黒ずみや角質を除去する方法|鼻や小鼻の角栓の取り方も紹介!

黒ずみ 角質
黒ずみや角質、角栓ができると気になりますが、改善方法にはどんなものがあるのでしょうか?

黒ずみや角質ができる原因には様々なものがあり、対処の仕方も色々あります。

今回は、黒ずみや角質、色素沈着ができる理由、顔の黒ずみや角質の改善に効果的な美白化粧水やクリームを紹介していきます。

また、小鼻や脇の角栓の解消法、角栓に効果がある市販薬、口コミで人気がある角栓除去方法も詳しく説明します。

黒ずみや角質、角栓のこれらの情報が役立てば嬉しいです。

黒ずみや角質に効く商品ランキングはコチラ

>管理人イチ押しの「ソワン」の詳細はコチラ

  

黒ずみや角質、色素沈着ができる仕組みとはどのようなものなの?肌の黒ずみなどの予防方法って?

  
黒ずみ 角質 色素沈着
  
黒ずみや角質、色素沈着ができる仕組みがわかっていれば、肌が黒くなるのを予防することが出来ます。

表皮の奥にある、角質層や真皮層に色素が付着して黒ずむことを色素沈着といいますが、これは皮膚の防衛本能によるものです。

外出先で紫外線を浴びたり、衣類が擦れるなどの刺激を受けると、角質層や真皮層においてメラニンが発生し、肌を保護しようとします。

メラニンが過剰に発生すると、黒ずみが濃くなる仕組みなので、予防したいときは紫外線対策を行ってから外出したり、衣類などの刺激を受けないように気を付けて生活しなければなりません。

角質層とは違い、真皮層はターンオーバーがないので、一度色素沈着が起こると、シミのように残って消えにくくなります。美容外科や皮膚科などでレーザーや投薬治療を受けないと、綺麗な肌には戻れないので、そうならないように予防するのが大切です。

外界からの刺激を受けると、黒ずみが発生する仕組みなので、外出するときは紫外線を浴びないように、帽子や日傘を用意したり、日焼け止めクリームを塗るようにしましょう。

わきやデリケートゾーンは特に黒ずみやすいので、保湿効果の高いクリームを塗るなどして、衣類からの刺激を抑えるようにしてください。

黒ずみと角質の出来る理由と違いって何?黒ずみや角質の取り方やケア方法って?

  
黒ずみ 角質 理由
  
お肌のトラブルに多い黒ずみや角質のできる理由とその違い、ケアや取り方が気になりますよね。この二つができてしまう仕組みと違いを解説し、ケアと取り方を説明していきます。

まずは黒ずみについてですが、これはメラニン色素というものが原因です。主に紫外線から肌を守るために作られるのですが、色が黒いので目立ってしまうんですね。紫外線が当たらなくても、肌に衣服などが擦れて刺激になるとメラニン色素は出来てしまいます。

なので、まず第一にUVカットの服や化粧品を使って紫外線から肌を守ること。そして、肌に当たる部分の服や下着ややわらかいコットンやシルクのものを使うことで防止できます。

できてしまった時の取り方は、ビタミンを多く摂取することです。食事で摂るのが難しい場合はサプリメントがおすすめです。薬品のピーリング剤も有効です。刺激が強いので、肌に優しいものを選んで使って下さいね。

次に角質についてです。角質ができる理由はお肌の新陳代謝がうまく進まず、古い皮膚が残ってしまうのが黒ずみとの違いです。乾燥や紫外線による刺激がその理由です。

乾燥にはうるおい効果の高い化粧品を使いましょう。紫外線と刺激については黒ずみとケアは同じです。ビタミンも新陳代謝を助けてくれますので積極的に摂っていきましょう。

顔の黒ずみや角質は洗顔やクレンジングによって改善できるの?黒ずみや角質の除去に効果のある石鹸って?

  
黒ずみ 角質 顔
  
女性に取って、最も大切なお顔に悩みがあると、人と目を合わせて会話もできなくなるほど憂鬱なものです。肌悩みは、スキンケアによって改善できるので、肌の調子が上がらないと感じているなら、今一度しっかりと見直して見ましょう。

顔の黒ずみやくすみは、古い角質が残っているからなので、ピーリングや酵素入りの洗顔石鹸やクレンジングがお勧めです。

洗顔は毎日朝と夜行うので、石鹸を泡立てネットでしっかりと泡立て、きめの細かい上質な泡をたっぷりと作り、黒ずみやザラツキが気になる部分にしばらくのせておくと、古い角質が穏やかに剥がれ落ちていきます。

夜は、軽めのメイクでもきちんとクレンジングを行うようにしましょう。この時、メイク落ちが良いからと、オイル成分のクレンジングを使う方もいますが、オイルは肌に負担が強いので、ジェルやクリームタイプがお勧めです。

ピーリング石鹸は、肌のターンオーバーを促進させる作用が働くので、古い角質が押し出され、どんどん新しい綺麗な皮膚が押しあがっていきます。

ターンオーバーが正常に行われれば、顔の黒ずみやくすみも改善されていくので、洗顔に気を遣うとともに保湿ケアもしっかりと行い、肌の保水力を高めてあげましょう。

黒ずみや角質に効く商品ランキングはコチラ

>管理人イチ押しの「ソワン」の詳細はコチラ

  

肘や膝の黒ずみの原因って何?黒ずみは古い角質や乾燥が原因なの?

  
黒ずみ 角質 原因
  
肘や膝の黒ずみが目立ってくると半袖やミニスカートをはくにも躊躇してしまうものです。常に他人の視線が気になりますし、好きな男性や彼氏に指摘されるとショックで落ち込んでしまうものです。

普段から乾燥しないように肌のお手入れは入念に行っているつもりでも、肘や膝は他の場所よりも乾燥しやすい部分でもあるのです。露出の多い季節だけケアをするのではなく、普段からきちっとお手入れすることが大切です。

肘や膝の黒ずみの原因は乾燥もありますが、床に膝をついたり、肘で頬づえをつくことによって圧力がかかるので角質が厚くなりやすいのです。

角質が厚くなるとそこに色素が沈着して黒ずみの原因となるのです。

これを改善するためには普段から肘や膝をつかないようにすることはもちろん、洋服による摩擦も原因にひとつになるので洋服を着る前にボディクリームを塗ると良いでしょう。

また、週に1度のピーリングで古い角質を除去するのも必要です。ゴシゴシと擦ると角質が落ちやすいと考えがちですが、強くこすることでメラニン色素の生成が活発になり、さらに黒ずみを進行させるので、優しくマッサージをするように行うのがポイントです。

また、ピーリング後はしっかり保湿をするように心掛けましょう。

黒ずみや角質に効果のある美白化粧水や美白美容液って?

  
黒ずみ 角質 美白
  
お肌の黒ずみや角質には美白成分の入った化粧水や美容液が効果的でおすすめです。

黒ずみやくすみは、紫外線などの光が原因により肌の角質が厚くなっておこるものや、乾燥により角質に透明感がなくなり黒ずみにつながったり、肌摩擦により肌を守ろうとメラニンが集まった為にできる症状です。

これは肌のターンオーバー(新陳代謝)を活発にしてあげる事で新しい肌がうまれ、改善する事ができるでしょう。

ターンオーバーを活発にしてあげるためには、生活習慣の乱れを整える事が大切です。ターンオーバーが整えば古い角質ははがれ、健康な肌が生まれます。

その上で美白化粧水や美白美容液を使用する事で、肌に透明感が戻り黒ずみの改善へと効果があらわれるでしょう。

アテニアのホワイトニングクリアローション(化粧水)やドレスリフトのホワイトスぺリア(美容液)は、弱酸性、無着色、合成香料不使用、無鉱物油、パラベンフリー、オイルフリーとなっており、敏感肌のひとにも使いやすい成分でつくられています。

コットンでふき取りとパッティングにより更に効果が得られるのでおすすめです。

また、アテニア史上最高の美白力を誇るホワイトスぺリアは30gで7000円近くになりますが、持続的な美白効果を発揮する効果もあり、コスパは良いといえるでしょう。

黒ずみや角質の除去に効果的なクリームの価格相場はいくらくらいなの?安い値段で買える黒ずみや角質に効くクリームってあるの?

  
黒ずみ 角質 クリーム
  
肌の黒ずみや角質の除去に効果的ということから現在注目を集めているのがハイドロキノンという成分を配合したクリームで、価格相場は2,000円~3,000円程度ですが1,000円台という安い値段で購入できる商品も提供されています。

このために、それほどコストをかけずに黒ずみや角質による問題の改善が可能です。

ちなみに、ハイドロキノンの作用は、黒ずみのもとになるメラニン色素を生成するメラノサイトの働きを抑制するという内容です。角質層にまで効果を発揮するので、黒ずみやシミ、ニキビ跡の改善、しわのケアなど幅広い用途で利用されています。

なお、市販されているクリームに配合されているハイドロキノン濃度は1~4%程度が相場で、低いものほど値段が安いのが大体の傾向です。このために、安い値段のクリームを希望している場合は、低濃度のものを選択するのが適当ということになります。

ただし、これはあくまでも平均的な相場で、高濃度のものの中にも価格設定が低めのものも販売されています。たとえば、ハイドロキノン 10%配合の「ハイドロ クリーム SHQ-10」という商品は、2,480円とこのアイテムの中では低価格で提供されています。

黒ずみや角質に効く商品ランキングはコチラ

>管理人イチ押しの「ソワン」の詳細はコチラ

  

小鼻のポツポツとした毛穴の黒ずみの解消方法って?小鼻の黒ずみは角栓が原因なの?

  
黒ずみ 角栓 小鼻
  
小鼻の黒ずみの原因は、毛穴に詰まった皮脂、汚れ、古い角質です。特に女性はメイク汚れなども加わってきますから、小鼻の黒ずみに悩まされるケースは少なくありません。

皮脂や汚れ、古い角質が毛穴に詰まりますと、角栓になるのですが、この角栓が時間とともに酸化してきて、黒ずみになっていきます。

こうした原因がありますから、毛穴のポツポツを解消するためには、毎日の洗顔が非常に重要です。

洗顔する時に刺激の強いクレンジングオイル等を使用している方が多いかもしれませんが、できるだけ洗顔石けんを使用するようにしたいです。

角栓を取り除くようなパックは、毛穴のポツポツが改善されるどころか、余計に毛穴が広がって悪化することもあるので、使わないようにしましょう。

小鼻は洗顔石けんを使用するだけで十分に皮脂や汚れを洗い落とすことができますし、洗顔石けんには余分な成分が配合されておらず、お肌にも優しいです。

ポツポツや黒ずみを解消するためにも、石けんをしっかり泡立ててから優しく撫でるように洗ってみてください。それだけでも少しずつ黒ずみは解消されますが、乾燥すると皮脂の量が増えるので、洗顔後はすぐに化粧水で保湿していただきたいです。

治らない脇の黒ずみや角栓は皮膚科で治療すれば治るの?

  
黒ずみ 角栓 脇
  
なかなか治らない脇の黒ずみや角栓は、皮膚科で治療するのが良いですよ。

シェービングや毛抜きで自己処理を続けていると、必ず起こってしまうのが、黒ずみや角栓のブツブツガサガサですよね。自分でケアしようとしてもなかなか治らないし、これで正しいのかよく分からないっていうこともあります。

皮膚科で行う、脇の黒ずみや角栓の治療法を紹介します。代表的な方法が、レーザーです。黒ずみのもととなるメラニン色素をレーザーによって破壊し、徐々に薄くしていくという方法です。

最も効果的で、キレイになるのを実感しやすい治療法です。3か月~6か月くらいの期間でキレイな脇になれますよ!

他にも、外用薬でケアしていくという方法もあります。ハイドロキノンがその代表的な薬剤です。医師の指示に従って定期的に塗り込むことで、徐々に黒ずみは薄くなっていきますよ。

角栓のケアは、皮膚科でケミカルピーリングをお勧めします。ケミカルピーリングは、薬剤で古い角質や角栓を除去する方法です。こちらも通院の必要がありますが、効果は高いと言われています。

治らないと諦めてしまうのではなく、皮膚科の医師とカウンセリングを重ね、自分に合った治療法でコンプレックスを解消していきましょう!

黒ずみや角栓に効果のある市販の薬は薬局やドラッグストアで買えるの?

  
黒ずみ 角栓 薬
  
顔に黒ずみや角栓があると、目立つだけに気になるものです。皮膚科に行くのは時間もお金も掛かりますので、薬局やドラッグストアで市販の薬を買う事が出来れば簡単です。

市販の薬は、黒ずみや角栓をなくすというよりは黒ずみや角栓をなくしていく手助けをする役割の商品になります。

黒ずみや角栓を改善する市販薬は、即効性はありませんので継続して服用する事が重要になります。市販薬では、ビタミンCやLシステインやビタミンEやビタミンBが配合されている事が多いです。これらは血流を改善して、肌の新陳代謝を活発にしていく作用があります。

新陳代謝が高まれば、肌の生まれ代わりが正常に行われます。特にビタミンEは血流改善に効果を発揮します。ビタミンCとLシステインはメラニン色素が出来るのを抑えてくれます。また、出来てしまった黒ずみを無色化してくれます。これらの相乗効果でキレイな肌へと導いてくれます。

薬局やドラッグストアで購入出来るお勧めの商品はハイチオールCホワイティアという商品です。LシステインとビタミンCを配合しています。

他にも薬局やドラッグストアで購入出来る商品は、チョコラBBルーセントCという商品です。これは、ビタミンEも配合されているのでお勧めです。

黒ずみや角栓の除去に効き目のあるおすすめの方法って?口コミなどで人気の高い方法は?

  
黒ずみ 角栓 口コミ
  
顔にできやすい肌トラブルの代表である鼻の黒ずみは、美容情報サイトの人気口コミで効き目をチェックして、試してみるのがおすすめです。

鼻にできやすい毛穴の角栓黒ずみをケアする方法はいろいろありますが、間違った方法でケアを続けていると効き目がないだけではなく、肌を傷つける可能性があります。ですので、実際に体験した人の人気口コミをチェックするようにしてみましょう。

鼻の角栓を指や除去スティックなどを利用して押し出す人もいますが、やりすぎると肌を痛めてしまいます。

おすすめの方法として、ベビーオイルを利用したものが人気が高くなっています。

ベビーオイルを角栓が気になる部位に塗り、2時間から3時間ほど放置します。すると角栓が柔らかくなるので、洗顔だけで簡単に取り除くことが期待できます。

洗顔方法の効き目を高めるポイントは、洗顔料を十分に泡立てることです。

毛穴につまった汚れは泡で取り除くことがきるからです。さらに、泡で肌を洗うことで手による摩擦を防ぐことができます。泡で洗えば、指先で毛穴をふさぐ心配もないので、黒ずみが綺麗にケアできると口コミでも話題になっています。

洗顔時には余計な力が入らないように、薬指や小指で洗うのもおすすめです。

黒ずみや角質に効く商品ランキングはコチラ

>管理人イチ押しの「ソワン」の詳細はコチラ

  

文責:ひとみ

コメントは受け付けていません。