黒ずみの解消法|陰部やデリケートゾーンの黒ずみに効くクリーム

黒ずみ 解消
肌の黒ずみを解消する方法には、どんな種類があるでしょうか?

この記事では、顔や鼻、脇、ちくび、肘、デリケートゾーンなどの肌にできた黒ずみを解消する方法、黒ずみに効果的な化粧品、クリーム、クレンジングオイルを紹介します。

また、黒ずみの治療をエステでするときの治療方法も解説していますので、参考にしてみてくださいね。

黒ずみの解消に!おすすめ商品ランキング

>管理人イチ押しの「ナチュラルゲルクリーム」の詳細はコチラ

  

肌の黒ずみ解消に効果的なおすすめの化粧品って?その化粧品にはどのような種類があるの?

  
黒ずみ 解消 効果
  
肌の黒ずみ解消に効果が期待できる化粧品の種類でおすすめなのは、美白効果があるものです。

黒ずみの原因はメラニン色素の沈着で、それを薄くしてくれる可能性があるのがビタミンC誘導体です。美白と抗酸化作用によってメラニンを除去してくれます。水との相性が良いので、化粧水で使うのがおすすめです。

具体的な化粧品の種類としては、毛穴におすすめなのが「QuSomeローション(ビーグレン)」です。VCエチルというビタミンC誘導体が配合されていて、美白、肌の引き締め、ハリなどを改善します。ホメオシールドという成分は保湿や肌を整える作用があります。

市販品でコストパフォーマンスが良いのは「メラノCC(ロート製薬)」です。シミやニキビに効果があり、黒ずみの解消のために有効なビタミンC誘導体も配合されています。

美白成分はアスコルビン酸です。そのほかに血行促進作用があるビタミンE誘導体や抗炎症作用があるグリチルリチン酸ジカリウムも含まれています。

化粧水やクリーム、マスクなど色々な商品のラインナップが展開している化粧品です。

黒ずみ解消に有効な種類の化粧品を使うときには、合うかどうかパッチテストをしてから試してみましょう。

黒ずみの治療としてエステのレーザーやピーリングをする場合の値段の相場はいくらくらい?その治療方法のメリットとデメリットって?

  
黒ずみ 治療 エステ
  
黒ずみの治療としてエステのレーザーやピーリングをする場合の値段の相場は、ピーリングが1回あたり1万円前後、レーザーが1回5万円程度です。

ただし、レーザーやピーリングなどは医療機関でしかできない治療行為なので、医療行為が行えないエステではやっていません。

なので、治療を受けるにはエステではなく、美容外科や美容皮膚科などの美容系のクリニックに行く必要があります。

レーザーのメリットは、少ない回数で黒ずみを除去できることです。患部に光エネルギーを集中させやすいので、効き目が出るのがはやく、ハリツヤをアップしながら肌に潤いを与えられるというメリットもあります。

ただし、値段が高いのがデメリットです。保険がきかないので全額自己負担になります。

ピーリングは、比較的安く治療できて、年齢を問わず人気がある黒ずみの治療方法です。手軽に受けられますし、ニキビ跡などのしつこい黒ずみを除去するのも可能です。

デメリットは、皮膚に負担をかけるピーリング剤を塗るので、肌が弱い人には不向きな可能性があることです。肌の状態によって薬剤の強さを変えていくので、時間がかかる可能性もあります。

それぞれの方法にはメリットもデメリットもあるので、値段と相談しながら決めるようにしましょう。

アトピーの影響による黒ずみや皮膚の色素沈着を解消できる方法ってあるの?

  
黒ずみ 解消 アトピー
  
アトピーからくる皮膚の黒ずみや色素沈着の原因は主に、皮膚への刺激から起こるものが考えられます。

アトピーにより皮膚をかきむしってしまいますと、そのかきむしった刺激の影響で皮膚の細胞にあるメラニン色素が細胞から漏れ出して、皮膚に溜まってしまいます。これが黒ずみや色素沈着の原因となるのです。

では、黒ずみや色素沈着を解消する方法はと言うと、かかないようにするのが1番の解消法と言えます。

アトピーにかかっている方は、症状の強弱はありますが、医者にかかっている方がほとんどです。ですので、そこで処方されるお薬をしっかりと使い、痒みがない状態にしていきましょう。

そうすると、かきむしってしまうこともなくなり、新しく生じるものもなくなってきて、最終的には黒ずみや色素沈着が解消されます。

それだけかきむしることは悪影響を及ぼしてしまうのです。

ただ、この場合自然に任せて薄くなるのを待つという形になりますので、やはりある程度長期間かかることを考えなければなりません。

そうではなくて、黒ずみや色素沈着を早く薄くしたいという方には、ビタミンCなどの成分を肌の新陳代謝に良い影響を与える成分を用いるなどして積極的な治療を行うというケースもあります。

黒ずみの解消に!おすすめ商品ランキング

>管理人イチ押しの「ナチュラルゲルクリーム」の詳細はコチラ

  

妊娠や産後の悩みの一つである、お腹の黒ずみの治療法にはどのようなものがあるの?

  
黒ずみ 治療 妊娠
  
妊娠や産後の悩みの一つであるお腹の黒ずみの治療方法には「トレチノインハイドロキノン療法」というのがあります。

妊娠や産後のお腹の黒ずみの原因はホルモンバランスの変化によってメラニン色素が増えて、色素沈着が起きたのが原因です。

なので、このメラニン色素を消す効果がある美白効果があるハイドロキノン配合クリームと、ビタミンCなどをハイドロキノンの浸透力を高めるためのトレチノインという薬剤と合わせて使って黒ずみの部分に塗って治療します。

シミやソバカス、ニキビ跡などにも使われている美白療法です。ただし、副作用の心配があるので妊娠中や授乳中だと治療ができません。授乳が終わった産後であればトレチノインハイドロキノン療法を試してみてもいいでしょう。

お腹の黒ずみの悩みの原因には他にも縮んだ皮が余って黒っぽく見えてしまうケースもあります。これはメラニン色素が増えたのが原因ではないので、この悩みに対してはトレチノインハイドロキノン療法は有効ではありません。

こちらはターンオーバーが整えば徐々に回復する可能性がありますが、その他に妊娠線クリームを塗るという方法もあります。

いずれの治療法も子供に影響が出ない時期にやりましょう。

顔の黒ずみを解消できる、クレンジングオイルや洗顔料って?口コミや評判は?

  
黒ずみ 解消 クレンジングオイル
  
顔の黒ずみを解消する効果が高いクレンジングオイルや洗顔料はいくつかあるのですが、その中でも特に口コミで評判の良い商品を選ぶようにすると、短期間のうちに悩みを解消することができるようになるので、とてもおすすめです。

口コミで評判の良いクレンジングオイル、洗顔料といったら、マナラのホットクレンジングゲルです。

毛穴を開く効果が期待できるホットクレンジングは、その分刺激の強い成分が配合されているといったイメージをもっている方もいるかもしれませんが、マナラのホットクレンジングゲルは美容成分を多く含んでおり、低刺激の処方となっていますので、安心して使用することができます。

毛穴に詰まった汚れや皮脂などもしっかりと洗い落とすことができますし、酸化してしまった角栓を取り除き、お肌をキレイな状態に戻すことができるので、黒ずみを解消したいという場合は、ぜひマナラのホットクレンジングゲルを試していただきたいです。

実際に使用した人たちの口コミ評判は、クレンジング効果が高いのに肌に優しい、黒ずみが改善されたといった内容が多いです。

毛穴ケアに効果的なクレンジングオイルや洗顔料の中には刺激が強いものもありますが、マナラのホットクレンジングゲルは敏感肌にも使いやすいのでおすすめです。

顔の黒ずみやシミ、ニキビ跡などを解消できる美白化粧品って?

  
黒ずみ 解消 顔
  
肘や関節などの黒ずみ、顔にできたシミやニキビ跡などは、美白化粧水などを使用したホームケアで解消する事が出来ます。

黒ずみのほとんどの原因は、肌が床や衣類などによって長時間擦れる事により、肌を守ろうとメラニンが集まる事によるものです。

ニキビ跡については、赤み、色素沈着、凹凸など人によって悩みは異なりますが、黒ずみ、顔のシミ、ニキビ跡に共通して言える事は、ターンオーバーの促進で古い角質ははがれれば肌トーンも上がり、それぞれのお悩み解消につながるという事です。

ターンオーバーとは、新陳代謝のことです。お肌は新しい肌に生まれ変わろうとする力が備わっています。ですが、生活習慣の乱れやお肌のケアを怠るとその力は弱まってしまいます。

顔のシミやニキビ跡の解消を目指すのならば、生活習慣(食事・睡眠・運動)の他にもお肌のケアを丁寧に行う事が大切です。

たとえばファンケルの「アクネケアローション」は、毛穴づまりのケアからニキビの出来にくい肌を目指し、肌のバリア機能を高める働きがあります。ターンオーバーが促進される事で肌のトーンも上がり美白効果も期待できます。

ファンケルでは敏感肌の人にも優しい成分で作られているため、肌タイプに関わらず使用できおすすめです。

黒ずみの解消に!おすすめ商品ランキング

>管理人イチ押しの「ナチュラルゲルクリーム」の詳細はコチラ

  

鼻のポツポツとした毛穴の黒ずみの治療方法はあるの?また、イチゴ鼻と呼ばれる毛穴の黒ずみの原因って?

  
黒ずみ 治療 鼻
  
顔の中で特に毛穴が気になるのは鼻です。ポツポツした黒いものができてきて、知らないうちにイチゴ鼻と言われる状態になってしまいます。こうなると黒ずみも気になりますね。

治療はできるのでしょうか。また黒ずみやイチゴ鼻の対策はどうすればいいでしょうか。

まず毛穴にたまる汚れは角栓といい、これは余分な皮脂や化粧品の落としきれなかったものなどが集まってできてしまうものです。これがその名の通り栓をしてしまい、毛穴の黒ずみのもととなってしまいます。

治療法としては、エステサロンでの毛穴吸引があります。こちらは蒸気を当てて毛穴を開き、そのあと角栓を吸い取るというものです。これをやると、ポツポツが効率よく除去できイチゴ鼻がしばらく改善されます。

自宅でやるなら鼻を蒸しタオルやラップでパックしてから洗顔するというものがあります。こちらは手間がかかりますが、パックしながら入浴して、その後洗顔をしてしまえば流れ作業となるのでよいでしょう。家庭にあるものでできるので、他所で治療をするより手軽です。

ポツポツを簡単に取りたいなら角栓パックです。こちらも一定の効果は見込めますが、鼻の皮膚に負担をかけやすいので、あまり頻繁にやりすぎるのはよくないとされています。

脇の脱毛が原因の黒ずみの解消方法って?脇の黒ずみの改善方法って?

  
黒ずみ 解消 脇
  
自己処理による脇の脱毛が原因の黒ずみの解消方法には、美容皮膚科の治療による改善方法があります。

ピンセットなどで無理やり脇の脱毛をしてしまうと、埋没毛になってしまう場合があります。また、シェーバーなどで脇を擦りすぎてそれが肌への刺激になってメラニン色素が沈着して黒ずみの原因になる場合もあります。

埋没毛になってしまった場合は、市販のピーリング剤を使った解消方法があります。ただし、製品によっては肌に負担になる可能性があるので気をつけましょう。

だいたい1,000円程度のコストでできます。自分でピーリングをやる自信がないならば、美容皮膚科でピーリング治療を受けられるのでそちらの方が安全です。1回1万円程度です。

脱毛の時に脇を擦りすぎたことが原因の黒ずみの解消方法は、ターンオーバーを促すのが大切です。改善方法としては、皮膚科や美容皮膚科で処方してもらえるハイドロキノンやトレチノインといった塗り薬を塗ってメラニン色素を抑制・排出しながら改善していく方法があります。

一般の皮膚科でも治療が受けられて、この場合はハイドロキノン5gが1,500~3,000円、トレチノイン5gが2,000~3,000円程度です。

ちくびの黒ずみを自力でピンク色に治療する方法は?自力で治療するためにおすすめのグッズや商品って?

  
黒ずみ 治療 ちくび
  
ちくびの黒ずみで悩んでいる方は実は多くいますが、そんな状態を自力でピンク色に治療する方法はあります。それは保湿効果の高い美白クリームを毎日使うことです。

ちくびの黒ずみの原因は保湿ケアを怠ったために、刺激を受けやすい状態になって、メラニン色素が生成・沈着したためです。

このような黒ずみができると綺麗にしようと擦る方もいますが、この方法はかえって逆効果です。刺激を与えることによりさらにメラニン色素の生成を促してしまいます。

では、どうすれば自力で治療ができるのかというと、しっかりと保湿ケアをすることにより外部刺激から守ることが有効です。保湿をすることにより、ターンオーバーを促進して黒ずみの沈着した角質を落としやすくすると共に、ピンク色の肌にすることができます。

また、美白クリームにはメラニン色素の生成を抑制して、黒くなってしまった色素を薄くする効果があるので、使い続けるうちに綺麗なピンク色にすることが期待できます。

しかし、ターンオーバーを正常化するには時間がかかります。そのため効果を得るためには根気強く毎日ケアをし続けるのが必要です。

このようにちくびの黒ずみを自力で改善するなら「ピューレパール」など、保湿効果の高い美白クリームを使うのが有効な治療方法です。

黒ずみの解消に!おすすめ商品ランキング

>管理人イチ押しの「ナチュラルゲルクリーム」の詳細はコチラ

  

肘や膝の乾燥による黒ずみを解消するにはどうすれば良いの?効果的に保湿出来る方法って?

  
黒ずみ 解消 肘
  
肘や膝の乾燥による黒ずみを解消するには、乾燥した肌をしっかり保湿するのが大事です。

肘や膝は肌の露出が多い部位なので、どうしても乾燥することが多くなります。乾燥するとどうしても黒ずみをおこしてしまうので、保湿クリームなどをまめに塗ると黒ずみを解消できます。

肘や膝は摩擦を受けやすく机に肘をついたり、床に膝をつく場合が多いので、摩擦や刺激が皮膚に加わってしまいます。皮膚に刺激や摩擦が加わると、皮膚を守ろうと角質が分厚くなります。ケアをせずに放っておくと皮膚が黒ずんでしまいやがて色素沈着になります。

一度色素沈着になるとなかなか解消されないので気をつけてください。黒ずみを解消する方法としては、摩擦をさけることが大事なので、できるだけ机に肘をついたり床に膝をつかないのが大事です。

どうしても姿勢を改善できない場合は、長袖やズボンをはいて肌を露出させないといいでしょう。露出しなければ、紫外線を浴びずにすむので黒ずみになりにくいです。

カミソリでの脱毛は控えた方がいいですが、それは難しいという場合は、保湿クリームを塗ってしっかり保湿をしてから脱毛するといいでしょう。

それでも解消できない場合は、脱毛サロンやクリニックに通いプロに脱毛を任せてください。

デリケートゾーンなどの陰部の黒ずみの治療を自宅で簡単にできる方法って?

  
黒ずみ 治療 デリケートゾーン
  
陰部などのいわゆるデリケートゾーンと呼ばれるところの黒ずみは、自宅で意外と簡単に治療することができる場合があるので試してみると良いでしょう。

そのためにはまず、陰部の黒ずみの原因を確かめなければなりません。もっとも考えられるものとしては、自宅で身につける下着にあるかもしれないです。

なぜならデリケートゾーンが擦れることによって、体がその部分を守ろうとしてメラニンを出し、黒ずみになるからです。

治療のためには締め付けの少ない下着に替えるだけで簡単に治ることもあれば、少なくとも酷くなるのを防げます。

自宅でお風呂に入る際に洗いすぎるのも禁物で、先述した通り擦れることと、善玉菌を取り除いてしまうと臭いもきつくなるのでほどほどにしましょう。

市販されているデリケートゾーン用の石鹸をしっかりと泡立てて、それを手につけて優しく洗浄することです。

自宅でもできる陰部の黒ずみの治療で一番簡単とも言えるのが、保湿しておくということで、入浴後に美容液やクリームを塗っておけば良いです。

ただし、デリケートゾーンなのでアルコールや香料を含まないものを選んでおきたいです。もしも何度か使って肌に合わないなら、すぐに別のものにしておくのをおすすめします。

肌の黒ずみを解消できる人気のクリームは薬局やドラッグストアでも買えるの?

  
黒ずみ 解消 クリーム
  
年々肌の黒ずみが気になってきた、なんとか解消したいと思っている方は多いのではないでしょうか。

黒ずみと加齢は切っても切れない関係にあります。そのメカニズムとして、メラニン色素の沈着が考えられます。

乾燥や紫外線など日々のダメージがメラノサイトを刺激することでメラニン色素が放出されます。そして、そのメラニン色素は肌に沈着して黒ずみとなるのです。

若いうちは肌のターンオーバーが活発なため、色素が沈着する前に新しい肌へと生まれ変わるため問題ないのですが、加齢とともにこのターンオーバー能力は低下するため、メラニン色素が肌に沈着し、黒ずみになるのです。

それを解消するためには、美白クリームなどを使用すると良いのですが、その中でもお勧めなのが「アスタリフト」です。薬局やドラッグストアで買えるのが人気の秘訣だと言えます。

性能の良い商品でも薬局やドラッグストアで買えないものは、どうしても手軽さに欠けるため人気が出にくい傾向にあります。

その中でも、アスタリフトの美白クリームや化粧水などは、高い効果が得られる上に誰でも薬局やドラッグストアで購入できるため人気となっています。

その上、黒ずみを解消する美白成分がふんだんに配合されたクリームであるため、その悩みを解消してくれることが期待できます。

黒ずみの解消に!おすすめ商品ランキング

>管理人イチ押しの「ナチュラルゲルクリーム」の詳細はコチラ

  

文責:ひとみ

コメントは受け付けていません。