妊娠中や産後などのお腹の黒ずみの悩みの消し方って?

女性にとって気になる肌の悩みに、黒ずみがあります。顔にできるシミやそばかすはもちろん、脇やお尻にもできます。さらに妊娠中はお腹にもできやすく、産後も残りやすいのが悩みものです。

シミやそばかすは、紫外線が主な原因になってきます。それに対して妊娠中や産後のお腹の黒ずみは、肌の乾燥が大きく関係してきます。

妊娠中はお腹が大きくなるため、常に皮膚が引っ張られている状態になります。
これは通常よりも皮膚が薄くなるということで、外からの刺激にも弱くなります。ですので、衣服や下着が擦れることで肌が乾燥し、黒いシミができやすくなるのです。

お腹の黒ずみの消し方は、保湿ケアを心がけることが1番です。入浴後すぐに優しく保湿クリームを塗ることで、肌の乾燥を防ぐことができます。

さらに、妊娠中や産後は、服を着替えるついでに保湿ケアをしてみましょう。クリームを塗ることで肌を刺激から守ることができるので、効果的に悩みを改善できます。

黒ずみの消し方として、美白ケアも意識してみましょう。ビタミンC誘導体やアルブチンなどの美白成分を塗ることで、色素沈着を治していくことができます。

さらに衣服による摩擦を減らすのも、黒ずみの消し方として効果的です。綿などの天然素材を選んだり、ゆったりとした服を選ぶようにしてみましょう。

黒ずみ 消し方 妊娠

文責:ひとみ

コメントは受け付けていません。