乳首の黒ずみを自力でピンク色に治療することはできるの?自力で治療するためにおすすめのグッズや商品って?

ちくびの黒ずみで悩んでいる方は実は多くいますが、そんな状態を自力でピンク色に治療する方法はあります。
それは保湿効果の高い美白クリームを毎日使うことです。

ちくびの黒ずみの原因は保湿ケアを怠ったために、刺激を受けやすい状態になって、メラニン色素が生成・沈着したためです。

このような黒ずみができると綺麗にしようと擦る方もいますが、この方法はかえって逆効果です。
刺激を与えることによりさらにメラニン色素の生成を促してしまいます。

では、どうすれば自力で治療ができるのかというと、しっかりと保湿ケアをすることにより外部刺激から守ることが有効です。
保湿をすることにより、肌のターンオーバーを促進して黒ずみの沈着した角質を落としやすくすると共に、ピンク色の肌にすることができます。

また、美白クリームにはメラニン色素の生成を抑制して、黒くなってしまった色素を薄くする効果があるので、使い続けるうちに綺麗なピンク色にすることが期待できます。

しかし、肌のターンオーバーを正常化するには時間がかかります。そのため効果を得るためには根気強く毎日ケアをし続けることが必要です。

このようにちくびの黒ずみを自力で改善するなら「ピューレパール」など、保湿効果の高い美白クリームを使うことが有効な治療方法です。

黒ずみ 治療 ちくび

文責:ひとみ

コメントは受け付けていません。