脇の黒ずみの原因って何?脇の黒ずみはメラニン色素とどんな関係があるの?その黒ずみの対策って?

女性の悩みに多い脇の黒ずみの原因はメラニン色素が関係していることが多く、簡単にできる対策も多くあります。

メラニン色素と聞くとシミやほくろの原因となるもので「日焼けしたときに出てくるもの」と思っている方も多いでしょう。

一般的にメラニン色素は、紫外線などの刺激から肌の奥を守るために生成されます。紫外線などに含まれる有害物質が肌の奥に届かないように守る働きをするのです。

しかし脇は紫外線にさらされることはないため、一見関係がないと思われがちですが、肌への刺激は紫外線だけでなく、衣服の擦れや、カミソリなどの無駄毛の自己処理も大きな刺激となり肌への負担となります。

通常であれば、ターンオーバーにより黒ずみは解消しますが、メラニンが過剰に育成されてしまった状態だと、黒ずみは肌にとどまってしまい、黒ずみを招くという関係性なのです。

このような状況を防ぐための対策はいくつかあります。
まずは脇への刺激を避けることです。直接肌にカミソリをあてるなど雑な自己処理は、肌を非常に傷める原因となります。

また肌が乾燥していると刺激を受けやすくなるため、お風呂上がりにボディクリームを塗るなど、保湿をするのも大切な対策の一つです。

 

黒ずみ 脇 原因

文責:ひとみ

コメントは受け付けていません。