肌の黒ずみは病院の皮膚科で治療出来るの?その料金はいくらくらいかかるの?

皮膚科病院で肌の黒ずみを治療する方法を料金についてちょっと調べてみました。

頑固な黒ずみを自力で解消するのは難しいですよね。化粧品や市販薬もたくさんあるけれど、結局どうしていいかわからなくなったり、そんな時は皮膚の専門家に頼るのも有効な手段ですね。

病院によって違いますが、皮膚科で行う方法には、主に、レーザー治療、ケミカルピーリング、塗り薬の処方の3つがあります。

レーザー治療は、レーザーで直接メラニンを壊して、肌のターンオーバーを助けます。料金はレーザーの種類によって1回1万円から10万円を超える高額になる事もあります。安価なレーザー治療でも、回数を重ねれば高額になってしまうので注意が必要です。

ケミカルピーリングは、角質除去で肌のターンオーバーを促して美肌効果も高いです。料金は1回2万円~4万円程度ですが、10回目ぐらいから黒ずみの効果が出始めるので、10万近い費用が必要になります。

塗り薬は、メラニン色素を破壊、生成もストップするというハイドロキノン配合の塗り薬を処方してもらって、自宅で自分でケアしていく方法です。漂白効果も高いですが、保険適用外なので費用も高く1ヵ月でおよそ3万円は必要です。

料金は高いけれど効果も高い皮膚科の病院での黒ずみ治療法、医師のアドバイスが貰える事も安心ですね。

黒ずみ 肌 病院

コメントは受け付けていません。