黒ずみや色素沈着を治す方法|メラニン色素による黒ずみ対策

黒ずみ 色素沈着
肌の黒ずみや色素沈着ができてしまうと気になるものです。

黒ずみや色素沈着の原因には、乾燥や脱毛、メラニン色素などが関係しています。

ここでは、肌の黒ずみと色素沈着の違い、黒ずみや色素沈着を治す方法、効く市販薬などを紹介しています。

また、黒ずみを隠す方法も詳しく説明しているので、参考にしてみてくださいね。

黒ずみや色素沈着に効く商品ランキングへ

>管理人イチ押しの「ナチュラルゲルクリーム」の詳細はコチラ

  

目次

肌の黒ずみと色素沈着の症状やメカニズムの違いはあるの?黒ずみや色素沈着が治らない場合の対策方法って?

  
黒ずみ 色素沈着 違い
  
肌にいつの間にか黒ずみができてしまい、症状がなかなか治らないため悩む方は多くいますが、これはシミやそばかすなどの色素沈着と違いはあるのでしょうか。まず、このような症状が現れるメカニズムについて簡単に説明します。

肘や脇などにできてしまう黒ずみの場合は肌が刺激を受けることにより生じています。肘や乳首などは保湿ケアが疎かになると共に衣類によるスレやムレなどの刺激を受けやすい部分です。

また、脇も自己処理後によりダメージを受けやすくなっています。すると少しの刺激でも肌のメラノサイトが反応してメラニン色素を生成して黒ずみになってしまうのです。シミなどの色素沈着ができるメカニズムもメラニン色素の生成です。

では、その違いは何かと言うと、色素沈着は加齢による影響もあります。人の肌にはターンオーバーがあり、古い角質は次第に剥がれ落ちるため、色素沈着は次第に薄くなるのですが、加齢によりターンオーバーが低下していると古い角質がなかなか剥がれ落ちません。

そのためなかなか治らないシミやそばかすになってしまうのです。

このようになかなか治らない黒ずみと色素沈着のメカニズムには違いがあります。これらの症状を改善するためには黒ずみには保湿ケア、シミやそばかすにはターンオーバーを促すケアが有効です。

脱毛などの自己処理による肌のダメージは黒ずみや色素沈着の原因になるの?肌のダメージによる黒ずみや色素沈着の改善方法って?

  
黒ずみ 色素沈着 脱毛
  
毎日お肌のお手入れをしているつもりでも、ふと気が付くと黒ずんでいたり、色素沈着をしていたという経験をしたことのある人も多いのではないでしょうか。

黒ずんでいると露出の多い季節でも長ズボンや長袖を着ていたくなるものです。黒ずみや色素沈着の原因は生活習慣による肌のターンオーバーの乱れが挙げられますが、脱毛などのカミソリを使っての自己処理も大きく関係しているのです。

確かに自己処理での脱毛は自宅で手軽に行えるので良いのはわかりますが、カミソリで剃ると肌の表面の角質までそぎ落としてしまうのでかなりのダメージを与えていることになります。

角質がそぎ落とされるとダメージから守ろうと自己防衛機能が働くので、守ろうとしてメラニンをどんどん生成させて色素沈着として現れます。

また、角質を剥がすことによってバリア機能も低下してしまうので黒ずみ以外にも乾燥しやすい状態になるのです。

黒ずみを治すためには自己処理を控えてサロンで脱毛をするのをお勧めします。

また、週に1度のピーリングを行うのも有効ですが、肌を摩擦するとダメージに繋がるので優しく行うことです。

ターンオーバーを正常に戻すことが必要なので、これまでの生活習慣を見直して改善していくのも必要です。

サロンなどのレーザー脱毛の刺激で皮膚の黒ずみや色素沈着が起こる場合もあるの?

  
黒ずみ 色素沈着 レーザー
  
脱毛サロンで行われるフラッシュ脱毛の施術や、美容外科クリニックなどで行われる医療レーザー脱毛の施術によって受ける刺激で皮膚が黒ずみの症状を引き起こしたり、色素沈着を引き起こすことは、ほとんどありません。

脱毛サロンで行われるフラッシュ脱毛の施術や、美容外科クリニックなどで行われる医療レーザー脱毛の施術は、およそ2ヶ月から3ヶ月に1度という少ない頻度で行われるため、お肌にほとんど刺激が蓄積されないためです。

むしろ、脱毛サロンで行われるフラッシュ脱毛の施術や、美容外科クリニックなどで行われる医療レーザー脱毛の施術を受けずに、ムダ毛を頻繁にカミソリで剃ったり、ピンセットやワックスで引き抜いたりしている方が、皮膚が刺激を受け黒ずみの症状を引き起こしたり、色素沈着を引き起こす可能性が高くなってしまいます。

他にも皮膚は、サイズの合わない下着や、締め付けるようなパンツを穿いて、布と擦れる刺激によっても黒ずみの症状を引き起こしたり、色素沈着を引き起こしてしまう場合があります。

ですので、お肌が黒ずんだり、メラニン色素が沈着したりするのを防ぐためには、ムダ毛の自己処理を脱毛に切り替え、下着のサイズを見直したり、ゆったりした衣服を着るのが良い方法になります。

黒ずみや色素沈着に効く商品ランキングへ

>管理人イチ押しの「ナチュラルゲルクリーム」の詳細はコチラ

  

妊娠中や産後に、メラニン色素による黒ずみに悩む人も多いの?妊娠中や産後のお腹の黒ずみの手入れ方法って?

  
黒ずみ メラニン色素 妊娠
中
  
妊娠中はホルモンのバランスが乱れてしまうので、今まで起こらなかった色素沈着や黒ずみなどが出てくる場合が多いです。特に黒ずみの原因となるメラニン色素が多くなるので、きちんとお手入れを行わないと産後まで影響が出てきます。

妊娠中や産後のメラニン色素による黒ずみに悩んでいる人は非常に多く、特にバストやお腹を気にしている場合が多いです。

メラニン色素による黒ずみは、ケアをすることで改善することも出来ます。まず最も大切なことは、妊娠中に症状が現れる前からケアを行うことです。時に日焼けなどは注意が必要です。

妊娠中のケアによって、産後の症状の出方にも差が出てきます。お手入れの方法にも、いろいろなものがありますが、手軽なものとしては保湿をしっかりとするということです。

難しいお手入れやお金のかかることだと、長続きしない場合が多いです。きちんとしたケアを継続的に行っていくのが大切です。

特にお腹は、妊娠線が出やすい部分です。お腹に出来てしまった妊娠線は、薄くすることはできても、消すのは非常に難しいものです。保湿によって軽減したり回避することも出来るので、日々のケアが大切です。

妊娠中は肌も敏感になるので、安全性の高いものを選びましょう。

鼻や小鼻の毛穴の黒ずみはメラニン色素によるもの?鼻や小鼻の毛穴の黒ずみや角栓の解消方法って?

  
黒ずみ メラニン色素 鼻
  
鼻や小鼻の黒ずみに悩む方は結構多いですが、原因はさまざまです。人によってはメラニン色素が原因となっている場合もあるのですが、角栓が目立っているという場合は、角栓の酸化が原因と言えます。

なぜ毛穴に角栓ができてしまうのかと言いますと、皮脂の分泌量が多い方は特に毛穴が開きやすく、そこに汚れ、古い角質、ホコリなどが詰まっていきます。そうすると角栓となってしまうのですが、時間が経過するとそれが酸化してしまい、黒ずみに繋がっていきます。

こういった仕組みで鼻や小鼻の黒ずみが目立つようになってくるので、毛穴に汚れなどが詰まらないように、毎日正しい洗顔をしていくのが重要です。

おすすめなのは、天然成分で作られた石鹸を使うことになります。クレンジング剤には余計な成分が多く含まれており、あまりお肌に良くないのですが、石鹸ならお肌にも優しいですし、過剰に洗浄してしまうような心配もいりません。

ただ、メラニン色素による黒ずみの場合は、フルーツから抽出したピーリング成分配合の石鹸を使ったほうがいいでしょう。ターンオーバーを促進させるのが重要なので、ピーリング効果のある石鹸のほうがメラニン色素には効果的です。

洗顔後は保湿をたっぷりして、油分と水分のバランスを整えれば、鼻や小鼻が綺麗になります。

顎の黒ずみや色素沈着の原因って何?その改善方法と黒ずみと色素沈着の関係性って?

  
黒ずみ 色素沈着 原因
  
顎が黒ずんでいるとついマスクで口元を隠したくなりますし、メイクをしてもうまく乗らないので、せっかくのお出かけも憂鬱な気分になってしまうものです。毎日、入念にスキンケアをしているのに、どうしても顎が黒ずんでしまうという悩みを抱えている人は実は意外と多いのです。

顎の黒ずみの原因は加齢に伴って肌のターンオーバーが乱れていることも関係していますが、実はメラニンによる色素沈着が関係して直接的な原因になっている場合が多いのです。

特に冬になると肌が乾燥しやすくなり、痒みを伴うようになります。乾燥しているとバリア機能が低下した状態になり、外部刺激を受けやすくなります。その外部刺激から守ろうとして肌はメラニンを生成させ、色素沈着として定着してしまうのです。

また、肌を掻くという行為も大きなダメージを与えるので、結果的に肌に色素沈着として現れ、黒ずみの原因となってしまうのです。

黒ずみと色素沈着の関係を知ることで、有効な改善策も見えてきます。

改善するためにはできるだけ肌を掻かないことはもちろん、乾燥を防ぐ必要があるのでしっかり保湿を行うのも大切です。

特に入浴後の肌は水分が蒸発しやすい状態になっているので、改善するためにも保湿するように心掛けましょう。

黒ずみや色素沈着に効く商品ランキングへ

>管理人イチ押しの「ナチュラルゲルクリーム」の詳細はコチラ

  

肘や膝の黒ずみや色素沈着の原因って何?関節の乾燥が原因の場合、効果的に保湿出来る商品ってあるの?

  
黒ずみ 色素沈着 乾燥
  
肘や膝に黒ずみや色素沈着が現れた場合、乾燥が主な原因となっていますので保湿ケアを充実させる必要があります。関節部分は皮膚が少し薄くなっていて肌中の水分が失われやすいので、外的環境の変化や体内バランスの悪化によって容易に乾燥が引き起こされてしまいます。

膝や肘の黒ずみ、色素沈着を改善させたい時には、化粧水を利用して保湿を行います。有効成分としてはセラミドが優秀であり、肌につけた後長時間良い状態が持続されます。

集中的にケアをしたい時におすすめなのは、「ヒフミド エッセンスローション」です。この商品は3種類のセラミドでしっかりと保湿を行ってくれます。セラミド以外にも、高保湿成分のリピジュアが配合されていて乾燥肌を改善してくれます。

他にも、「アヤナス ローションコンセントレート」は肘や膝の黒ずみ、色素沈着によく効きます。この商品は敏感肌の人でも安心して使うことができます。肌にしっかりと潤いを届けて乾燥を改善することができ、独自配合のコウキエキスが肌の炎症を整えて潤いの浸透しやすい肌を作ります。

敏感肌でも使えるように優しいつくりになっていますので、肌が弱くてケア用品を選ぶのが大変だという人でも利用できるタイプです。

お尻のメラニン色素による黒ずみに効く市販の薬の種類にはどのようなものがあるの?

  
黒ずみ メラニン色素 薬
  
お尻のメラニン色素の黒ずみに効果がある市販の薬はいくつか種類があるのですが、やはり美白成分によって改善していくようなタイプの薬が多いです。

市販の薬の中でしたら、エステニーの薬用ボディホワイトナーが使いやすくなっています。リーズナブルな価格で販売されているところも魅力的ですし、お尻だけではなく、Vラインや二の腕、ワキなどのメラニン色素による黒ずみを改善することも可能です。

メンソレータムのワキレ ホワイトというワキのメラニン色素による黒ずみ向けの商品をお尻に使用してみるのも良い方法でしょう。ワキにしか効果がないというわけではありませんし、角質柔軟成分も配合されていて、お尻の硬くなってしまった皮膚にも効きます。

市販の黒ずみ改善用の薬はそれほど種類が多くないのですが、工夫して使うことによって、各ボディパーツの色素沈着を改善していくことができるようになるので、ぜひ試していただきたいところです。

ドラッグストア等では販売されていないものでも、優れた商品が存在しているので、口コミを参考にしながら探してみるのも良いかもしれません。ネット通販を利用すれば種類も豊富ですし、お尻専用の商品を見つけ出すこともできるでしょう。

デリケートゾーンのメラニン色素による黒ずみを治す方法はあるの?自宅で簡単にできる治す方法って?

  
黒ずみ メラニン色素 治す
  
デリケートゾーンの黒ずみの原因はメラニン色素という肌を黒く変化させる色素が過剰に生成されるためで、自宅で簡単に治すにはメラニン色素の排出を促す美白化粧品でのケアが効果的です。

肌には全身どの部分にももともと一定の量のメラニン色素が存在していますが、肌外部からの刺激を受けることでその量が増えてしまう場合があります。

デリケートゾーンはもともとのメラニンの量が多い上に下着や衣服による締め付けや摩擦による肌への刺激が生じやすい部分であり、黒ずみが起こりやすい部位です。

長年の肌への刺激で定着した黒ずみでも自宅で簡単に治すことは可能ですので、諦めずにケアを続けてみましょう。

メラニンの排出を促す作用のある美白成分としては代表的なものにビタミンC誘導体やハイドロキノンという成分があります。

これらを配合した化粧水や美容液はドラッグストアでも簡単に手に入りますので、思い立ったらすぐに自宅でのケアを開始することができます。

ビタミンC誘導体は即効性は期待できないものの、肌に優しく肌荒れを抑える効果もあり、デリケートゾーンにも安心して使用できるメリットがあります。

ハイドロキノンは黒ずみを治す力は強いですが、その分肌へ刺激性があるとも言われていますので、まずは最も低い配合濃度の化粧品から試してみましょう。

メラニン色素による黒ずみを隠す効果の高い化粧品って?黒ずみを隠すのにおすすめのファンデーションコンシーラーとは?

  
黒ずみ メラニン色素 隠す
  
メラニン色素によって黒ずみができてしまった場合、隠す効果の高いファンデーションやコンシーラーなどの化粧品を使用するのは有効です。

ただ、メラニン色素による黒ずみを隠すために、カバー力の高いファンデーションやコンシーラーを探して使用したとしても、あまり意味はないでしょう。

顔にできているメラニン色素の黒ずみを隠すだけなら、カバー力の高い化粧品を使うだけでも問題ないのですが、ワキなどの汗をかきやすいパーツに使用してしまうと、すぐにヨレてしまいますし、汚らしくなってしまいます。

ですから、汗や水に強いウォータープルーフタイプのファンデーションやコンシーラーを使用するのをおすすめします。

具体的な商品名を挙げると、トミーリッチのアンダーアームファンデーションや、ワキツル光コンシーラーなどが使いやすいです。これらの化粧品は、ボディ用ですので汗や水にも強いですし、洋服や下着に色が移ってしまう心配もいりません。

顔用のカバー力の高い化粧品を使用すると、洋服や下着にも色が移ってしまう可能性がありますから、あまり良い方法とは言えませんが、ボディ専用の商品であれば、しっかりと黒ずみを隠すことができるので、使ってみてください。

肌の黒ずみや色素沈着に効くクリームは薬局やドラッグストアでも買えるの?

  
黒ずみ 色素沈着 効く
  
肌の黒ずみや色素沈着が気になった時の対処法は様々ですが、手軽にはじめられるのがこうした状態に効くクリームを薬局やドラッグストアで買うことです。

今はネット限定通販などで黒ずみや色素沈着に効くクリームが多く売られていますが、配送や支払いの手間などを考えると、手軽さという面で薬局やドラッグストアよりも劣ってしまいます。

ですので、今すぐ対策をしたいという場合は、市販されているクリームがおすすめなのです。薬局やドラッグストアで買える黒ずみや色素沈着に効くクリームはいくつもありますが、その中でも高い評価を得ているのがロート製薬からでているハダラボの白潤シリーズです。

プチプラでありながら、メラニンの合成を阻害する美白成分が配合されており、黒ずみや色素沈着を改善することができます。他にはパイナップル豆乳ローションやケシミンクリームなども高い評価を得ています。

またより高い効果を期待するのであれば、美白効果とターンオーバーの促進の効果の高さからハイドロキノンやトレチノインが配合されている商品がおすすめです。ただ薬局やドラッグストアではこうした成分が高濃度に配合されている商品は少ないため、成分表を確認して探すとよいでしょう。

黒ずみや色素沈着に効く商品ランキングへ

>管理人イチ押しの「ナチュラルゲルクリーム」の詳細はコチラ

  

文責:ひとみ

コメントは受け付けていません。