乳首の黒ずみをクリニックで治療する場合、どのような種類の治療法があるの?クリニックでの治療のメリットとデメリットって?

乳首の黒ずみをクリニックで治療する場合、一般的に治療法の種類がいくつかあります。

ひとつは、レーザーによる治療法があります。メラニンに反応するレーザーを照射することで、乳首に残っている黒い色素を破壊することで、新しいきれいな皮膚を作るというものです。

クリームなどの治療法に比べて、黒ずみが取れてピンク色に近づく効果が速いというメリットがありますが、費用が高く、ダウンタイムがだいたい一週間ほど必要になるというデメリットがあります。

そしてもうひとつには、乳首の黒ずみに効果的なクリームをクリニックで処方してもらって治療する方法があります。
クリームの種類にはハイドロキノンやトレチノインがあり、それぞれにメリットとデメリットがあります。

ハイドロキノンは、メラノサイトの活動を弱め、メラニン色素を作る命令を下すチロシナーゼという酵素の働きを抑制する作用があります。その美白効果は非常に高いのですが、肌に浸透する力が弱いというデメリットがあります。

一方のトレチノインは、浸透力があり、肌のターンオーバーを早める力があります。そのためクリニックでは、この2種類の成分を合わせてひとつのクリームとして、処方することが多いのです。

黒ずみ 乳首 クリニック

文責:ひとみ

コメントは受け付けていません。