頬の黒ずみは病院の皮膚科で治療できるの?その場合の治療費と治療法の種類って?

頬の黒ずみを消したいので病院の皮膚科で治療したいけれど、治療費や治療法の種類がわからないという方は少なくありません。

頬の黒ずみの状態は人によって違うので、最適な治療法とそれにかかる治療費を知りたいときはまず、お近くの病院の皮膚科でカウンセリングを受けるようにしましょう。

病院の皮膚科で行われている頬の黒ずみの治療法のひとつに、1回8千円ほどの治療費で受けられるケミカルピーリングがあります。

毛穴に詰まった角栓が原因による、頬の黒ずみの改善に効果があるので試してみるようにしましょう。

フルーツ酸や乳酸などの薬液を使えば、角質を溶かし、表皮を薄くはがして、皮膚の表面を生まれ変わらせることが出来ます。

余分な角質や汚れを溶かし出せるので、毛穴の詰まりが目立たなくなりますし、ターンオーバーの乱れも整えられるので、なめらかな肌に導けます。

また、毛穴は黒く見えるものの、毛穴に詰まった角栓が黒ずんでいるのではなく、触ってもザラザラしないときは、日焼けによる炎症でメラニンが発生し、色素沈着を起こしたメラニン毛穴と考えられるので、イオン導入が適しています。

これは肌に微弱な電流を流して、皮膚に浸透しにくい美容成分を肌の奥深くまで届ける治療法で、1回5千円ほどで受けられます。

黒ずみ 頬 病院

文責:ひとみ

コメントは受け付けていません。