黒ずみを皮膚科や美容皮膚科で治療する方法を詳しく解説!

黒ずみ 皮膚科
体の黒ずみは皮膚科や美容皮膚科で治療することができるのでしょうか?

この記事では、鼻、脇、肘、お尻、デリケートゾーンなどの体にできた黒ずみの皮膚科での治療法を紹介します。

また、まぶた、ちくび、脇、ビキニライン、ニキビ跡などの黒ずみを美容皮膚科で治療できるのかについても説明しています。

あなたの黒ずみの悩みを解決する手助けになれば嬉しいです。

黒ずみに効く医薬部外品ランキングへ

>管理人イチ押しの「ホワイトラグジュアリープレミアム」の詳細へ

  

体の黒ずみを皮膚科で治療する場合、どのような治療法の種類があるの?レーザー治療の効果って?

  
黒ずみ 皮膚科 治療法
  
体の黒ずみを皮膚科で治す場合、治療法はレーザーや塗り薬、ピーリングなどがあり、効果もそれぞれ違ってきます。皮膚科で行う各治療法について、解説していきましょう。

まず、レーザー治療法。こちらは体の黒ずみに直接レーザーを照射し、メラニン色素を破壊していきます。1回の照射では消えませんから、何度か通院する必要があります。黒ずみ除去に最も効果的と言われている方法ですが、その分、体への負担も大きく、お金もかかりますから、医師とよく相談して決めましょう。

次に、塗り薬です。ハイドロキノンというお薬が有名ですね。非常に刺激の強い薬品ですから、医師からの指示通りに塗りましょう。即効性はなく、長いスパンでじっくりと黒ずみを目立たなくさせていきます。

そして、ピーリングです。薬品によって、強制的にターンオーバーを行い、黒ずみを排出しやすくしていきます。こちらも即効性はなく、じっくり行う必要があります。レーザーに比べて、体への負担が少ないのが特徴です。

以上が皮膚科で行う治療法ですが、他にもクリニックによって独自の方法を採用している場合もあります。効果、期間、料金、体への負担などを考慮して、自分に最も合う治療法を見つけましょう。

鼻や小鼻の毛穴の黒ずみは皮膚科で治療できるの?

  
黒ずみ 皮膚科 鼻
  
鼻や小鼻の毛穴の黒ずみは、皮膚科で治療することが可能です。ただし、保険が適用されない治療なので予算をよく考えて行うのが大切です。

皮膚科での鼻や小鼻の毛穴の黒ずみの治療方法には、ケミカルピーリング、レーザー、イオン導入などがあります。

ケミカルピーリングは皮膚の浅い層に作用するピーリング剤を塗り、肌に蓄積したメラニン色素や古い角質を除去します。肌のターンオーバーを促すことで黒ずみを除去する方法なので、肌の負担がかかるのでピーリング剤の強さを徐々に強くしながら調整して治療する必要があります。

レーザー治療は鼻や小鼻の毛穴の黒ずみの気になる部分にレーザーを照射して、メラニン色素をピンポイントで破壊します。皮膚の表層や真皮層にまで届き、皮膚の代謝を促進したりコラーゲンの生成を促します。この方法だと1回で終わる場合もあります。

イオン導入は、美白効果のある高濃度ビタミンC・メラニン色素の生成を阻害するトラネキサム酸・毛穴収縮作用のあるグリシルグリシンなどの成分を微弱電流をかけて導入します。先にケミカルピーリングを行ってからイオン導入をする場合もあります。

皮膚科に通院しなければいけない場合もあるので、ライフスタイルに合わせた施術を選びましょう。

肘や膝、くるぶしなどの関節の黒ずみを皮膚科で治療するにはどうすれば良いの?治療法は?

  
黒ずみ 皮膚科 肘
  
肘や膝、くるぶしなどの関節にあらわれやすい黒ずみをケアするには、美容クリニックや皮膚科を活用するのがおすすめです。

これらの施設では、肌の黒ずみに詳しい医師が診断を行ってくれる上に、美白効果の高い施術や薬の処方をすることができるからです。

肘や膝、くるぶしなどの関節は、皮膚が厚いという特徴があります。そのため、古い角質が長く残りやすくなるので、肌が黒く見えることが多くなります。

これらをケアするには肌の新陳代謝を高めると同時に、肌に沈着してしまったメラニン色素を取り除くのが有効です。

美容クリニックや皮膚科では、肘や膝、くるぶしなど黒ずみが気になる部分にレーザーを照射してシミなどを取り除きます。このレーザーには沈着しているメラニン色素だけに作用する性質があるので、肌を痛めにくいのが特徴です。

さらに美容クリニックや皮膚科では、医師の処方箋のもとで内服薬や塗り薬を使用して、自宅治療していく方法もあります。自宅治療外用薬の中でも、時にハイドロキノンは美白効果が高く、肌の漂白剤とも呼ばれています。これを肌のくすみが気になる関節に塗るだけなので、自宅で手軽にケアできるのが魅力です。

内服薬は服用することで全身の黒ずみケアができるうえに、予防にも繋がるというメリットがあります。

黒ずみに効く医薬部外品ランキングへ

>管理人イチ押しの「ホワイトラグジュアリープレミアム」の詳細へ

  

お尻やまたずれなどによる太ももの黒ずみは皮膚科で解消できるの?

  
黒ずみ 皮膚科 お尻
  
お尻やまたずれによる太ももの黒ずみは、衣類との摩擦や外部からの刺激によって黒ずみの原因となるメラニン色素がたくさん生成され、色素沈着を起こすことによってあらわれます。

メラニン色素を除去する為には、肌のターンオーバーを活性化させることが必要ですが、お尻やまたずれによる太ももの黒ずみをセルフケアで解消できない場合は、皮膚科で治療するのも可能です。

皮膚科では、主にレーザー治療と外用薬で対処されます。レーザー治療では、メラニン色素を除去する効果のあるレーザーを使用して治療します。即効性もあり確実に解消出来るので、早く治したい方にはおすすめです。

しかし、レーザー治療の設備がない皮膚科もありますので、その場合は外用薬として塗り薬を処方されます。主に、ハイドロキノンとトレチノインという薬剤を処方される皮膚科が多いです。

ハイドロキノンは、メラニン色素の生成を抑え、美白を促してくれます。トレチノインは、肌のターンオーバーを促進してくれる効果があるため、お尻やまたずれによる太ももの黒ずみをキレイな状態へと戻してくれる作用がはたらきます。

セルフケアで塗り薬を使用する事もできますが、皮膚科で処方される塗り薬は個々の肌の状態に合った濃度調整もされているため、しっかり黒ずみを解消することができます。

デリケートゾーンなどの陰部の黒ずみを皮膚科で治療する場合の費用はいくらくらいかかるの?皮膚科での治療費の相場って?

  
黒ずみ 皮膚科 デリケートゾーン
  
デリケートゾーンなどの陰部の黒ずみを皮膚科で治療する場合の治療費は、治療の内容によって違いがあります。

デリケートゾーンなどの陰部の黒ずみは病気ではないため、保険外の自由診療になります。よって、通常の皮膚病の治療費と比べると高額になる傾向があります。

皮膚科でデリケートゾーンなどの陰部の黒ずみを治療する方法には、ハイドロキノンを塗る方法やケミカルピーリングなどがあります。

ハイドロキノンを塗って治療をする場合の薬代は2000円前後ですが、これに診察料として2000円前後の費用が必要になります。薬代と診察料を合せると約4000円の費用がかかります。ただし、自由診療であるため、病院によって治療費は違ってきます。

皮膚科でのケミカルピーリングの費用は、1万円から2万円程度が相場です。ケミカルピーリングによる治療は1回で終わるのではなく、数回にわたって治療を受けることが必要になります。

よって、トータルコストは5万円から10万円以上になります。病院によって治療費は違ってきますので、あらかじめ料金を確認しておくようにします。

ハイドロキノンによる治療やケミカルピーリングは美容皮膚科でも受けることができますが、治療費は普通の皮膚科よりも高額になるケースが多いです。

まぶたや目の下などの目の周りの黒ずみって、美容皮膚科に行けば治るの?

  
黒ずみ 美容皮膚科 まぶた
  
年齢を重ねていくにつれて、まぶたや目の下などにシミやくすみ、そばかすなどが目立ちやすくなってきます。

これらの黒ずみは、紫外線や摩擦などの影響でメラニン色素が沈着するのが原因ですが、目の周りの皮膚は非常に薄く、ほかの部位よりも黒ずみあらわれやすくなるので注意が必要です。

一度あらわれた黒ずみは治るのが難しいという特徴があります。それをカバーするには、美容皮膚科でケアするのがおすすめです。特に、まぶたや目の下などの目の周りは、間違ったスキンケアをしてしまうと肌トラブルが重症化しやすいので、美容皮膚科でプロのケアが適切と言えます。

美容皮膚科で目の周りのシミケアは、カウンセリングからスタートします。黒ずみはもちろん、まぶたや目の下などの肌質をチェックすることで、綺麗に治ることが期待できます。

施術方法は、レーザーを照射するのが一般的です。このレーザーにはメラニン色素にダメージを与えるという作用があるので、シミやそばかすが治るだけではなく、シミ予防にも効果があると言われています。

さらに嬉しいことに、美容皮膚科のシミケアは即効性があるのもメリットです。施術後、数日で黒ずみがかさぶたとなって剥がれていくので、短期間でシミケアしたい人におすすめです。

黒ずみに効く医薬部外品ランキングへ

>管理人イチ押しの「ホワイトラグジュアリープレミアム」の詳細へ

  

ちくびの黒ずみを美容皮膚科で治療する場合、口コミや評判で人気の高い治療法や病院ってあるの?

  
黒ずみ 美容皮膚科 ちくび
  
皮膚の黒ずみは、非常に気になるものですが、なかなかセルフケアで改善するのが難しい問題です。特に、デリケートな部分でもあるちくびは、色素沈着がしやすいので黒ずみになりやすい部位でもあります。

人に見せる部位でもないので、そのままの状態にしている人もいますが、きちんとケアをしたり、治療を行うことで症状を改善することが出来ます。

ちくびの黒ずみの治療が行えるのが、美容皮膚科です。美容皮膚科での治療方法は色々あります。塗り薬によって、ターンオーバー促進したり、レーザー治療などで改善していく方法があります。

美容皮膚科によって、行える治療方法や、提案している治療内容が異なるので、口コミなどでクリニックの評判をチェックすると良いでしょう。

ちくびの治療の場合、恥ずかしいと感じる人も多いので、女医さんがいる美容皮膚科の人気が高いです。女医さんがいるクリニックは限られているので、口コミや評判などからもチェックしておくと良いでしょう。

人気のクリニックの場合、なかなか予約が取れない場合が多いです。人気のクリニックで治療を行いたいと思ったら、早めの予約が大切です。口コミや評判はインターネットでもチェックすることが出来るので、見ておくと良いでしょう。

脇の黒ずみを美容皮膚科でピーリング治療してもらう場合のメリットとデメリットって?

  
黒ずみ 美容皮膚科 脇
  
脇の黒ずみを美容皮膚科でピーリング治療してもらう場合、メリットは比較的手頃な値段で受けられること、デメリットは薬剤による刺激やかゆみが生じる可能性があることです。

美容皮膚科のピーリングは、毛穴の汚れが原因の脇の黒ずみを治療するのには特に有効です。医師が肌に合わせて配合した薬剤を塗布して、古い角質を除去して、肌のターンオーバーを促進させて治療していきます。

治療中には特に痛みもなく、1回あたり30分くらいで終わります。効果は5~6回ほどで実感できるようになります。費用が1回5,000円~8,000円と、美容皮膚科の治療の中では安いのもメリットです。

ピーリングに加えると美白効果が高くなるイオン導入などがセットになっている美容皮膚科もあります。費用をあまり気にせず気軽に脇の黒ずみを除去できるのがメリットです。

デメリットは、人によってはピーリング剤を塗った直後にピリピリとした痛みやかゆみが生じることがある点です。また、施術後に赤みが続いたり皮が剥げることもあります。

治療後は日焼けと肌の刺激には十分注意して暮らす必要があるので、しばらくは日差しの強い場所や肌が擦れるような運動はできないのもデメリットです。

ビキニラインやvラインの黒ずみに効く薬は美容皮膚科で処方してもらえるの?どのような薬を処方してもらえるの?

  
黒ずみ 美容皮膚科 ビキニライン
  
ビキニラインやvラインの黒ずみが気になる方は、お近くの美容皮膚科で薬を処方してもらうことをおすすめします。

美白成分を配合した市販のクリームを塗って、ビキニラインやvラインの黒ずみを薄くするという方法もありますが、美容皮膚科で治療を受けた方が、短期間で効果があらわれるので試してみてください。

美容皮膚科に行くと、外用薬や内服薬を処方されるので、用法・用量を守って使用するようにしてください。

美白に役立つ成分といえばハイドロキノンですが、高い漂白効果があるので、それを配合したクリームを塗れば、メラニン生成に関わるチロシナーゼを抑制できます。

トレチノインを配合したクリームには、ターンオーバーを促す効果があるので、ビキニラインやvラインにに塗れば、徐々に黒ずみが薄くなっていくでしょう。

内服薬は、抗酸化作用のあるビタミンCやビタミンE、トラネキサム酸などを処方されることが多く、定期的に服用すれば、体の内側から黒ずみに働きかけられます。

ビキニラインやvラインの黒ずみが濃いと、温泉などで裸になったときに恥ずかしい思いをするので、お近くの美容皮膚科を受診し、美白効果の高い薬を処方してもらうようにしてください。

ニキビ跡や傷跡、やけどなどの黒ずみは美容皮膚科で改善できるの?

  
黒ずみ 美容皮膚科 ニキビ跡
  
ニキビ跡・傷跡・やけどなどの黒ずみは美容皮膚科で改善することが可能です。皮膚科に比べて美容皮膚科の方が黒ずみに対する治療方法の種類が多いので、原因にあった治療法が選べます。ただし、自由診療になってしまうので費用は高いです。

ニキビ跡・傷跡・やけどなどを改善する美容皮膚科の治療方法には、レーザー治療が適しています。肌にダメージを与えることなく、黒ずみの原因であるメラニンを破壊して綺麗にしていきます。

軽度~重度の症状に幅広く使えますし、肌の弱い人や敏感肌の人でも治療が受けられます。症状と範囲によっては1回で治療が完了することもあります。

ただし、ニキビ跡・傷跡・やけどなどの黒ずみをレーザー治療で改善した場合はレーザー照射後に肌にダメージを与えないことと、肌を紫外線から守ることが絶対に必要です。

レーザー照射後は肌がダメージを受けやすく敏感になっています。入浴後や外出前の保湿を念入りにするのが大切です。

さらに、紫外線から身を守るために保湿後には日焼け止めを塗りましょう。帽子など服装で紫外線から身を守るのも大切です。

治療後でも摩擦によって再発する可能性はあるので、肌にダメージを与えないように気をつけることが大切です。

黒ずみに効く医薬部外品ランキングへ

>管理人イチ押しの「ホワイトラグジュアリープレミアム」の詳細へ

  

文責:ひとみ

コメントは受け付けていません。