目の回りの黒ずみをクリニックなどでピーリング治療することは出来るの?ピーリング治療のメリットとデメリットって?

目の回りの黒ずみが気になる方は、クリニックなどでピーリング治療を受けると良いでしょう。
ただしメリットとデメリットがあるので、よく考えてから足を運ぶようにしてください。

目の回りの黒ずみは病気ではないので、クリニックに行くときは通常の皮膚科ではなく、美容皮膚科や美容外科で治療を受けるようにしましょう。

目の回りの黒ずみを治療する方法は複数ありますが、肌に残っている古い角質が原因の方には、ケミカルピーリングがおすすめです。

通常、お肌はターンオーバーにより、28日周期で生まれ変わりますが、年齢が高くなったり、ホルモンバランスが乱れると、サイクルが乱れ、古い角質が排出されずに、肌に残りやすくなります。

ケミカルピーリングで、特殊な薬剤を肌に塗れば除去できるため、綺麗な肌になりますし、肌のターンオーバーの乱れも整うというメリットがあります。

茶クマのような、色素沈着による目の下のクマには効果が高く、メリットがある治療法なので試してみるようにしましょう。

クリニックでケミカルピーリングを受ける際のデメリットは、保険がきかないため、1回1万円前後の治療費がかかることです。
しかも一度で良くなるわけではなく、何回か継続して受けなければならないので、通うのが面倒なのもデメリットになります。
黒ずみ 目の回り クリニック

文責:ひとみ

コメントは受け付けていません。