デリケートゾーンの黒ずみの解消法|陰部の黒ずみに効くクリーム

  デリケートゾーン 黒ずみ
デリケートゾーンの気になる黒ずみ、どうやって対策をしていったら良いのでしょうか?

デリケートゾーンの黒ずみの原因には、メラニン色素の沈着や下着の摩擦、ムダ毛の自己処理などがあります。

ここでは、デリケートゾーンにできる黒ずみの原因、恥ずかしいデリケートゾーンの黒ずみの解消方法、皮膚科などで行われるレーザー治療などについて説明していきます。

また、陰部の黒ずみに効果的な美白商品、クリーム、薬、化粧水、通販で買えるデリケートゾーンの黒ずみ対策商品、口コミで評判の商品なども紹介していますので、参考にしてみてくださいね。

デリケートゾーンの黒ずみに効く商品ランキングへ

>管理人イチ押しの「ナチュラルゲルクリーム」の詳細はコチラ

  

目次

デリケートゾーンの黒ずみの原因って?自力で出来る対策方法ってあるの?

  
黒ずみ デリケートゾーン 原因
  
黒ずみが気になるデリケートゾーンの原因と対策を知って、自力でできる方法を試してみましょう。

デリケートゾーンの黒ずみの1番の原因は、下着による摩擦です。肌は、外部から攻撃されると、対抗して肌細胞からメラニン生成を活発にして、防御しようとします。

ほぼ24時間365日ショーツによる摩擦が起こっているので、メラニン生成の勢いが止まらずに、肌のターンオーバーが狂い、この積み重ねが黒ずみとなってしまいます。

また、加齢と共に、ターンオーバー機能がどんどん衰えていくので、早めの対策が必要になってきます。

簡単に自力で始められる方法は、下着を見直す事です。締め付けがきつ過ぎず、自分のサイズにちゃんと合っている下着を選んだり、お部屋で過ごす日はユルっとボクサータイプのショーツにしてみるのもいいかもしれません。

ショーツの上から更に圧をかけるような、スキニーパンツが好きな人はなおさらです。

下着の他に、デリケートゾーンの洗い過ぎも原因になってしまいます。デリケートゾーン用のケア商品もたくさん出ているので、専用ソープを使って優しく洗って、保湿も専用のローションを使うようにしましょう。

自力でできる対策方法で黒ずみを悪化させないように予防する事も大事ですね。

デリケートゾーンの黒ずみはメラニン色素の沈着によるものなの?色素沈着のメカニズムと除去方法って?

  
黒ずみ デリケートゾーン メラニン色素
  
デリケートゾーンの黒ずみは、メラニン色素の沈着によるもので、色素沈着は除去することが可能です。

角質層が薄いデリケートゾーンは、下着などの摩擦によって刺激を受けることが多く、メラニン色素による色素沈着が起きやすい場所です。

デリケートゾーンの黒ずみを気にする女性は多く、早めに色素の沈着を改善したいと考えている女性は少なくありません。

メラニン色素の沈着が起きないように、下着は肌に優しい天然素材のものを使うように心がけ、なるべく摩擦による刺激を避けることが大事です。

色素沈着の黒ずみを除去するには、様々な方法があります。美容クリニックの中には、メラニンの合成を抑えるハイドロキノンなどの美白成分が配合されたクリームを処方しているクリニックもあります。

ハイドロキノンは、欧米では昔から有名で、最近は日本でもシミなどの色素沈着を除去するために使われています。美容クリニックでは、ケミカルピーリングで色素沈着の黒ずみをケアする方法も人気があります。

ピーリングは、黒ずみだけでなく、皮膚のざらつきも除去できるため、多くの女性が利用しています。ただ、色素の沈着は自然に起こるものなので、あまり神経質になる必要はありません。

デリケートゾーンの黒ずみは下着の摩擦や蒸れが原因で出来る場合もあるの?下着によるデリケートゾーンの黒ずみを予防する方法って?

  
黒ずみ デリケートゾーン 下着
  
デリケートゾーンは黒ずみができやすい部分です。デリケートゾーンの皮膚は瞼よりも薄く、とても弱い部分であることが理由です。

そして、常に下着を身に着けることでその摩擦や刺激、更に蒸れやすいことで肌にストレスを受けやすいのです。

肌の特徴として、外部からの刺激に対して、肌を守ろうとする防御反応からメラニン色素をたくさん分泌するということがあります。すると、そのメラニンが排出できずに肌に残り、黒ずみが出来してしまうという仕組みなのです。

これを改善、予防するには日々のケアが欠かせません。汚れを落とす際にはこすらずに良く泡立てた石鹸で泡に汚れを吸着させるような感覚で優しく洗い、その後の保湿をしっかりと行います。

特に下着のゴムの部分などは摩擦が強いので保湿剤を塗ることで肌バリアとなり刺激から肌を守ることができます。

そして、蒸れることで皮脂が溜まり毛穴つまりを起こすことも黒ずみの原因となるので、汚れを落とすこと、保湿をすることを特に心がける習慣で予防できます。

また、下着は汗を吸収するような素材のものを着用することも黒ずみ予防になります。

このようにデリケートゾーンは黒ずみのできやすい環境が揃っているので、摩擦や蒸れを改善する環境を整えることが必要です。

デリケートゾーンの黒ずみに効く商品ランキングへ

>管理人イチ押しの「ナチュラルゲルクリーム」の詳細はコチラ

  

デリケートゾーンの黒ずみはカミソリや毛抜きを使った自己処理が原因の場合もあるの?自己処理による肌の刺激の緩和方法や黒ずみになってしまった場合の対処法とは?

  
黒ずみ デリケートゾーン 自己処理
  
デリケートゾーンの黒ずみはカミソリや毛抜きなどによるムダ毛の自己処理による肌への刺激が原因となることがあります。

カミソリで剃ったり毛抜きで抜いたりなどのムダ毛の自己処理を繰り返しているとそれが肌への刺激となり、メラノサイトから生成されたメラニンが色素沈着を引き起こしやすくなります。それがデリケートゾーンの黒ずみにつながってしまいます。

カミソリや毛抜きを使った自己処理による肌の刺激の緩和方法としては、アフターケアとして保湿を徹底することが重要になります。

保湿をすることで角質のバリア機能がアップし、ターンオーバーを活発にさせることができます。

ターンオーバーが活発になれば肌細胞の再生スピードが速くなりメラニンの色素沈着が起こりにくい健やかな肌環境になります。

黒ずみになってしまった場合の対処法としては、保湿効果がある美容成分であるセラミドやヒアルロン酸やプラセンタやコラーゲン、炎症を抑制する効果があるグリチルリチン酸、抗酸化作用があり美白効果があるビタミンC誘導体などが配合されているスキンケアアイテムで積極的にケアをするのが効果的です。

ムダ毛の自己処理を中止してサロンでの脱毛に変更するという方法も有効です。原因や対処法をきちんと理解してデリケートゾーンの黒ずみの改善や予防に努めましょう。

陰部の黒ずみは、サロンのレーザー脱毛が原因になっている場合もあるの?肌へのダメージがどのように影響するの?

  
黒ずみ 陰部 レーザー
  
ムダ毛の処理を行う際に、特にお手入れが難しいとされているのがVIOラインなどの陰部のお手入れだとされています。

セルフケアではお手入れが難しいからと、エステサロンや美容皮膚科クリニックなどで受けられる医療レーザー脱毛を受けた後に、陰部付近に黒ずみが出来てしまったという経験をお持ちの方は少なくありません。

エステサロンや脱毛サロンなどの美容施設では主にフラッシュ脱毛などが採用されていますが、美容皮膚科クリニックなどの医療機関では、脱毛効果の高い医療レーザー脱毛を採用しています。

皮膚が薄くかなりデリケートな部位である陰部のお手入れは少しの刺激でも肌ダメージになってしまうことが多く、特に医療レーザーなど毛根に直接照射を行い、毛乳頭を破壊してしまうほどの高いダメージを与える施術となると、医療施術として医師の元で安全に行えるお手入れだとしても、色素沈着を起こしてしまい黒ずみの原因になってしまう恐れがあるのです。

そこで少しでも肌に黒ずみを作らないためにも、肌ダメージを特に受けやすくなる生理前の期間や肌荒れなどが起こって皮膚が普段よりもデリケートになっている時に無理に施術を受けるのは避ける必要があります。

更に施術を行った後は肌が乾燥しないように保湿ケアを行うことも効果的です。

デリケートゾーンの黒ずみを解消に効果のある成分って?その黒ずみ解消に効果のある成分名と、その成分の含まれている商品とは?

  
黒ずみ デリケートゾーン 解消
  
デリケートゾーンの黒ずみに悩む女性は多く、特に最近人気となっているデリケートゾーン脱毛後に、自分のアソコが黒ずんでいるということに気が付き、ケア商品を探している方も多いようです。

肌の黒ずみを解消する効果の高い美白成分は、メラニンの生成を抑えるトラネキサム酸で、この成分は厚生労働省の薬事法で定められた医薬部外品なので、その効果は期待を裏切りません。

この成分が配合されているイビサクリームは、雑誌などでもたびたび取り上げられるほど人気が高く、デリケートゾーンの黒ずみを解消できる商品として、口コミランキングでもトップに挙げられているほどです。

このクリームには、美白成分であるトラネキサム酸以外に、お肌の荒れを防止し、鎮静化するグリチルリチン酸2K も入っているので、アソコのかぶれなども解消させることが出来ます。

黒ずみの原因は肌の乾燥にも起因しているので、しっかりと保湿をし、肌に潤いを与えることで、新陳代謝が活発になります。

古い皮膚を剥がし落とし、綺麗な新しい皮膚を押し上げることも大切です。

この商品には厳選された保湿成分もたっぷりと配合されているため、潤い効果も抜群で、肌はしっとりと柔らかくなっていきます。

デリケートゾーンの黒ずみに効く商品ランキングへ

>管理人イチ押しの「ナチュラルゲルクリーム」の詳細はコチラ

  

デリケートゾーンの恥ずかしい黒ずみの悩みを改善する方法って?肌のターンオーバーを促す方法など、デリケートゾーンの黒ずみの改善につながりそうな方法とは?

  
黒ずみ デリケートゾーン 恥ずかしい
  
普段からスキンケアには力を入れているのに、気がついたらデリケートゾーンが黒ずんでいたという悩みのある人も多いのではないでしょうか。

デリケートゾーンが黒ずんでいると遊んでいるように見られてしまったり、彼氏に指摘されるとショックですし恥ずかしいものです。

デリケートゾーンの恥ずかしい黒ずみは刺激によってメラニンの生成が活発化したことによって起こるのですが、一気に黒くはならず緩やかに黒くなっていくので自分ではなかなか気が付かないものです。

また加齢に伴って肌のターンオーバーが乱れ、古い肌が生まれ変わらずにそのまま定着していることも考えられます。

この恥ずかしい悩みを改善するためには、デリケートゾーンに刺激を与えないことが大切です。刺激を与えることで細胞を守ろうとしてメラニンを生成させるので、下着は柔らかい素材のものを選ぶと黒ずみを改善することができます。

また、乱れた肌のターンオーバーを正常に戻すには、生活習慣を見直して改善していく必要もあります。バランスの良い食事はもちろん、良質な睡眠をとること、適度な運動を習慣にすることでターンオーバーを正常に戻すことができます。

すぐに改善されるものではありませんが、根気よく続けることで黒ずみの悩みも解消できます。

陰部の黒ずみは病院の皮膚科で治療できるの?陰部の黒ずみの治療の料金相場はいくら?

  
黒ずみ 陰部 皮膚科
  
陰部の黒ずみに対処するために皮膚科の病院を利用する場合、治療の料金がどの程度かかってしまうかについて見ていきます。

陰部に黒ずみが汚く見えてコンプレックスになってしまうので、早めに改善することが必要です。市販のクリーム等でも改善するケースがありますが、確実に治したいのであれば皮膚科の病院を利用するべきです。

皮膚科の病院ではレーザー治療が一般的になります。料金は1回1万円くらいが相場です。

ただ、レーザー治療は6回~12回くらいは継続して利用することが求められます。1回だけでは不十分と言わざるを得ません。したがって、10万円くらいの料金がかかってしまうことは仕方ないと考えるようにしてください。

また、病院選びも慎重に行う必要があります。費用を安く抑えることを1番に考えて選んでいる方がいますが、1番大事なのは陰部の黒ずみをしっかり改善することになります。

安さだけで選んでしまうと、トラブルが生じてしまい何か他に問題が発生する可能性があります。それを治すためにも多くのお金と時間を費やすことになるので、安心して治療を受けることができるところを選ぶようにしてください。

安く抑えたい考えは理解できますが、それよりも大事なことがあるはずです。

陰部の黒ずみをケアできる、美白商品にはどのようなものがあるの?陰部のケアの注意点やおすすめの方法って?

  
黒ずみ 陰部 美白
  
黒ずみが気になる陰部を、美白アイテムでケアする場合のおすすめと注意点、実際に試す前に知りたいですよね。

陰部の黒ずみは女性の悩みですよね。タブーのようにされていたこの悩みも、最近では雑誌で特集が組まれたり、バラエティショップにコーナーができたり、オープンになってきました。

デリケートゾーンの美白ケア商品には、クリームタイプ、ローションタイプ、石鹸、塗り薬など、直接お肌にアプローチする商品だけでも種類豊富で、国内外問わず多くのメーカーから発売されています。

実際に自分のライフスタイルや体に合う物を使うのが一番ですが、一般的に、美白効果と使用方法の安全性、コスパなどで比較すると、クリームタイプがおすすめです。保湿効果が高くて、肌のターンオーバーを助ける成分の入ったクリームでケアする事で、お悩み解消に近づきます。

クリームタイプの商品を選ぶときの注意点は、即効性や価格よりもクリームの成分をきちんとチェックする事です。デリケートゾーンと呼ばれるぐらいですから、陰部のお肌はとてもデリケートなので、植物由来や肌に負担の少ない成分でできた物を選ぶようにしましょう。

黒ずみは、1日2日で解消できる事ではないので、注意点をふまえ、安全な商品で長く丁寧にケアしてあげる事をおすすめします。

デリケートゾーンの黒ずみに効く商品ランキングへ

>管理人イチ押しの「ナチュラルゲルクリーム」の詳細はコチラ

  

デリケートゾーンの黒ずみに効くクリームや塗り薬にはどのようなものがあるの?効果的な使い方って?

  
黒ずみ デリケートゾーン クリーム
  
デリケートゾーンの黒ずみに効くクリームや塗り薬には黒ずみのもとであるメラニン色素を薄くする作用のある美白成分を配合しているものがあり、使い方としては顔のスキンケアと同じようにお風呂上がりなどに適量をデリケートゾーンになじませてケアします。

デリケートゾーンにできやすい黒ずみは、メラニンという肌を黒化させる色素が大量に生成されることが原因です。メラニン色素は肌に生じる外部刺激で生成量が増えるため、デリケートゾーンのように下着による摩擦が起こりやすい場所などに生じやすい特徴があります。

メラニン色素の排出を促すことが改善のポイントですので、美白に効くクリームや塗り薬を毎日使用し、じっくりとケアを行うことが肝心となります。

実際どのような成分が効くかというと、代表的なものにビタミンC誘導体があります。

ビタミンC誘導体誘導体を配合したクリームや塗り薬は一般的なドラッグストアでも販売されており、肌への刺激も少ない成分ですので通常のスキンケアと同じ使い方で気になる部分になじませるだけでOKです。

その他にはハイドロキノンという成分は黒ずみ改善に高い効果を発揮します。

ただしハイドロキノンは非常に強い作用を持つ代わり肌への刺激がある場合がありますので、使い方は製品の指示に必ず従いましょう。

デリケートゾーンの黒ずみに効く薬や市販薬は薬局やドラッグストアでも売っている?

  
黒ずみ デリケートゾーン 薬
  
デリケートゾーンの黒ずみに効くクリームや市販薬に関して、薬局やドラッグストアで購入することは難しいです。

デリケートゾーンの黒ずみを解消するための薬は病院で処方されるのが一般的です。薬局やドラッグストアで購入できる市販薬で購入できるクリームなどでは、少ない程度の成分が配合されていますが、長期的に使うことで陰部などの黒ずみを解消することは期待できます。

薬局やドラッグストアで購入できる黒ずみに効くクリームや市販薬に関してですが、薬局やドラッグストアよりも通販サイトなどで取り扱いがある「イビサクリーム」などが効果的です。

デリケートゾーンなどの敏感な部分には、専用のクリームををつけた方が良いです。「イビサクリーム」は敏感肌の方でも使えるようになっています。

「イビサクリーム」の成分としては、トラネキサム酸やグリチルリチン酸などがあります。トラネキサム酸はメラニン生成を抑制、グリチルリチン酸は肌荒れ予防の効果が期待できるんですね。

「イビサクリーム」を使うことで、気になっていた黒ずみなどが気にならなくなって良かったなどの評判があったりします。

返金保証もありますから、興味があれば「イビサクリーム」を検討してみても良いと思います。

陰部の黒ずみに有効な美白商品は通販のamazonや楽天でも買えるの?

  
黒ずみ 陰部 通販
  
デリケートゾーン、いわゆる陰部の黒ずみに有効なアイテムなら、amazonや楽天の通販を利用して対面しないでポイントも貰っちゃいましょう。

いくら「デリケートゾーン」って、カタカナでぼやかされても、商品を手に取ってレジに行くのが恥ずかしかったりしませんか?通販なら、対面しないで済むし、商品レビューも読めたり、ポイントも貯まっちゃったり、いい事づくめですよね。なにより、市販されていない商品が簡単にみつかるのが通販のいちばん便利な所ですよね。

楽天市場とamazonの両サイトで、人気の商品を紹介します。

楽天市場でレビュー評価が高い商品は、ヴィーナスラボ「ジャムウクリアナノソープ」です。陰部の黒ずみに対して、泡で優しく洗ってパックしてあげる事でケアする石鹸で、12種類のジャムウをブレンドした香りです。

amazonの人気商品はルボア「アンティームホワイトクリーム」ですね。うるおいを与えてあげる事で、陰部の黒ずみをケアする保湿クリーム、メリッサがメインのオリジナルブレンドの香りです。

石鹸タイプと保湿クリームタイプ、有効成分も使い方も違う2つの商品が人気です。

自分のライフスタイルに合わせて、使いやすいタイプや好きな香りでブランドを選ぶのがベストですね。石鹸とクリームを併用したら更に有効かもしれません。

デリケートゾーンの黒ずみに効く商品ランキングへ

>管理人イチ押しの「ナチュラルゲルクリーム」の詳細はコチラ

  

デリケートゾーンの黒ずみに効く化粧水の価格相場はいくらぐらいなの?安い値段で買える黒ずみ用の化粧品って?

  
黒ずみ デリケートゾーン 化粧水
  
デリケートゾーンの黒ずみにアプローチする化粧水の価格相場と、値段の安い商品を調べてみました。

近年、日本でもデリケートゾーンのケアが以前よりオープンになって、専用商品の種類も増えました。

デリケートゾーンの黒ずみに効く化粧水とひとくちに言っても、各メーカーでそれぞれ売りにしているポイントも違って、同じ目的で、ぱっと見は似たような効果に思えてもお値段もいろいろです。

安いイメージのあるドラッグストアで購入できる専用化粧水というと、逆に高くて1万円近い価格のものになってしまうんですよね。

通販サイトで、石鹸やデオドラント商品を除いて、純粋にデリケートゾーンの黒ずみにスポットを当てた化粧水に限って調べたところ、安価なものは1,500円程度から高価なものは13,000程度でした。

いかにも高機能といった雰囲気の日本の化粧品メーカーが販売しているものは1万円前後ですが、オーガニック由来の成分を使用しているものでも3,000円程度で購入できます。

価格の高い安いの感覚は人それぞれですが、ルボアのアンティームローズローションは、イタリアICHEAのオーガニック認証を受けた安心安全の高品質で、100mlボトルで3,240円です。このお値段なら毎日使いでも続けやすいですね。

デリケートゾーンの黒ずみに効く商品で人気の高いものって?実際に使ってみた体験談や口コミや評判って?

  
黒ずみ デリケートゾーン 口コミ
  
人気があるデリケートゾーンの黒ずみケア商品の評判や口コミと実際の体験談をご紹介します。

デリケートゾーンのお手入れと言えば、石鹸タイプのヴィーナスラボの「ジャムウクリアナノソープ」ですね。

某コスメサイトでの口コミ評価も高く、通販サイトではこのジャンルの人気商品として上位に登場します。

バラエティショップでも扱っているので入手しやすく、見た目も名前もシンプルに石鹸なので、対面のお店でも抵抗なく買える事も人気の理由かもしれませんね。

ジャムウとは、ハーブや植物の実や根などを調合したもので、インドネシアで古来から使われる自然療法です。このジャムウを12種類ブレンドしてできたのが、ジャムウクリアナノソープなので、肌に優しいのは言うまでもないですよね。

香りも植物特有のさっぱりした良い香りです。黒ずみだけでなく、臭いや、かゆみにも効果があると評判です。

私の体験談になりますが、使い方は泡立ててパックしています。評判どおり、ヒリヒリする事もなく優しい使い心地で、デリケートゾーンの不快感が全然なくなりました。

黒ずみについては、口コミにも多いように、即効性のあるものではないので、継続使用が大事ですね。

お風呂場に置いて、1人きりになれる入浴時に使うので、デリケートゾーンケア初体験の人にも使いやすいアイテムです。

デリケートゾーンの黒ずみに効く商品ランキングへ

>管理人イチ押しの「ナチュラルゲルクリーム」の詳細はコチラ

  

文責:ひとみ

コメントは受け付けていません。