明する黒ずみの取り方があなたの役に立てば嬉しいです。

肌の黒ずみを取る、効果的な方法って?おすすめの黒ずみ解消の方法を紹介!

肌が黒ずんでいると何となく不健康に見えてしまったり、実年齢よりも老けて見られる場合が多いのも事実です。顔が黒ずんでいるとメイクをしても上手く乗らなかったり、せっかくの外出も憂鬱な気分になるものです。

顔の黒ずみの原因は紫外線や血行不良、肌のターンオーバーの乱れによるものが挙げられます。

紫外線が原因の場合の肌の黒ずみを取るおすすめの方法はやはり日ごろからの紫外線対策が最も効果的だといえます。

血行不良による肌の黒ずみを取るおすすめの方法は適度な運動を心がけることです。運動をすることで血の巡りが良くなり、血色も良くなって黒ずみを解消できます。

肌のターンオーバーが乱れているのが原因である場合は、一度自分自身の生活習慣を見直して改善していくのをおすすめします。バランスの良い食生活はもちろん、良質な睡眠、また適度な運動を心がけることで乱れたターンオーバーを正常化することができます。

この方法に加えて効果的な方法は、週に1度のピーリングを行うのが効果的です。ピーリングを行うことによって古い角質を取ることができますが、あまりゴシゴシと擦りすぎると逆効果になるので、優しくマッサージをするように行うのが大切です。

黒ずみ 取る 効果

顔や頬の取れない黒ずみを効果的に取る方法ってあるの?また、自力でも簡単にできる方法って?

顔や頬が黒ずんでいると実年齢よりも老けて見られる場合が多く、またメイクをしてもきれいに乗らないので外出をするのも億劫になりますよね。

顔や頬の取れない黒ずみの原因は加齢によって肌のターンオーバーが乱れていたり、毛穴が詰まっていることですが、どちらにしても女性にとっては深刻な悩みでもあります。

顔や頬の取れない黒ずみを簡単に改善するためには、まず週に1度か2度のピーリングを行うと効果的です。ピーリングを行うことで古い角質の除去ができるので、新しい肌の再生を促したり、毛穴の詰まった汚れを取り除くことができるので効果的です。

しかし、肌を強くこすってしまうと刺激によってメラニンの生成が活発になり、逆に取れない黒ずみの原因になってしまうので要注意です。

強くこすると汚れや角質が簡単に取れるような気がしますが、肌に大きなダメージを与えることになるので優しくマッサージをするように行うと効果的です。

また、ピーリング後は肌が乾燥しやすい状態になっているので、しっかりと保湿を行うようにしましょう。

また、生活習慣を見直して改善していくのも有効です。バランスの良い食事、適度な運動、良質な睡眠をとることでターンオーバーを正常に戻すことができるので、簡単に黒ずみの解消ができます。

黒ずみ 取れない 顔

鼻や小鼻の黒ずみや角栓の取り方にはどのようなものがあるの?イチゴ鼻と呼ばれる小鼻の黒ずみの原因って?

鼻や小鼻の角栓は、毛穴に古い角質や汚れ、皮脂などが詰まった結果、できてしまうものです。そして、時間が経つと角栓が酸化して、黒ずみになります。

このような仕組みでイチゴ鼻になってしまうため、取り方としてはピーリング効果が高いジェルなどを使用するのがベストでしょう。

毛穴パックなども販売されていますが、毛穴が開いていない状態で使用すると、強引に開いて角栓を引き抜く形になってしまい、余計に汚れなどが詰まりやすくなります。

ピーリングジェルを使用すれば、強引な取り方にはなりませんし、古い角質を取り除いて、お肌のターンオーバーを促進する効果もあり、角栓や黒ずみができにくい状態に変わっていきます。

鼻や小鼻は特に黒ずみが出来やすい部分ですから、きちんと洗顔しないとイチゴ鼻を改善するのが難しいです。ピーリングジェルを定期的に使用するのはもちろん、普段の洗顔時にはお肌に優しい石けんを使うようにしてみてください。

クレンジングオイルなどは刺激の強い成分も含まれており、あまり良くありません。

鼻や小鼻の角栓、黒ずみの取り方としても適していないので、石けんをちゃんと泡立てて、優しく撫でるように洗うのが重要です。そして、すぐに保湿をしますと、イチゴ鼻が治っていきます。

黒ずみ 取り方 鼻

脇のポツポツとした毛穴の黒ずみの取り方で、自宅でも簡単にできる方法って?

脇にポツポツとした黒ずみが現れている場合、脇毛を抜いた時に毛穴の中で炎症を起こして色素沈着を起こしている状態です。また、埋没毛ができてしまってポツポツとした黒ずみにつながっているケースもあります。

脇にできた毛穴のポツポツとした黒ずみの取り方として、まずは脱毛方法を改めるのが大切です。

毛抜きで抜くような処理を繰り返していると悪化しますので、自宅で処理するのではなくエステサロンやクリニックで施術を受けるようにします。自宅で行う場合には剃毛で済ませるようにして、剃る時もなるべく肌に負担をかけないようにするのが大切です。

他にも、埋没毛の取り方としてはスクラブで洗うのが有効です。これは自宅でも行える簡単な対処法であり、優しい作用で毛穴の古い角質を落として自然に黒ずみを排出させることができます。

毛穴の中を確認して汚れていると感じる場合の取り方では、クレンジングオイルを使うのが有効です。

クレンジングオイルはメイク落としに使っているもので構いません。お風呂に入って毛穴が十分に開かれた状態にしてクレンジングオイルを優しく滑らせれば、汚れも綺麗に落とすことができます。肌に負担をかけずに取り除ける方法です。

黒ずみ 取り方 脇

肘や膝、くるぶしの乾燥による取れない黒ずみの原因と改善方法って?

膝や肘、くるぶしが黒ずんでいるとスカートや半袖を着るのも億劫になりますし、気分も憂鬱になるものです。どれだけ暑い日でも長袖や長ズボンを着たくなりますし、誰かに指摘されるとショックを受けてしまいますよね。

肘や膝、くるぶしの黒ずみが取れないのは、乾燥していることや角質が厚くなっていることが原因です。肘をついたり、膝をついたり、正座をしてくるぶしが地面にあたることによって角質がどんどん厚くなってくるのです。

肌は刺激を与えることでメラニンの生成が活発になるので、それによって黒ずみが現れて取れないようになるのです。もともと他の部位に比べて乾燥しやすい部分でもあるので、普段からこまめにお手入れをする必要があります。

黒ずみが取れない時の対処法は、できるだけ肘や膝をつかないことにあります。

また、週に1~2度のピーリングで古い角質を除去するのも有効です。角質が取れないからといってゴシゴシこすってしまうと逆に肌が黒ずんでしまうので、ピーリングを行う時は優しくマッサージをするように行うのがポイントです。

また、入浴後はもちろんピーリング後の肌は乾燥しやすい状態になっているので、化粧水と保湿クリームでケアをするのも大切です。

黒ずみ 取れない 肘

黒ずみを取るには皮膚科や美容外科に行けば良いの?皮膚科や美容外科での治療法と治療費って?

黒ずみを取るには、皮膚科や美容外科の治療法が適していて、治療費は以下のようになっています。

黒ずみの部位や範囲によって適切な治療法は異なりますし、黒ずみを取る範囲が大きければ治療費も高くなります。

例えば膝の黒ずみであれば、皮膚科での施術がいいでしょう。皮膚科では国が認めた美白成分を肌に負担がかからない範囲で施術に使ってくれます。肌トラブルが起きたとしても、医師が対応してくれるので安心です。

治療法としては、ハイドロキノンを使った方法があります。これは30日分の処方でだいたい1,600円~4,000円くらいです。美容皮膚科よりも一般皮膚科の方が保険が適用されるので安く取ることができます。

美容外科だとさらに出来ることが増えますが、治療に保険が使えないので治療費が高くなりやすいです。

美容外科の治療法には、イオン導入・ケミカルピーリング・レーザートーニングなどがあります。

イオン導入は1箇所あたり約8,000円くらい、ケミカルピーリングは1回あたり6,500円くらい、レーザートーニングは1回あたり15,000円~30,000円程度です。

美容外科の方が即効性のある治療が受けられますが、値段が高いので予算と相談してみましょう。

黒ずみ 取る 皮膚科

肌の黒ずみを取るクリームの価格相場はいくらぐらい?安い値段で買える黒ずみ除去クリームって?

肌の黒ずみは女性にとって気になるものです。脇やデリケートゾーンなど、黒ずみが出来てしまうと、自分で取るのはなかなか大変です。

しかし最近は黒ずみを除去するクリームが売り出されていますので、試してみるのも良いでしょう。デリケートな所に使う物ですから、信頼の出来る商品を選ばなければなりません。

そこで、肌の黒ずみを取るクリームで口コミの評価の高い物を紹介します。購入する時は、参考にしてみて下さい。

黒ずみを取るクリームの価格の相場は9000円程です。しかし、定期コースで買うと、安い値段で買える物が多いです。

1つ目の商品は、「ホスピピュア」です。価格は9000円ですが、定期コースだと39パーセントオフの5500円で購入できます。これは、美容外科クリニックの医師が監修している商品で、毎日塗るだけで1か月程で肌に明るさが出てきます。

2つ目の商品は、「ラヴージュ」という商品です。価格は9000円ですが、定期コースで安い値段になり、45パーセントオフの4980円になります。数々の女性誌などでも掲載されている人気の商品で、ラヴージュの公式サイトで購入出来ます。

黒ずみ 取る クリーム

黒ずみを取るのに効果的な化粧品や化粧水は楽天やamazonでも売ってるの?

黒ずみを取る効果が期待できる化粧品や化粧水は楽天やamazonでも販売されていますので、ご安心ください。

もちろん、黒ずみを取る化粧品や化粧水といっても、さまざまな種類がありますので、黒ずんでしまったパーツや症状に合った商品をチョイスしていただきたいです。

まず、顔の黒ずみを取るための化粧品、化粧水を探しているという方は、ネイチャーコンクの薬用クリアローションから使ってみてはいかがでしょうか。楽天やamazonでしたら確実に販売されている商品ですし、値段も安いので継続して購入しやすくなっています。

通常の拭き取り化粧水とは違って、ネイチャーコンクの薬用クリアローションには美白成分が配合されています。黒ずみというのは、色素沈着を起こしている状態ですから、美白成分が配合されている商品を使い続けていくことで、少しずつ改善していくことができるはずです。

ただ、毛穴に詰まった皮脂や汚れが酸化してしまった黒ずみの場合は、ピーリング成分が配合されている化粧品を楽天やamazonで探して購入するのをおすすめします。ビタミンC誘導体が配合されている化粧水もおすすめです。そうすると、毛穴もキレイになって小さくなり、目立たなくなるでしょう。

黒ずみ 取る 化粧品

肌の黒ずみを取る薬は市販で薬局やドラッグストアでも買えるの?

膝や顔などの黒ずみを除去するために手術を行う人もいますが、費用や手間の面から手術に踏み切れない人が大勢います。そのような人が黒ずみを取るために使っている薬局やドラッグストアで市販されている薬をご紹介します。

よく市販されているものでは豆乳ローションがあります。こちらは今ある黒ずみを完全に消すよりも無駄毛を抑制し、予防する効果があります。パイナップルなど薬局・ドラッグストアで色々な種類が市販されています。

もう一つは、アットノンという薬です。肌の新陳代謝と炎症を改善してくれるヘパリン類似物質を配合しており怪我によってできた黒ずみを取るのに効果的です。実際に使用した方からは傷痕が消えたと高評価の一方、肌は綺麗になったが元々あったアザには効果がなかったとの声もあります。

肌のメラニンを抑制する働きを持つ薬用ホワイトニングリペアもおすすめできます。ドラッグストアや薬局で売られているものでは、黒ずみを取るのに直接効果を発揮するので人気の商品になっています。肌の保湿効果も持っており、予防目的に使っている人も多くなっています。

使った人からは塗った時の心地が良かったとの声もありますが、短期間で効果が出なかったともいわれており長期間使い続けて効果が出るものと言えるでしょう。

黒ずみ 取る 薬

黒ずみを取る化粧品などで人気の高い商品は?実際に体験した人の口コミや評価って?

黒ずみを取る効果が期待できる化粧品で、人気の高い商品を実際に体験した人の口コミ評価が気になるという方もいるかもしれません。

黒ずみは、紫外線などのダメージを受けたことで色素沈着を起こしてしまうケースもありますし、毛穴の角栓が酸化してしまった場合や、ムダ毛処理などのダメージが原因で引き起こされる場合もあります。

いずれにしても、黒ずみを改善するためには、美白成分が配合されている化粧品を使用するのが効果的なのですが、毛穴のトラブルに悩まされているという方は、毛穴をキレイにする効果の高いクレンジング剤を使用してみるのも良い方法です。

お肌のターンオーバーを促進させることがとても重要になってくるので、ピーリング効果が高い成分が配合されているクレンジング剤を使ってみてください。

毛穴の黒ずみまでしっかりと取ることができる化粧品ですと、ビーグレンの毛穴ケアがとりわけ人気となっています。

実際にビーグレンの毛穴ケアを体験した人の口コミ評価をチェックしてみると、すぐに取ることができたわけではないものの、少しずつ毛穴が小さくなって、黒ずみが目立たなくなったという内容がとても多いです。

実際に体験した人たちの口コミ評価も高く、美肌効果も期待できる人気商品なので、試してみてください。

黒ずみ 取る 口コミ

文責:ひとみ

コメントは受け付けていません。